オーラルフレイルについて

こんにちは!札幌市南区にありますときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。緊急事態宣言が延長し大変な世の中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回の豆知識ブログのテーマは「オーラルフレイル」です。
皆さんは、オーラルフレイルという言葉、ご存じでしょうか。フレイルというのは、「高齢衰弱」という意味であり、「健康と要介護の中間的段階」を意味します。フレイルは体全体の状態を指し、オーラルフレイルとは特にお口の状態を指します。そしてオーラルフレイルは、フレイルの早い段階から起こりやすい歯と口の機能の低下といえるでしょう。日本歯科医師会のホームページを参考にお話ししていきます。

では、歯と口の機能の低下が、健康から要介護状態へと変化していく中でどのように影響を及ぼすのでしょうか。考えてみましょう。
歯と口の機能の低下によってまず起こるのが、咀嚼・嚥下障害です。難しい言葉で書きしたが、つまりは噛む力と飲み込む力が弱くなるということです。「歯の機能低下」で思い浮かぶのは、歯が痛い、歯茎が痛い、歯を失う、入れ歯が痛い…。また「口の機能低下」で思い浮かぶのは、口が渇く、舌をうまく動かせない、うまく飲み込めない、むせやすい…。これではうまく食事を摂れませんね。
咀嚼・嚥下障害によって、食事の摂取がうまく行えなくなります。食事の摂取がうまく行えなくなるとどうでしょう?日々の活動の源は、毎日の食事です。この食事がうまく摂れなければ栄養状態を悪化させるでしょう。そうです。低栄養状態となってしまうのです。低栄養状態となってしまうと、それに引き続いて日々の活動量・筋力が低下してしまいます。この悪循環に嵌り、抜け出せないと全身のフレイルの進行に強く影響していきます。

では、フレイルの状態になりこの悪循環に嵌ってしまうとかならず要介護になってしまうのでしょうか?ご安心ください。早めに対策を打てば、健康な状態に戻れる可能性があるのです。フレイル対策は様々ありますが、今回はオーラルフレイルの予防策に絞ってお話します。
まず、最近のお食事・生活を思い浮かべてみてください。よくむせる、食べこぼす、噛めない食品が増えた、滑舌が悪い、などの症状がある方は、オーラルフレイルが始まっている疑いがあります。そんな時、どうすればよいでしょう。
一つ目は、歯と口を清潔にすることです。
・1日2回以上の適切なブラッシング
できれば毎食後+αが望ましいですが、適切な頻度のブラッシングの習慣がない方は、まずは1日2回を確実に行うことを目指しましょう。1回の時間に決まりはありませんが、テレビを見ながらなどのながら時間を使うと気づいたら3分、5分と経っているでしょう。

・歯間清掃
全く習慣のなかった方がデンタルフロスや歯間ブラシの使用を始めるのはもしかしたらハードルが高く感じるかもしれません。毎日(ひいては毎食後)が理想ですが、最初は3日に1回、2日に1回、から始めてみてはいかがでしょう。フロスや歯間ブラシは入れ方にコツがいる場合があるので、一度かかりつけの歯科医院で教えてもらうことをおススメします。

・洗口
デンタルリンスなど薬局で手軽にお求めいただけます。歯間清掃よりも取り組みやすいかもしれません。アルコール含有タイプとノンアルコールタイプなど、様々な種類があるので、最初は小さめのものを購入し自分の好みに合うものを探してみてはいかがでしょうか。

二つ目は、定期的な歯科医院の受診です。
・適切なブラッシングの指導を受けましょう
歯科医師、歯科衛生士から適切なブラッシングの方法を教えてもらいましょう。ブラッシングの時間が長くても、ブラシが適切に当てられていなければ、せっかくの歯ブラシがもったいなくなってしまいます。歯ブラシの入れ方、角度等を教えてもらい、是非家で実践してください。

・歯石の除去
歯石は歯垢(デンタルプラーク)が硬くなったものです。日々の歯ブラシで歯垢をうまく落とせていてもなかなか完璧にはできないものです。とくに下の前歯の裏側は歯石が付きやすい部分です。歯並びが入り組んでいる方は特につきやすいと考えてよいでしょう。こうした歯石は、歯科医院で行う、専門的なスケーリングという方法でなければ除去出来ません。定期的に歯科医院を受診することで早い段階で歯石を除去してもらいましょう。

・虫歯・歯周病の予防
虫歯と歯周病は歯を失う原因の上位1・2位を占めています。歯科医院の定期的な受診はこれらの予防や早期発見に大いに貢献します。しかし重要なのは、日々の家でのお口のケアにあります。定期的に歯科医院を受診していても、家でのお口のケアを怠ってしまえば、防げた虫歯や歯周病も防げません。虫歯や歯周病の予防は、歯科医院と皆さんとのチームプレーであり、主役は皆さんお一人お一人なのです。

三つめはパタカラ体操です。
「パ」「タ」「カ」「ラ」をそれぞれ5回、「パタカラ」をつなげて5回、大きな声で発声することを言います。この体操は、唇や口の周りの筋肉、舌の筋肉、のどの筋肉を鍛えることで、動きをよくし、食べこぼしや飲み込む機能を改善するトレーニングです。手や足の筋肉同様、お口の周りの筋肉も年齢を重ねるにつれて低下していきます。要介護状態の方はもちろん、フレイル状態の方、そして現在健康な方にも是非実践していただきたいと思います。

いかがでしたか?フレイル、という言葉は普段聞きなれない言葉かもしれませんが、健康寿命の延伸を目指す日本では重要なキーワードです。フレイルのポイントは、片道切符ではなく、状態を改善させることができることです。特に今回のコロナ自粛で外出を控えている高齢者の方々の中には健康だった状態からフレイルに移行してしまっている方も多数いると考えられます。早急にコロナが落ち着くことを祈り、一人でも多くの方がフレイルから回復し健康な毎日を送れるように願っています。当院でも最大限そのためのお手伝いをさせていただきます。

それではまた次回です。レッツビー歯ッピー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です