着色

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

歯の表面にはプラークや歯石以外に、茶色い汚れが付いていることがあります。

この汚れの正体は、タバコのヤニや緑茶、ほうじ茶、紅茶、コーヒー、赤ワインなどに含まれている色素です。これをステインと呼びます。

最近歯が茶色くなってきたなぁ・・・と、気になって歯のクリーニングをしようと思い立つこともありますよね。

このステイン自体に害はありませんが、ステインをそのまま放置しておくと汚れが上に重なり、より着色しやすくなってきてしまいます。
さらにステインがついていると表面がざらざらになるので、その上にプラークが付きやすくなります。

ステインがついてしまったら、残念ながらどんな歯磨き粉を使っても落とすことはできないので、歯科医院でクリーニングをして表面をツルツルの状態にしていきましょう。

歯のクリーニングの際には、その方の着色の量や範囲に合わせて研磨剤や道具(ブラシなど)を選択しクリーニングしていきます。

無理な力で汚れを落として歯面を傷つけると、またさらにその傷の上に汚れが付きやすくなってしまう為、それを防ぐためにより良い研磨剤を選んでクリーニングしています。

今年の汚れは今年のうちに!歯医者さんでキレイにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です