ホワイトニングとは・・・

こんにちは。札幌市豊平区にある「さっぽろプロケア歯科クリニック」
歯科衛生士の政岡です。

皆さんはホワイトニングをしたことがありますか?



今は、歯医者に行かなくても通販などで購入しご自宅で行なったり、
美容室やエステサロンなどでもセルフホワイトニングができたり、気軽に
ホワイトニングされている方も多いのではないかと思います。


そもそもホワイトニングとは薬剤により歯を白くするための施術のことを
言います。


歯の変色には様々な原因があります。歯の表面の着色や汚れにより
変色している場合には、クリーニングにより色調を改善することができます。

歯の内面まで変色している場合には、表面のクリーニングだけでは
白くなりませんが、歯のホワイトニングにより歯を白くすることができます。

もともと歯の色が黄色っぽいという人も、ホワイトニングによって理想の白さに
近づけることが可能です。


被せ物を用いて歯を白くする場合には、歯を削らなくてはいけませんが、
ホワイトニングでは歯を削らずに白くすることができます。

ただ、マニュキュアのような白さになるわけではなく自然な天然歯の明るさを明るくすることができます。


ホワイトニングには2種類あり、歯科医院で受けるオフィスホワイトニング、
自宅で行うホームホワイトニングがあります。


より効果を高めるために、2つのホワイトニングを組み合わせて行うことも
可能です。

オフィスホワイトニングは、専用の薬剤とレーザーを使用して歯を白くする
方法です。ホームホワイトニングでも薬剤を使用しますが、
オフィスホワイトニングでは濃度の高い薬剤を使用します。


ホームホワイトニングに比べて、短期間で効果が現れるというメリットが
ありますが、ホームホワイトニングよりも色が戻りやすいというデメリットも
あります。


ホームホワイトニングはその名の通り、自宅で行うホワイトニングのことです。

まず、歯型をとり、患者さんの歯並びに合ったマウストレーを作製します。
ホワイトニング用の薬剤をマウストレーに入れた後、これを装着することで、
ホワイトニング効果を得ます。


通常、1日数時間、2~4週間の間、マウストレーを装着します。
オフィスホワイトニングに比べ、効果が出るまでに時間がかかりますが、
ホームホワイトニングでは、低濃度の薬剤を使用するためより安全であり、
効果が長く持続するというメリットがあります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することによって、
短期間で歯を白くし、効果を持続させることが可能になります。

最後に、歯科医院で行うホワイトニングと美容室などで行う
セルフホワイトニングの違いですが、セルフホワイトニングは
医療行為ではないため国家資格を持ったスタッフがいません。


国家資格を保持していないスタッフが薬剤を塗ったり、洗浄したりすることが
できないため、「セルフホワイトニング店」=「お客さん自身にホワイトニング
をしてもらうお店」という形態を取っています。

歯医者さんのホワイトニングでは、主に「過酸化水素」や「過酸化尿素」が
主成分の薬剤を用いて歯を漂白しています。


これらは医薬品に分類されるため、歯科医師や歯科衛生士がいないお店
(セルフホワイトニングサロン・専門店など)では扱うことができません。

また、セルフホワイトニングでは、LEDで照射することで歯を白くして
いきます。

一方、オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)では、
医療機器として認められた機械(ハロゲンライトやレーザーなど)を
歯に照射し、歯を白くする効果を高めます。








それぞれメリット、デメリットがありますので、生活スタイルや好みによって
方法を変えてみてもいいかもしれません。



当院ではホワイトニングを積極的に取り入れていますので、お気軽に
ご相談ください。