定期検診の重要性

こんにちは、札幌市豊平区にありますさっぽろプロケア歯科クリニック 

事務の執行です。

お勤めの方であれば、1年に1回、「定期健康診断」を受ける義務があります。

一般の企業だとそこで歯の健康診断までするということはなかなかありませんよね・・・。

実は歯の健康診断・・・すなわち歯の定期検診は非常に大事なんです!

「歯医者は歯が痛くなったらいくところ」と思いがちですが、実は痛くなくても定期検診を受けることによって将来の残存歯(ざんぞんし)の本数が大きく変わってくるのです。

人間の歯は親知らずを含めると上が16本、下が16本で合計32本あります。

日本人の80歳時点の平均残存歯数は8本ですが、スウェーデンだとなんと25本!!

そして定期検診の受診率は日本人は2%であるのに対して、スウェーデンはな、なんと脅威の

90%!!!

定期検診がいかに重要かこのデータでおわかりいただけると思います。


「年を取ったら自然と入れ歯になる」というのは間違いで、死ぬまで自分の歯で食事を楽しめることだってできるのです!

でも「痛くないのに何しに歯医者にいかないといけないの?毎日3回念入りに歯磨きしてるから

自分は大丈夫」と思ってしまうかもしれません。


みなさんがどれだけ歯磨きが上手でどれだけ念入りに歯磨きをしても、必ず磨残しがあります。

そこで歯科衛生士が行うプロのクリーニングを行って、磨き残しをキレイにする必要があるのです。

クリーニングをせずに磨き残しをそのままにしておくとその汚れが軸となり、歯周病となってしまします。

歯周病とはサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも表現され、ひどくなるまで

病気と自覚されにくい病気です。



そのままほうっておくとその歯の寿命が短くなるばかりか、健康な歯にも悪影響をおよぼし、

お口の中全体が悪くなっていきます。



そして最近ですと、歯周病が全身疾患との関係性も明らかになってきています。

当院は、治療が終了した患者様でもその後3か月に1度、定期検診の予約をとり、

メンテナンスを行わせていただいております。



当法人のコンセプトは痛くなった歯の治療を繰り返すのではなく、将来に向かって

ご自身の歯で食事ができるよう健口(けんこう)のサポートをさせていただきたく

診療を行っております。



「最近歯医者にいっていないな」とお思いの方、歯が痛くなる前にぜひ当院へお越しください。

治療をしなくても、お口の中の汚れを衛生士がキレイにさせていただきます(‘ω’)ノ