スポーツドリンクの危険性

こんにちは!

札幌市南区 ときわプロケア歯科クリニック、助手の新山です。

今回は、スポーツドリンクについてお伝えします。

今の時期、スポーツをして汗をかいた後や、部活動をしている中・高校生もスポーツドリンクを飲む機会が多いと思います。

スポーツドリンクは体内から失われた水分の他にミネラルやエネルギーを効率よく補給できるので、高いパフォーマンスを発揮するため必要不可欠なアイテムです。

しかし、炭酸飲料や缶コーヒー・スポーツドリンクなど、清涼飲料水には驚くほどの糖分が入っていて、飲み過ぎには注意する必要があります。今回は清涼飲料水に含まれている糖分の量をご紹介します。

清涼飲料水に含まれる糖分の量

私たちが日頃よく目にする清涼飲料水の、各種類別の糖分含有量を調べてみました。わかりやすいようにg以外にも、14g程度の角砂糖が何個に相当するかを目安に記載します。

炭酸飲料500ml4065g(角砂糖1016個分相当)

コーラやサイダー、フルーツテイストの炭酸飲料は糖分の量がとても多く、500mlのペットボトルで角砂糖10個以上の糖分が含まれています。炭酸は苦みを感じるため、それを補う形で多くの砂糖が使われているのも理由の1つです。

缶コーヒー190ml213.5g(角砂糖13個分相当)

缶コーヒーにも意外と多くの砂糖が使われており、一般的な甘い缶コーヒーで角砂糖およそ3個分、微糖タイプの缶コーヒーでもおよそ1個分の角砂糖に相当する糖分が使われています。缶コーヒー1本あたりの量は少ないものの、1日に何本も缶コーヒーを飲む方は注意しましょう。

スポーツドリンク500ml2034g(角砂糖58個分相当)

一見体によさそうなスポーツドリンクですが、見かけによらず多くの糖分が含まれています。激しいスポーツや汗をかいた後には効率よく水分補給ができますが、多くの糖分も摂取しているので注意が必要です。

果汁100%ジュース500ml5060g(角砂糖1215個分相当)

果汁100%ジュースの中には、果物をしぼったそのままのものではなく、濃縮した果汁を薄めて100%にしている濃縮還元ジュースがあります。濃縮還元の場合、風味や甘味を増すため砂糖が使われている場合があります。また、果汁には果糖も含まれるので、100%ジュースも糖分の摂り過ぎに注意する必要があります。

糖分過多の影響

世界保健機関(WHO)の最新の指針によると、食事以外で1日に摂取してもよい糖分は1日の総カロリーの5%程度が望ましいと発表しています。これは平均的な大人の場合、25g程度となっており、500mlの炭酸飲料や100%ジュースを飲んでしまうと、たった1本で1日の必要摂取量を超えてしまいます。非常に厳しい数値だと思われますが、それだけ清涼飲料水には多くの糖分が含まれていることを理解しましょう。

糖分過多による人体の悪影響と言えば、まず肥満やメタボリックシンドロームになりやすいことがあげられます。糖分はカロリーが高いため、摂取しすぎると余分なエネルギーが体に蓄積していきます。さらに、糖分の摂り過ぎは糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高まります。

糖分は私たち人間の生命維持に欠かせないものではありますが、普段の食事から糖分を摂取しているので、食事以外の糖分はごくわずかでも問題ないのです。

スポーツドリンクは歯には天敵

そんなスポーツドリンクも歯からすると実はやっかいな存在なのです。仮にスポーツドリンクのプールに歯が泳いでいたとします。そうすると歯は510分程度で表面にぼこぼこと模様が浮き出てどんどん溶けていき、最後は少し触っただけでもボロボロと形が崩れるくらいのスカスカな状態になってしまいます。その理由はスポーツドリンクのpH値が関係しています。市販のスポーツドリンクはpH3.5前後のものが多く、これは歯が溶け始めるpH5.5よりも強い酸性を示しています。特に乳歯や成熟前の幼若永久歯は大人の歯に比べるとより簡単に溶けてしまいます。また、人に栄養補給をもたらしてくれるスポーツドリンクは口の中の細菌たちにも糖分の補給をしてしまい虫歯のリスクもあげてしまうのです。

意外な落とし穴。ゼロカロリーにも気をつけて!

「知らないうちにカロリーを摂りすぎるかもしれないなんて!」

それならゼロカロリーを選んだら大丈夫だ!と思うかもしれません。

「ゼロカロリー」というのは実は、100ml当たりの成分量が5kcal未満の場合「0」と表示できるため、

全くカロリーがないというわけではないのです。

picture_pc_86db7d14ff121cbd113a63fda5e50e3d.jpeg

水分補給はお水を飲もう

毎日三食しっかり食事をとっている方は、甘いものを飲んだり食べたりしなくても、糖分が不足することはまずありません。逆に喉が渇いたり、普段の水分補給にスポーツドリンクや炭酸飲料などの清涼飲料水を飲んでいたりすると糖分の摂り過ぎになってしまいます。水分補給にはできるだけお水を飲むようにし、1日の糖分摂取量をしっかり守るようにしましょう。

このように清涼飲料水には多くの糖分が含まれており、日常的に飲んでいると肥満や生活習慣病のリスクが高まります。これを機会に、普段の水分補給はお水を飲む習慣に変えてみてはいかがでしょうか。

では、次回をお楽しみに!

レッツ・ビー・歯っぴー♪

口臭について

こんにちは。

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの中村です。

 

本日は口臭についてお話しいたします。

 

当院では初めて来院される方に初診カウンセリングを行っており、気になる症状についてお伺いするのですが、その際口臭が気になると言う方がとても多いと感じます。

ご自身で気になる方もいればご家族から言われるという方もいます。

 

口臭には大きく分けて5つの種類があります。

 

<生理的口臭>

誰にでもあるニオイで起床直後、空腹時、緊張時などは特に強くなります。

唾液の分泌が減少し細菌が増殖して口臭の原因物質が増えます。しかし歯みがきや食事、水分補給をすることで唾液量が増加し口臭は弱まります。

また女性の生理、妊娠時などホルモンバランスの変化や、思春期、更年期などホルモンが変調するときも口臭が強くなることがあります。

 

<飲食物・嗜好品による口臭>

ニンニク、ネギなどの食品、タバコ、お酒による一時的な口臭で、時間の経過とともにニオイはなくなります。

 

<病的口臭>

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で起こる口臭や、う蝕(むし歯)、歯周病、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、不適歯冠修復物、歯冠修復物の脱離、義歯の清掃不良など口の中が原因で起こる口臭。

 

<ストレスによる口臭>

ストレスにより唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。

 

<心理的口臭>

実際には臭っていなくても、自分自身で強いニオイがあると思いこんでいる人もいます。

 

 

実は口の中の原因が口臭全体の90%を占めていると言われています。

口の中の原因についてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

う蝕→食べかすや虫歯菌がむし歯の穴の中にたまると細菌が繁殖してニオイが強くなります。さらにむし歯が進行するとタンパク質でできている歯の神経まで到達します。このときたんぱく質が腐敗して口臭の原因になります。

 

歯周病→歯周病菌が増殖する際には細胞や血液などのたんぱく質を分解します。その時に「メチルメルカプタン」というガスを発生させそれが口臭の原因となります。

 

ドライマウス→ストレスや緊張、体質や薬剤の副作用などさまざまな原因により唾液の分泌量が少なくなり口の中が乾燥する病気のことです。唾液が十分に出ないと口の中で細菌が増殖し口臭の原因となります。

 

不適歯冠修復物→被せ物や詰め物と歯の間にすき間ができている場合、わずかなすき間でも汚れや細菌が溜まり口臭の原因になります。

 

 

口臭の対策

・口臭の原因となる歯垢や歯石の除去

歯科医院での歯周治療と、ご自身での歯ブラシやフロスなどでのセルフケアが大切です。

・虫歯治療や不適歯冠修復物の治療

・ドライマウスが気になる方は、こまめに水分補給をしたり、マウススプレーでお口のうるおいを保つ

・唾液腺マッサージや舌のストレッチで唾液の分泌を促す

・舌用のブラシで舌苔を除去

 

口臭が気になる方はご相談ください。しばらく歯科医院へ行っていない方も虫歯のチェックや、歯垢や歯石除去をしてスッキリしませんか?

お待ちしております。

それではまた次回です。レッツビー歯ッピー!