歯周病と糖尿病について

こんにちは!札幌市南区にありますときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今回の豆知識ブログのテーマは「歯周病と糖尿病」です。

 

歯周病と関係する様々な全身疾患の中で、最たるものが糖尿病です。歯周病は糖尿病に影響を与え、糖尿病は歯周病に影響を与えるという双方向の関係があることが証明されつつあります。

 

まず、糖尿病とはどんな病気なのでしょうか。よく糖尿病は生活習慣病だ、とかⅠ型とⅡ型がある、なんて言うのはテレビで聞いたこともあると思います。専門的な用語を使うと、糖尿病は「インスリン分泌障害とインスリン抵抗性によるインスリンの作用不足で生じる慢性の高血糖状態と臓器障害を主体とする」病気と言えます。インスリンというのは、血糖値を下げる役割をするホルモンです。ですので、インスリン分泌障害はインスリンの出が悪くなること、インスリン抵抗性はインスリンの効き目が悪くなると考えて頂ければよいかと思います。インスリンの出が悪かったり効き目が悪かったりすると、血糖値が適切な値まで下がらず高血糖状態となるのです。高血糖状態が続くことで、様々な臓器に障害が出るというわけです。日本では糖尿病患者は950万人、その予備軍は1100万人と言われており(合計2050万人!)、日本人の人口の16%程度となります。

 

では、歯周病との関係をご紹介しましょう。まず、歯周病が糖尿病にどのように影響を与えているのかをお話しします。歯周病に罹ると、歯肉は歯周炎という炎症を起こした状態になります。炎症を起こす物質は血液を介して全身を巡ります。実は、この炎症物質は糖尿病で生成される炎症物質と共通のものが数種類あります。その共通する炎症物質がインスリンの効きを悪くしてしまう作用があるのです。すると、血糖値がうまく下がらずに高血糖状態となってしまいます。高血糖状態が続くと、老化にかかわる生成物が血液中に生まれてしまうのです。

今度は糖尿病が歯周病に与える影響についてです。炎症物質には糖尿病と歯周病で共通のものがあるというのは前述の通りです。そして、この炎症物質は歯周炎に罹患している歯の周りの骨を溶かす作用があります。

このように、歯周病と糖尿病は炎症物質が共通していることから、歯周病が糖尿病を悪化させ、悪化した糖尿病はさらに歯周病を悪化させるという悪循環を生んでしまうのです。

 

したがって、糖尿病の治療に食習慣や運動など生活習慣の改善のほかに歯周病の治療は非常に有効な一手となります。また、日ごろから歯周病ケアをすることで新たに糖尿病にかかるリスクを抑えることもできるのです。

 

いかがでしたか。今回は歯周病と糖尿病についてのお話をしました。お口の中を健康に保つことで、体も健康に保てる良い例ですね!それではまた次回です!レッツビー歯ッピー!

 

様々なブラッシング法について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は様々なブラッシング法を紹介したいと思います。

 

【1】毛先を主に使う方法

◆スクラビング法

簡単で刷掃効果も高くブラッシングの基本です。毛先を歯に直角に当て弱く加圧し、ゴシゴシと小刻みに動かします。歯ブラシはペンを持つように持ち、軽く当てることが重要です。ブラッシング圧が強すぎると歯茎が下がったり、歯の根元が削れてしまうので注意が必要です。

 

◆フォーンズ法

刷掃効果が高く、操作が簡単なため小児や身体障害者に適した方法とされています。上下の前歯の先端と先端を合わせた状態で、ブラシを歯面に直角にあて上下の歯を同時に円を描くように磨きます。

 

◆バス法

歯と歯の間、歯と歯茎の間、歯周ポケット内など清掃困難な部位を狙った磨き方ですが操作は難しいとされています。毛先を歯に対して45度の角度で、歯と歯茎の間に少し挿入して、数ミリの範囲で前後もしくは左右に小刻みに振動させるように動かします。

毛先はあまり動かさないようにします。歯周疾患の治療の一部として取り入れられ、軟らかいブラシが適しています。

 

◆一歯ずつ縦磨き法

前歯の不正歯列に効果的で、歯と歯の間もある程度清掃できますが時間がかかります。

その名の通り歯ブラシを縦に入れ、歯面に直角に当てたまま上下に小刻みに動かします。

一つの歯を3つのエリアに分け、左、真ん中、右と分割してそれぞれブラッシングします。

 

【2】歯ブラシの脇腹を主に使う方法

◆ローリング法

毛先を歯根方向に向け、歯茎にブラシの脇腹を当てて力を加えながら歯の頭の方向に回転させる。歯面清掃と歯茎の清掃を同時に行う方法ですが、歯と歯茎の間の清掃効果は低いです。

丁寧に行えば歯と歯の間の清掃効果は高いです。

 

◆スティルマン法、スティルマン改良法

歯茎のマッサージを目的とした方法。毛先を歯根の方向に向け毛束の側面を歯茎に当て、圧迫振動で歯茎をマッサージする。改良法はそこからローリング法で歯の頭の方向に回転させ、歯茎のマッサージと歯の清掃を連動して行います。歯周疾患の治療やメインテナンスに効果的ですが、やや熟練を必要とします。

 

◆チャーターズ法

これも歯茎のマッサージを主目的とした方法ですが、スティルマン法とブラシの当て方が逆になります。毛先を歯の頭方向に向けたままブラシの脇腹を歯茎に当て圧迫振動を行います。歯茎の炎症が激しい時に使われます。

 

◆ゴットリーブの垂直法

歯と歯の間の歯茎のマッサージ効果と清掃性に優れています。歯と歯茎の間に毛先をあてて毛束を少したわませます。そのまま歯と歯の間に毛先を挿入し、上下左右に加圧振動させ歯肉マッサージを行います。毛束は少し長く硬めがやりやすいとされています。

 

以上主なブラッシング方法を紹介させてきました。

スクラビング法が一番プラークの除去には適していると言われていますが、目的に合わせて組み合わせていく必要があると思います。

 

では簡単ではありますが、参考になれば幸いです。

また次回です、レッツビー歯ッピー!

歯間ブラシとフロスの使い分け

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックの助手の新山です。

今回は歯間ブラシとフロスについてお話しいたします。

皆さんは、歯間ブラシとフロスを使っていますか?

さらに、使い分けていますか?

実は、歯ブラシだけでは汚れは落ちません。

歯ブラシでしっかり磨いているつもりでも、実は60%しか汚れを落とせていないことが研究結果でわかっています。

歯と歯の間の汚れは歯ブラシの毛先が入りにくいため、汚れが残って虫歯や歯周病の原因になります。

そんな歯と歯の間の汚れを落とすための補助道具として歯間ブラシとデンタルフロスがあります。

では、いったいどちらを使ったらよいのでしょうか?

結論から述べると、どちらも使った方が良いです。

歯ブラシは歯の表面の汚れを落とすことはできますが、歯と歯の間の汚れをきれいに掻き出すことは難しいため、歯間ブラシとフロスが必要なのです。

歯間ブラシは、歯と歯の隙間やブリッジの下の汚れを掻き出すことができます。ブラシ状になっているので、広い隙間を清掃するのに最も適しています。歯周病などで、歯肉炎が下がっている方の場合、歯の根が露出してしまっていたり、歯と歯の間の隙間が広くなってしまっていますので、歯間ブラシを使って通常の歯ブラシでは届かない隙間まで清掃する必要があります。特に歯の根の部分は、硬いエナメル質とは違い虫歯に弱い部分なので、歯間ブラシを毎日通して頂くことが理想的です。

また、歯間ブラシにはサイズが数種類あり、隙間の大きさに合わせて使う必要がありますので、しっかりとサイズ確認をして使うことが大切です。

フロスは糸状なので、歯と歯の接点や狭い隙間、ブリッジの下から一通り掃除することができます。歯が重なってしまって歯ブラシや歯間ブラシが全く入らない部分でも、しっかり掃除することができます。また、ある程度歯周ポケットの中まで通して掃除をすることができるため、歯周病の予防にも効果があると言えます。

フロスには、持ち手の付いたホルダータイプとご自身の指に巻きつけて使う糸巻きタイプの2種類あります。扱いが少々難しいため、歯科衛生士の指導を受けることが良いと思います。

歯間ブラシやフロスを使うことで、歯垢除去効果がアップすることや、虫歯や歯周病予防にも繋がります。また、口臭の予防や改善にもなります

是非皆さんも歯間ブラシとデンタルフロスを使い分け、虫歯と歯周病予防をして、健康な生活を送って下さいね!

また、歯間ブラシのサイズにお困りの方は、当院の歯科衛生士までお尋ね下さい。