妊娠と歯周病

こんにちは。ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの山澤です。

妊娠と歯周病についてお話します。

妊娠するとホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすいことをご存じですか?妊婦さんに起こりやすい歯周病を妊娠性歯周炎といいます。

妊娠中はホルモンバランスの変化だけでなくつわりによる吐き気がひどくなることで食生活が不規則になったり歯磨きが不十分になったりして結果的に歯周炎のリスクが高くなります。

歯周炎というと口の中だけのことだと思っている人も多いかもしれません。ところが歯周病にかかっていると糖尿病や肺炎、心筋梗塞などのリスクが高くなると言われています。

さらに歯周病の人の早産リスクは7.5倍といわれています。陣痛は、子宮収縮作用のあるプロスタグランディンという物質の分泌が高まって起きます。このプロスタグランディンの分泌を促すのが、サイトカイン。これは炎症によって増える生理活性物質です。
ですから、細菌などに感染して絨毛膜や羊膜などが炎症を起こすと、やはり早産の原因になります。サイトカインが増えて、その刺激でプロスタグランディンが分泌され、子宮の収縮が起きて早産になるというわけです。
これと同じメカニズムが、歯周病にも当てはまるのです。歯周病は歯周病菌によって炎症を起こしている状態だからです。歯の周りの炎症サイトカインが増加プロスタグランディン分泌子宮の収縮早産、となるのです。実際、歯周病の程度が重くなるにつれ、血中のサイトカインが増えていますし、サイトカイン数値の高い人ほど出産時期が早くなっていることもわかっています。

妊婦さんが歯科治療を受けられるタイミングは、妊娠1628週(57ヶ月)の妊娠中期になると安定期に入るため、通常の歯科治療が受けられます。妊娠初期に歯周病などの気になる症状がある場合は、母体の負担にならないような応急処置をしてもらい、安定期になってから治療をはじめるといいでしょう。

歯周病予防に効果があるのは、なんといっても歯磨き。出血や歯茎の腫れといった程度の症状なら、きちんと歯磨きをしていけば治ります。歯磨きは、細菌を取り除くだけでなく、歯茎の血流を良くするマッサージ効果もあります。歯周病を治療、予防して、できるだけ早産のリスクを減らしましょう。

お口のケアもしっかりして、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!(^^)!

 

歯周疾患について

こんにちは、ときわプロケアクリニック歯科医師の松下です。

本日は歯周疾患についてお話したいと思います。

 

歯周組織とは、歯肉(歯茎)、歯根膜(骨と歯の間のクッション)、セメント質(歯根の表面を覆う層)、歯槽骨(歯が埋まっている骨)の4つの部分から構成されます。

 

歯周疾患はこれら4つの構成要素の疾患で、歯肉炎、歯周炎を含みます。

歯肉炎とは歯茎に限局した炎症が存在する場合を呼び、歯周炎は歯根膜、さらにはセメント質や歯槽骨にまで炎症が波及して歯周組織が不可逆的に破壊される場合を呼びます。

したがって両者の違いは歯根膜、セメント質の破壊の有無です。

 

我々の目から見て歯肉炎では次の症状がみられます

①歯茎の赤み、腫れ

②スティップリング(歯茎表面にみられる小さなプツプツ)の消失

③歯と歯茎の間からの滲出液量の増加

④歯茎の検査時の出血

⑤歯茎の腫れによる歯周ポケット量の増加

 

さらに歯周炎に進行すると歯肉炎の症状に加えて次の症状がみられます

①歯周組織破壊による歯周ポケット量の増加

②歯槽骨の喪失

③膿がでる

④歯の動揺

⑤歯茎が下がったり、根が露出

最終的には歯周組織が破壊され歯の脱落を招きます。

 

歯周疾患は口の健康が支える生活の質の維持に著しく影響を及ぼします。

口のもつ生活機能は多岐にわたりますが、歯周疾患は摂食、会話、対人交流、全身疾患への影響などの点で生活機能を低下させます。

この口腔健康を脅かす歯周疾患は生活習慣の改善で予防できます。

 

ご心配な点がありましたらまずはご相談いただけたらと思います。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

抜歯 ドライソケット

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック 助手の新山です。

今回のテーマは「ドライソケット」です。

「ドライソケット」とは、抜歯後何もしなくてもズキズキと傷んだり、飲んだり食べたりすると痛む状態をいいます。

抜歯後の傷に血餅(血がゼリー状になったもの)がみられないために歯槽骨が露出し、傷に強い痛みがでます。

通常の場合、抜歯後に麻酔が切れれば痛みはありますが、その後は次第に痛みが弱くなっていくことがほとんどです。しかし、ドライソケットの場合は、23日後くらいから次第に痛みが強くなっていきます。

原因として考えられるのは、過剰なうがいをしたり、傷を気にして触ることにより、血餅が十分に形成されなかったり脱落してしまうことによります。

また、喫煙も血流を悪化させるため、ドライソケットの原因となります。喫煙してる方は、傷口が落ち着くまでの数日間はタバコを控えた方が良いと思います。

また、感染による炎症で血餅が溶解することもあります。

どうしても気持ち悪い時には、水を飲むとか、水を軽く含んでそのまま吐き出すといった方法をとって、とにかく抜歯したところに水圧をかけないように気を付けてみてください。

治療方法としては洗浄、消毒。

抜歯した傷口内部を掻爬して再出血させ、血餅を形成させることもあります。

抜歯後痛みを感じる方は我慢せず、ドライソケットになってる可能性もあるので、かかりつけの歯科にご相談してみて下さいね!