虫歯になりやすい場所

こんにちは。札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!
今回は、お口の中でも虫歯になりやすい部分を取り上げてみたいと思います。

皆さんは、虫歯というとどこにできるイメージがありますか? 

 
こんな感じをイメージするでしょうか?

はい、「歯の噛む面=咬合面」ですね!正解です。でも、他にもあるんです。それが、「歯と歯が隣り合う所=隣接面」と「歯の根元=歯頚部」です。
では、なぜ虫歯になりやすいのでしょうか?共通して言えるのは、汚れが停滞しやすいことと、汚れを取りづらいということです。各部分で見ていきましょう。

・咬合面には溝が沢山あり、放っておくと汚れが溜まります。そして溝の1番底はブラシや清掃道具が届かない場合もあります。汚れ=虫歯菌の栄養素ですからお掃除がうまくできず、汚れが留まり続ければ虫歯になってしまいます。咬合面の虫歯を予防するには、歯が萌えてきたら「シーラント=溝埋め」をすることをお勧めします。

・隣接面は、歯ブラシだけではどうしてもお掃除できません。歯と歯の間にたまった汚れは綺麗にとるのが難しいです。そんな隣接面のお掃除にはデンタルフロスが有効です。それも、ただ歯と歯の間に通すだけでは効果は薄いです。手前の歯の面、奥の歯の面をそれぞれこすって汚れをフロスで取るイメージが大切です。

・歯頚部は、歯茎の際に汚れが溜まります。この部分は一見お掃除し易そうに思えます。実際にお掃除は上の2つの部位に比べてし易いかもしれません。ですが、自分の歯ブラシを思い返してみて下さい。歯の付け根よりはもう少し上の面だけをシャコシャコ磨いていませんか?歯磨き粉が泡だってスッキリして磨けてる気になりますが、その場合は意外と付け根は磨けてません。そうして見逃してしまった汚れが虫歯に繋がってしまうのです。普段の歯ブラシから、歯と歯茎の間の溝にブラシの先を少し入れ込むようにすると歯頚部の汚れも取れます。
いかがでしたか?歯には虫歯になりやすい部分があり、それなりの理由があります。ポイントを押さえて効果的に歯磨きをすることで、虫歯を予防していきましょう!

高齢者の口腔ケア

こんにちは。

デンタルコーディネーターの野澤です。

年齢を重ねると身体機能に衰えが出てきます。

年齢による衰えは、「食べる・話す」といった「口腔の機能」にも及びます。

食事が困難になれば栄養不良による衰弱を招きますし、会話が難しくなれば「QOL(生活の質)」が大きく低下するでしょう。

 

口腔の機能を維持・改善するためには、歯科医師・歯科衛生士による「口腔ケア」が役立ちます。

1 ドライマウス~虫歯・歯周病リスクの増大

2 歯の喪失による咀嚼力低下~認知症リスクの増大

3 摂食・嚥下障害~誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクが増加

 など、高齢者の方にはたくさんの口腔内トラブルが多くなっていきます。

 

高齢者に健康的な生活を送ってもらうために、専門家による口腔ケアプロフェッショナルケアが役立ちます

プロフェッショナルケアとは、歯科衛生士によるブラッシング、ブラッシング指導、口腔クリーニング、義歯清掃などを指しています。口腔内を衛生的に保つことで、唾液中の細菌が減少します。細菌が減れば、多少の誤嚥があったとしても、気道感染を起こすリスクが減るはずです。つまり、誤嚥性肺炎のリスクコントロールに役立つわけです。

そのほか、ブラッシング・口腔クリーニングなどで口腔内に物理的刺激が加わると、唾液の分泌量向上も見込めます。唾液が増えれば口腔内の自浄作用も働きますから、健康的な口腔環境を取り戻すことにつながります。また、定期的に歯科医師・歯科衛生士の目に触れることにより、虫歯・歯周病の早期発見・早期治療を実現することもできます。そのほか、必要に応じて義歯などを入れてもらい、「噛む力」を維持することにもつながるでしょう。

口腔トラブルを放置すると、認知症・誤嚥性肺炎などのリスクが増大する恐れもありますから、口腔環境の維持・改善に努めましょう。

また、「口腔の機能」は「食べる・話す」といった「生きていく上で基本的な行動」を左右します。高齢者の「QOL(生活の質)」を維持するためにも、定期的な歯科検診を続けていきましょう。