レントゲン

こんにちは、札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!

今回は、レントゲンについてのお話をしたいと思います。

 

歯科の分野では、レントゲン写真は診断や治療に必須のアイテムです。なぜなら、歯は人体で一番硬い組織に覆われ、なおかつ骨に植わっているからです。歯の治療や診断をするにあたって、目の見える所から見ただけでは正確な判断を下すことは不可能と言っても過言ではありません。

そんなレントゲン写真ですが、好き放題撮りまくって良いわけではありません。レントゲン写真には被曝というマイナス要素が必ずついて回るからです。

 

では、必要があって撮るレントゲン写真ですが、どのくらいまでなら許容されるのでしょうか。国際放射線防護委員会(ICRP)は、医療や原子力発電所で生まれる放射線の被曝量の限度として、平常時では年間1mSv(ミリシーベルト)と定めています。

歯科において、レントゲン写真はどのくらいの被曝量なのでしょうか。比べてみると...

・歯科用CT(歯や顎の骨を立体的に再現):0.1mSv

・パノラマレントゲン写真(お口全体が写る大きな写真):0.03mSv

・デンタルレントゲン写真(2~3本の歯が写る小さい写真):0.01mSv

と、なります。デンタルレントゲン写真で換算すると、なんと年間100枚程度の撮影まで許容されるわけです。こんなに撮影することはあまり考えられませんね。つまり、十分に安全と考えられる範囲の中で日々の診療のレントゲン写真は撮影されているわけです。

 

ちなみに、地球上では絶えず自然に放射線が発生しています。その量は土地によって変わり、日本では平均1.5mSv、地球上で一番多いブラジルカラパリ市では平均10mSv(なんと日本の6倍以上!)です。

 

いかがでしたか?普段馴染みの薄いレントゲン写真だと思います。でも、意外と奥が深いんです。機会があれば、またレントゲンに関するお題でお話ししたいと思います☆それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です