治療したらそれで安心?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋です。

病気が治癒する。

と、よく言いますよね!

治癒とは、体が元どおりに治るという事です。

特に風邪とかインフルエンザとかですね。

ところが、虫歯はけっして元どおりには治らないのです。

これがショーゲキの事実です。

では虫歯になったら、歯科医院では、一体何をどのようにしているのでしょうか??

それは、虫歯になった部分をきれいに除去したり悪い膿を取ってキレイに洗浄したりして、人工物をつめたり、かぶせたりして、歯を修理しているのです。

当然、修理されたものは、元の健康な歯に比べれば弱いです。

特に神経が無い歯はもっと弱いです。

虫歯や歯周病になった原因を、かかりつけの歯科医院と共に考え、

定期的な検診と予防のためのクリーニングをして、お口をとりまく生活環境を改善していかないと、修理済みの歯もまたすぐ故障してしまいます。

虫歯にしてしまった歯は元どおりには戻らないので、予防が大切なんです。

治療は、お金と通院する時間と体力もかかります。

良質な治療であればなおさらです。

保険治療の銀歯やプラスチックで歯を補強したり削ったり抜いたりしていると、それが脆いのでどんどん悪くなってしまいます。

そしてしばらく経ってまた同じ治療を繰り返してしまうのです。

歯を治すために歯医者さんに行ってるのに。。

もうこれ以上、歯を削ったり抜いたりする治療をやめませんか??

歯は削ったら元に戻りません。

神経を取ったら、神経ある歯と比べて、寿命が10年短くなります。

一本の歯は3回再治療したら抜歯になる確率が高くなります。。

歯は無くなったら元に戻りません。

一人でも多く、その一本の歯が長く使えるように。

お食事やお話が楽しくできるように。

私たちはなるべく削りたくないし、抜きたくない。

そんな予防歯科で皆さまのお口の中からの健康と笑顔に関わっていきたいと思います。

咬み合わせについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は咬み合わせについてお話したいと思います。

 

皆さんはご自分の咬み合わせにつて考えたことはありますか?

咬み合わせが悪いと良く咬めない、歯が痛い、顎が痛い、肩がこる、などといった問題が生じてきます。

もしかしたら全身的な問題も咬み合わせに起因している可能性もあります。

 

咬み合わせには前後的(出っ歯、受け口)、上下的(深い、浅い)、左右的(歯が斜めに生えている)な見方ができます。

矯正で簡単に治るものもあれば、骨を削って外科的に治療をしないといけないものもあります。

また、もともと歯並びがよくても歯ぎしりや日常の癖が原因で歯の位置が変わり咬み合わせが悪くなることもあります。

子供の場合は指しゃぶりや爪を咬む、唇を咬むなどといった癖が原因で出っ歯になってしまいます。

 

もしご自身やご家族に咬み合わせや歯並びで気になることがある場合は一度矯正相談をされることをお勧めします。

咬み合わせの改善により全身的なトラブルも解消されるかもしれません。

 

簡単ではありますがまた次回です、レッツビー歯っぴー!

喫煙と歯周病について

こんにちは!札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回は、喫煙と歯周病についてお話します。

 

歯周病は、成人の多くが程度の差こそあれ罹患していると言われています。歯周病は生活習慣病です。ご存知でしたか?そんな生活習慣病である歯周病を増悪する因子として喫煙が挙げられます。

 

では、喫煙が歯周病に対して与える悪影響とは何でしょうか?日本臨床歯周病学会のHPによると「タバコに含まれる様々な化学成分が血管を縮ませたり、組織への酸素の供給を妨げたりするため、体が酸欠・栄養不足状態になる」ということです。また、「ニコチンは体の免疫機能を狂わせるので、抵抗力が落ちたり組織の回復力も抑えてしまうので、手術をしても治りにくくなる」とあります。さらに、「ヤニが歯の表面に残り、バイ菌が付きやすくなるだけでなく、表面に残ったヤニが口の中に溶けだし続ける」とのことでした。

 

いかがでしょうか?喫煙はストレス解消などの側面もあるかもしれませんが、歯周病を悪化させ、なおかつ治りにくくしてしまう面を持つのです。

 

歯周病は元通りに戻る疾患ではありません。そんな歯周病を悪化させる喫煙、怖いですね。

タバコを吸うこと自体は個人の自由ですが、やはり歯周病やその他体のことを考えると、禁煙化が進む昨今を鑑みても喫煙は控え目に、あるいは禁煙が良いのかもしれませんね。

 

※本文中の「」内は臨床歯周病学会のHPより改変抜粋したものです。

インプラント

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

インプラントの治療のステップは

・骨をつくる

・インプラント埋入

・頭出し

・被せものをいれる

主にこの4工程に分かれます。

それぞれの工程についてのご説明をいたします。

  1. 骨をつくる

インプラントは十分な骨がないと固定されません。

抜歯後、必要に応じて骨をつくる手術をします。

骨をつくる手術をしてからの待ち期間は約1か月半~6か月です。

 

  1. インプラント埋入

つくった骨が固くなってきたらそこにインプラントを埋入します。
そのまま歯肉を閉じて固定するのを待ちます。

インプラントと骨が固定する待ち期間は約6~8か月です。

  1. 頭出し

インプラントと骨が固定されたら被せものの土台を装着します。
歯肉を増やす手術を合わせて行います。
頭出しの手術をしてからの治癒期間は約3か月です。

  1. 被せものをいれる

型取りをして被せものを入れて完了です。

さいごに

骨をつくる処置とインプラント埋入を同時に行なえる場合もあります。

また歯周病の場合は、歯周病治療を先に行なってからでないとインプラント治療は受けられません。

インプラントをご希望される場合は、ぜひ当院コーディネーターにご相談ください。

仕上げ磨きを楽しもう!

こんにちは!

札幌市南区にある、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋です。

今回は子育て中の方への豆知識です。

毎日忙しい中、お子さんの歯磨きについて、悩んでいませんか?

歯が生えてきたら、寝る前に歯を磨いてあげるようにしましょう。

お父さんお母さんの膝の上に頭をのせて、お子さんと目を合わせて、会話を楽しみながら歯のお掃除をしてあげましょう。

しっかりきっちり綺麗にしてあげる必要はありません。

ちょこっとコツを掴めばお子さんにとって気持ちよく歯磨きをすることが出来ます。

一番良いのは歯科衛生士の歯磨き指導を受けることです。

3歳までは寝かせて磨くことを推奨していますが、ただ寝かせて磨けばよいのではなく

保護者が座り、お子様の頭が親の腹部につくようにすることがポイントです。

そうすることで、お口の中がよく見えます。

立って磨いたり、口の中が見えない状態で磨いていると、まだ歯の生えていない歯肉を一生懸命ゴシゴシしていることが多く、子どもにとって楽しいハズの歯磨きがつらいものになってしまいます。

寝かせて磨くことが一般的ですが泣くお子さんを押さえつけて無理やりするのでは意味がありません。

歯磨きを好きになってもらいたいからです。

無理やりだとお互いに力が入り痛みの原因となり、余計に嫌がってしまうかもしれません。

嫌がる原因は多々ありますが、

・唾がたまって苦しい

・上唇小帯(上唇をめくると真ん中の筋のようなもの)にブラシが当たって痛い

などが考えられます。

寝かさず授乳をする格好で歯ブラシを優しく口の中で軽く動かすことが出来れば

仕上磨きの第一歩成功です。

初めから上手に出来なくても良いのです。

大切なのは歯磨きの気持ちよさを伝え、親子のスキンシップを測ることです。

気持ち良くて大事にされている実感がたっぷり得られればまずは良いのです。

口の中を綺麗にしてから寝る習慣はこうして、自然と身に付いていきます。

お子さんの歯磨きの仕方、ちょっぴり自信ないお父さんお母さん!

当院の歯科衛生士になんでも聞いてくださいね!

拡大鏡について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

 

本日拡大鏡についてお話したいと思います。

拡大鏡は簡単に言えば拡大レンズ付きのメガネです。

我々歯科医師、歯科衛生士は口の中で細かい作業をするため良く見えるように拡大鏡を日常的に使用します。

もちろん全員が使用するわけではありません。

中には拡大鏡使用によって具合が悪くなる人がいたり、拡大鏡を使わなくとも熟練の技で治療を行う人も多くいます。

 

拡大鏡の倍率は2倍~6倍、価格は1万~30万円とピンキリです。

倍率が高くなれば値段も上がりますし、高いものはオーダーメイドになります。

ゴーグルにレンズを外付けするタイプや、メガネとレンズ一体型、頭に装着するタイプなど形も様々です。

さらにオプションなどでライトも取り付けることができますし、我々がよく使用するコンポジットレジンという光によって固まる材料に影響が出ないよう光量も抑えることができます。

 

個人的な意見ですが、手元は良く見えることに越したことはありません。

特にライトはとても重宝しています。

今後も自分に合ったより良い拡大鏡があれば取り入れていきたいと思います。

 

簡単ではありますが、拡大鏡についてでした。

それではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

 

口臭

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

誰もが気になる「口臭」についてご説明します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「最近、口臭がきつくなったかもしれない」と思ったこと、ご家族などに指摘されたことはありませんか?

 

口臭の原因はいろいろありますがその中でも特に気をつけなければいけないのが「歯周病を原因とする口臭」です。

口臭の原因について 口臭のおもな原因は、口の中に潜む細菌です。口の中の食べカスや歯周病などによってしみ出した膿などに含まれるたんぱく質を細菌が分解することで「におい」が発生します。

においが作り出される原因となる汚れがお口の中に溜まってしまう理由は、毎日のケア不足です。歯並びが悪くて歯ブラシが届きにくかったり、親知らずが傾いて生えていたりすることも汚れが溜まる要因になります。その場合、歯並びを整えたり親知らずを抜いたりすることで口臭の軽減が可能です。

口臭はお口の自浄作用のある唾液の不足によっても起こるので、起床時や空腹時、ストレスを感じたときなどに強くなります。

抜け落ちた歯を放置することによる炎症も要因となります。 虫歯の原因となる細菌の棲み家である歯垢や歯石にも注意が必要。歯周病によって歯周ポケットから出てくる膿も、強い口臭の原因となります。

口腔内の細菌が原因だったり、消化器系が原因の場合もあります。

口臭が気になり始めたら是非ご相談ください。

 

フラップ手術

 こんにちは!札幌市南区にあります、ときわプロケアプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。

今回は、フラップ手術についてお話したいと思います。
 フラップ手術(フラップオペ)については、あまり馴染みの無い言葉かもしれませんね。手術と名前が付いている通り、フラップ手術とは、歯肉を剥離して(剥がして)行う手術のことを言います。もちろん手術を終える時は縫います。

 この手術は、歯肉を剥がすことで歯肉の下にある歯の根の部分や骨を直接見ることができるようにするためのものです。例としては、歯周病の治療、親知らずの抜歯、インプラント治療などが挙げられます。
 歯周病の治療でフラップ手術を行う場合は、以下のようなことを目的とします。

  • 歯の根の、深い部分に付いている歯石(歯肉を剥がさず、直視できない状態だとどうしても取れないような歯石)を徹底的に取るとき
  • 歯周病が進行し、溶けてしまった骨を再び作る時(歯周組織再生療法)

 親知らずの抜歯では以下のようなことを目的とします。

  • 視野を確保し、不必要な部分を削らない、かつ必要以上に骨を削らないようにする
  • 斜めに生えている親知らずに被さっている骨を削る

 インプラント治療では以下のようなことを目的とします。

  • インプラント体を埋入するにあたって、不足している骨を作るための処置(GBRと言います)をおこなう
  • 凹凸のある骨の表面を滑らかに(平坦に)する

などなど、上記に挙げたのは一例にすぎませんが、歯を削るイメージの強い歯科でもこのように切開・縫合を行う処置があります。そして、恐らく想像しているより一般的な処置なのです。ですので、歯医者さんに通っている中で、先生や衛生士さんから治療内容の説明してもらう時に「歯肉を切って開いて処置します」と言われても怖がることはありませんよ!しっかり麻酔もしてくれますし、痛みに考慮して治療を進めてくれますので安心して治療を受けて下さいね。

 以上、フラップ手術について、でした!

歯性上顎洞炎について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯性上顎洞炎についてお話したいと思います。

 

上顎洞とは私たちの頭部にある空洞で副鼻腔の一つです。

副鼻腔には上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つがあります。

これらの空洞は鼻腔とつながっているため、ウイルスや細菌の感染で鼻腔に起こった炎症が副鼻腔に及ぶことがあります。この状態が副鼻腔炎(蓄膿症)です。

症状としては鼻水、鼻づまり、頬の痛みなどです。

 

副鼻腔の中で特に副鼻腔炎を起こしやすいのが上顎洞です。

上顎洞は左右に一つずつあるのですが、上顎洞の底は歯の根と位置が近いため、歯周病や歯の根の炎症が原因で上顎洞炎を起こすことがあります。これを歯性上顎洞炎と呼びます。

鼻性の上顎洞は両側に炎症が起こるのに対して歯性上顎洞炎は片側にしか症状がでないのが一般的です。

 

歯性上顎洞炎の治療は鼻性の上顎洞炎と同じくまず抗菌薬や消炎薬の投与を行う薬物療法です。

それと同時に原因となる歯の治療も行っていかなければなりません。

鼻水、鼻づまり、頬の痛み、階段を下りるときに痛みを感じるなどの症状に心当たりのある方は耳鼻科もしくは歯科でまずは相談されてみてはいかがでしょうか。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

 

ブラキシズム

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、

デンタルコーディネーターの野澤です。

ブラキシズムとは、今国民の1/3の人がおこなっていると言われている歯ぎしり・食いしばりなどのことです。

歯ぎしりは基本的に睡眠中におこなわれるため、自覚症状がないことが多いです。

また睡眠中だけでなく昼間食事や会話以外で、無意識に歯をくいしばる方も多く、たとえ弱い力でも長時間歯をかみ締めていると歯や顎に悪影響があります。

かみ合わせの不調和など原因は様々考えられ、その多くはストレスによるものといわれています。

歯の磨耗(削られた跡)や骨隆起(歯ぐきの下にできるこぶのようなもの)も、ブラキシズムによるものです。

また日中の歯ぎしりやくいしばりの自覚がある方は、予防的にマウスピースを入れることをお勧めします!

では、歯ぎしりをするとどのような悪影響があるのか?

歯が磨耗したり割れたりするほか、歯ぐきに近い部分の歯が欠けてしまったり、冷たいものがしみる知覚過敏が起こることがあります。

また歯周病で歯ぐきが弱っている場合には、歯ぎしりによる強い力で炎症が進行し歯周病がさらに悪化することがあります。

ついには歯ぎしりによる強い力で歯の神経が死んでしまうこともあります。

怖いですね( ;´Д`)

さらには顎関節にも悪影響があり顎関節症の原因になり、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛、めまいを引きおこすことがあります。

日中のかみ締めは、仕事や勉強など何かに集中している時に起こりやすくなります。

通常、上と下の歯は離れているのが正常です。

もし、上と下の歯が接触しているのであれば、噛みこんでいる可能性が高いです!

何か心当たりのある方や、心配や不安がある方はいつでもご相談して下さい!(^^)!