親知らずについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は親知らずについてお話したいと思います。

親知らずは右か左の一番前の歯から数えて8番目の歯で、第三大臼歯や智歯、wisdom teethと呼ばれます。

親知らずが生えるのは10代後半から20代前半で、親に知られることなく生えることからこのように呼ばれています。 個人差はありますが、一般的には上下左右一本ずつで合計4本あります。

生えてない方もレントゲンを撮ってみると実は埋まっているということもよくあります。

親知らずは一番奥にあることから清掃がとても難しいです。 虫歯になりやすい、生える途中で歯茎に炎症を起こしやすい(智歯周囲炎)、正しい方向に生えてこず斜めや真横を向いて生えているなどの問題点があります。

親知らずは抜いたほうがいいのかというお話ですが、正常に生えて機能をしている場合は無理に抜く必要はなく、場合によっては土台や移植のために残しておいた方がいいこともあります。しかしそのような人は少数派で多くの人は何かしらの問題点があり、歯並びにも悪影響を及ぼすと言われています。

では抜いた方がよい親知らずとはどのような場合か。

①虫歯

先ほどもお話した通り親知らずの管理は難しく、虫歯になっている場合は親知らずの影響で手前の歯も虫歯になってしまうということがあります。一番奥の歯であるということから治療自体も難しいです。

②親知らずが生えきっておらず、歯茎が何度も腫れる

親知らずが中途半端に生えていて食べ物がつまりやすい状態で、不潔な状態が続くことで歯茎が何度も腫れ痛みが生じてしまう。これは智歯周囲炎と呼び、ひどい場合には顔が腫れたり口が開けにくいといった症状がでます。

③下の親しらずが横を向いて生えている

生え方の性質上、下の親知らずは真横を向いて生えているということがあります。この場合は虫歯にも智歯周囲炎にもなりやすく、最悪前の歯の根を圧迫して根が吸収されてしまうことがあります。進行が著しい時は前の歯を抜かなくてはいけなくなります。

他にも矯正のための抜歯や埋まっていても膿の袋が認められる場合などあります。

親知らずに関してはその人の生え方や親知らずの状態、清掃状態、残っている歯の数など様々なことを総合的に考え、必要か抜いた方がいいのか判断していきます。

口の中の状態は人それぞれですので、悩みのある方はまずはご相談いただければと思います。

以上簡単ではありますが、また次回です。 レッツビー歯ッピー!