歯科医院のレントゲン被ばくについて

 こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。 本日は歯科医院で用いられるレントゲンの被ばくについてお話したいと思います。

 当院では大きく分けて3種類あります。口の中にフィルムを入れて撮るレントゲン、顔の全体をみるパノラマ、3次元的に画像を見ることができるCTがあります。 それぞれ一回あたりの被ばく量は口腔内レントゲンで約0.01ミリシーベルト、パノラマで約0.03ミリシーベルト、歯科用CTで約0.1ミリシーベルトです。

シーベルトとは人体に与える放射線の影響の単位で、たとえとして、飛行機で東京とニューヨークを一往復したときに約0.2ミリシーベルトの被ばく、日本人一人当たりの年間被ばく量は1.5ミリシーベルトと言われています。 歯科医院でのレントゲンでの被ばく量としてはごく微量だということがお分かり頂けると思います。  

以下全国歯科大学歯学部付属病院診療放射線技師連絡協議会HPに掲載されているFAQをご紹介します。

Q.歯の治療をするためにX線写真を10枚も撮影されました。もし妊娠している場合大丈夫でしょうか?

A.歯のX線撮影をする場合には、局所的に治療する歯を対象としておりますので、X線は直接生殖腺には届きませんから安心です。散乱線として微量検出できるだけです。また、撮影時に防護エプロンを使用しますが、使用しなくても生殖腺に届く散乱線は極々微量ですのでご心配いりません。防護エプロンを使用するのは患者さんの心理的な恐怖心を和らげることが主な目的ですが、もちろん散乱線を撮影目的部位以外に当てないという目的もあります。しかし、散乱線の量は極めて少ないので、それによる身体への影響は心配いりません。なぜなら、散乱線の量というのは我々が日常で浴びてる自然放射線と同じようなレベルの量しかないためです。もし、患者さんが妊娠しいたとしても、実際には胎児に影響が及ぶことはないと考えられます。

Q.この前X線写真を撮ってもらったばかりですが、子供が虫歯の定期健診でまた撮影しても大丈夫でしょうか?

A.虫歯の治療を続けていく場合には、その都度X線写真によってその変化を定期的に検査していく必要があります。被ばくのことがご心配のようですが、X線検査も一回の被ばく量は非常に微量で、歯の写真を何度も撮ったからといって、身体に影響が出るようなことは考えられませんのでご心配は無用です。

Q.先日CT検査で上顎洞を撮影してもらったのですが、CTは被ばく量が多いと聞いているのですが本当でしょうか。

A.CT検査は普通の頭のX線撮影よりも線量が多いことは事実です。しかし、上顎洞の病気検査では、通常のX線写真ではわからないことも多く、CT検査により正確な診断をすることが可能です。重大な疾患が疑われる場合にCT検査をためらう必要はありません。

  被ばく量は少ないに越したことはありませんが、歯科のレントゲン撮影は正しい診断にとって不可欠なものです。人体に悪影響を及ぼすほどのものではありませんので、ご理解ご協力をお願いいたします。 それでも不安な点がございましたら気軽にスタッフにご相談いただければと思います。 以上簡単ではありますが、参考になれば幸いです。 それではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です