口臭について

こんにちは。

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの中村です。

 

本日は口臭についてお話しいたします。

 

当院では初めて来院される方に初診カウンセリングを行っており、気になる症状についてお伺いするのですが、その際口臭が気になると言う方がとても多いと感じます。

ご自身で気になる方もいればご家族から言われるという方もいます。

 

口臭には大きく分けて5つの種類があります。

 

<生理的口臭>

誰にでもあるニオイで起床直後、空腹時、緊張時などは特に強くなります。

唾液の分泌が減少し細菌が増殖して口臭の原因物質が増えます。しかし歯みがきや食事、水分補給をすることで唾液量が増加し口臭は弱まります。

また女性の生理、妊娠時などホルモンバランスの変化や、思春期、更年期などホルモンが変調するときも口臭が強くなることがあります。

 

<飲食物・嗜好品による口臭>

ニンニク、ネギなどの食品、タバコ、お酒による一時的な口臭で、時間の経過とともにニオイはなくなります。

 

<病的口臭>

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で起こる口臭や、う蝕(むし歯)、歯周病、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、不適歯冠修復物、歯冠修復物の脱離、義歯の清掃不良など口の中が原因で起こる口臭。

 

<ストレスによる口臭>

ストレスにより唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。

 

<心理的口臭>

実際には臭っていなくても、自分自身で強いニオイがあると思いこんでいる人もいます。

 

 

実は口の中の原因が口臭全体の90%を占めていると言われています。

口の中の原因についてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

う蝕→食べかすや虫歯菌がむし歯の穴の中にたまると細菌が繁殖してニオイが強くなります。さらにむし歯が進行するとタンパク質でできている歯の神経まで到達します。このときたんぱく質が腐敗して口臭の原因になります。

 

歯周病→歯周病菌が増殖する際には細胞や血液などのたんぱく質を分解します。その時に「メチルメルカプタン」というガスを発生させそれが口臭の原因となります。

 

ドライマウス→ストレスや緊張、体質や薬剤の副作用などさまざまな原因により唾液の分泌量が少なくなり口の中が乾燥する病気のことです。唾液が十分に出ないと口の中で細菌が増殖し口臭の原因となります。

 

不適歯冠修復物→被せ物や詰め物と歯の間にすき間ができている場合、わずかなすき間でも汚れや細菌が溜まり口臭の原因になります。

 

 

口臭の対策

・口臭の原因となる歯垢や歯石の除去

歯科医院での歯周治療と、ご自身での歯ブラシやフロスなどでのセルフケアが大切です。

・虫歯治療や不適歯冠修復物の治療

・ドライマウスが気になる方は、こまめに水分補給をしたり、マウススプレーでお口のうるおいを保つ

・唾液腺マッサージや舌のストレッチで唾液の分泌を促す

・舌用のブラシで舌苔を除去

 

口臭が気になる方はご相談ください。しばらく歯科医院へ行っていない方も虫歯のチェックや、歯垢や歯石除去をしてスッキリしませんか?

お待ちしております。

それではまた次回です。レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です