様々なブラッシング法について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は様々なブラッシング法を紹介したいと思います。

 

【1】毛先を主に使う方法

◆スクラビング法

簡単で刷掃効果も高くブラッシングの基本です。毛先を歯に直角に当て弱く加圧し、ゴシゴシと小刻みに動かします。歯ブラシはペンを持つように持ち、軽く当てることが重要です。ブラッシング圧が強すぎると歯茎が下がったり、歯の根元が削れてしまうので注意が必要です。

 

◆フォーンズ法

刷掃効果が高く、操作が簡単なため小児や身体障害者に適した方法とされています。上下の前歯の先端と先端を合わせた状態で、ブラシを歯面に直角にあて上下の歯を同時に円を描くように磨きます。

 

◆バス法

歯と歯の間、歯と歯茎の間、歯周ポケット内など清掃困難な部位を狙った磨き方ですが操作は難しいとされています。毛先を歯に対して45度の角度で、歯と歯茎の間に少し挿入して、数ミリの範囲で前後もしくは左右に小刻みに振動させるように動かします。

毛先はあまり動かさないようにします。歯周疾患の治療の一部として取り入れられ、軟らかいブラシが適しています。

 

◆一歯ずつ縦磨き法

前歯の不正歯列に効果的で、歯と歯の間もある程度清掃できますが時間がかかります。

その名の通り歯ブラシを縦に入れ、歯面に直角に当てたまま上下に小刻みに動かします。

一つの歯を3つのエリアに分け、左、真ん中、右と分割してそれぞれブラッシングします。

 

【2】歯ブラシの脇腹を主に使う方法

◆ローリング法

毛先を歯根方向に向け、歯茎にブラシの脇腹を当てて力を加えながら歯の頭の方向に回転させる。歯面清掃と歯茎の清掃を同時に行う方法ですが、歯と歯茎の間の清掃効果は低いです。

丁寧に行えば歯と歯の間の清掃効果は高いです。

 

◆スティルマン法、スティルマン改良法

歯茎のマッサージを目的とした方法。毛先を歯根の方向に向け毛束の側面を歯茎に当て、圧迫振動で歯茎をマッサージする。改良法はそこからローリング法で歯の頭の方向に回転させ、歯茎のマッサージと歯の清掃を連動して行います。歯周疾患の治療やメインテナンスに効果的ですが、やや熟練を必要とします。

 

◆チャーターズ法

これも歯茎のマッサージを主目的とした方法ですが、スティルマン法とブラシの当て方が逆になります。毛先を歯の頭方向に向けたままブラシの脇腹を歯茎に当て圧迫振動を行います。歯茎の炎症が激しい時に使われます。

 

◆ゴットリーブの垂直法

歯と歯の間の歯茎のマッサージ効果と清掃性に優れています。歯と歯茎の間に毛先をあてて毛束を少したわませます。そのまま歯と歯の間に毛先を挿入し、上下左右に加圧振動させ歯肉マッサージを行います。毛束は少し長く硬めがやりやすいとされています。

 

以上主なブラッシング方法を紹介させてきました。

スクラビング法が一番プラークの除去には適していると言われていますが、目的に合わせて組み合わせていく必要があると思います。

 

では簡単ではありますが、参考になれば幸いです。

また次回です、レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です