歯間ブラシとフロスの使い分け

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックの助手の新山です。

今回は歯間ブラシとフロスについてお話しいたします。

皆さんは、歯間ブラシとフロスを使っていますか?

さらに、使い分けていますか?

実は、歯ブラシだけでは汚れは落ちません。

歯ブラシでしっかり磨いているつもりでも、実は60%しか汚れを落とせていないことが研究結果でわかっています。

歯と歯の間の汚れは歯ブラシの毛先が入りにくいため、汚れが残って虫歯や歯周病の原因になります。

そんな歯と歯の間の汚れを落とすための補助道具として歯間ブラシとデンタルフロスがあります。

では、いったいどちらを使ったらよいのでしょうか?

結論から述べると、どちらも使った方が良いです。

歯ブラシは歯の表面の汚れを落とすことはできますが、歯と歯の間の汚れをきれいに掻き出すことは難しいため、歯間ブラシとフロスが必要なのです。

歯間ブラシは、歯と歯の隙間やブリッジの下の汚れを掻き出すことができます。ブラシ状になっているので、広い隙間を清掃するのに最も適しています。歯周病などで、歯肉炎が下がっている方の場合、歯の根が露出してしまっていたり、歯と歯の間の隙間が広くなってしまっていますので、歯間ブラシを使って通常の歯ブラシでは届かない隙間まで清掃する必要があります。特に歯の根の部分は、硬いエナメル質とは違い虫歯に弱い部分なので、歯間ブラシを毎日通して頂くことが理想的です。

また、歯間ブラシにはサイズが数種類あり、隙間の大きさに合わせて使う必要がありますので、しっかりとサイズ確認をして使うことが大切です。

フロスは糸状なので、歯と歯の接点や狭い隙間、ブリッジの下から一通り掃除することができます。歯が重なってしまって歯ブラシや歯間ブラシが全く入らない部分でも、しっかり掃除することができます。また、ある程度歯周ポケットの中まで通して掃除をすることができるため、歯周病の予防にも効果があると言えます。

フロスには、持ち手の付いたホルダータイプとご自身の指に巻きつけて使う糸巻きタイプの2種類あります。扱いが少々難しいため、歯科衛生士の指導を受けることが良いと思います。

歯間ブラシやフロスを使うことで、歯垢除去効果がアップすることや、虫歯や歯周病予防にも繋がります。また、口臭の予防や改善にもなります

是非皆さんも歯間ブラシとデンタルフロスを使い分け、虫歯と歯周病予防をして、健康な生活を送って下さいね!

また、歯間ブラシのサイズにお困りの方は、当院の歯科衛生士までお尋ね下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です