歯と口の健康週間について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯と口の健康週間についてお話したいと思います。

 

歯と口の健康週間は厚生省(現:厚生労働省)、文部省(現:文部科学省)、日本歯科医師会が1958年から実施している週間で、毎年6月4日から6月10日までの一週間を指します。もともとは6(む)4(し)にちなんで「虫歯予防デー」としていました。

 

目的としては、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与するとあります。

 

歯と口には様々な役割があります。食べ物をかみ砕く(しっかり噛めるとおいしく食べることができ栄養の吸収もよくなる)、話す(歯が揃っていると明瞭な発音で会話を楽しめます)、表情を作る(よく嚙むこと、楽しく話すことは表情筋のトレーニングになり若々しい表情になります、体の姿勢やバランスを保つ(歯が揃っていると嚙むバランスもよく、体のバランスも保たれます)などあります。

 

よく嚙むために正しいセルフケアで歯を大切にしましょう!

①歯磨き

食後は歯を磨くことは基本ですが、一日一回は鏡で確認しながら丁寧に磨きましょう。

また、歯磨き後のチェックとして舌でツルツルになったか確認するのも大切です。

 

②すき間ケア(デンタルフロス・歯間ブラシ)

せまい隙間はデンタルフロス、広い隙間は歯間ブラシが適しています。

 

③マウスウォッシュ

マウスウォッシュを継続的に使用すると、バイオフィルムという口腔細菌の塊が減少したという調査結果が出ています。歯磨き後の仕上げに使用すると、舌や頬粘膜に付着した細菌も洗い流せます。

 

④舌ケアで口臭対策を

疲労やストレスの影響で唾液が減少すると白く厚みのある舌苔が付着し口臭の原因になります。舌を傷つけないよう舌ブラシで優しく取りましょう。

 

さらに定期健診でプロフェッショナルケアをうけることで虫歯や歯周病の重症化の予防や歯磨き指導で気付かなかった弱点の再発見ができます。

 

ご不明な点がありましたらまずはご相談していただければと思います。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です