入れ歯の種類

こんにちは。

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの中村です。

本日は入れ歯の種類についてお話いたします。

 

入れ歯には、全ての歯を失ってしまった場合に用いる総入れ歯と、歯が1本以上残っていて残っている歯に留め金で支える部分入れ歯があります。

 

さらにその総入れ歯と部分入れ歯にも色々な種類がありますのでご紹介いたします。

 

まずは総入れ歯です。

総入れ歯は、歯のない部分の粘膜の上に乗る義歯床と人工歯でできており、保険適用の入れ歯は床の部分が全てプラスチックでできています。

 

保険適用外の総入れ歯では、床の部分がチタンやコバルトといった金属でできている金属床義歯や、歯ぐきに当たる部分を特殊なクッション材で覆うコンフォートデンチャーなどがあります。

金属床のメリットは、金属は強度が強いため薄くできるので、プラスチックよりも厚みがなく入れ歯を装着した時の違和感が少なくなります。チタンを使用するとより軽くなります。また金属は熱を通すので食べ物や飲み物の温度の変化も感じやすくなります。

コンフォートデンチャーのメリットは生体用シリコーンという特殊な軟らかいクッションが覆っているので、グッと噛みしめた際の痛みを緩和することができます。またシリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性と吸着力を生み出し入れ歯のゆるみを緩和します。

 

次に部分入れ歯です。

一般的な保険適用の部分入れ歯は、歯のない粘膜の上に乗る義歯床、人工歯、残っている歯にかけるバネ(クラスプ)、左右の床やクラスプをつなぐバーでできています。

部分入れ歯は1歯欠損の場合から1歯しか歯が残っていない場合まで作ることが可能なので、残っている歯に合わせて色々な形があります。

 

保険適用外の部分入れ歯では、金属のバネがないスマートデンチャー、茶筒の様に二重構造でできた冠で維持させるコーヌスデンチャー、入れ歯を支える歯の被せ物に特殊加工をして入れ歯をはめ込む構造のミリングデンチャーなどがあります。

 

スマートデンチャーのメリットは、バネがないので審美性に優れていて入れ歯が入っているのが分かりにくいことです。

 

コーヌスデンチャー、ミリングデンチャーのメリットは冠と入れ歯が精密に適合し強固に固定させることで入れ歯が動きにくく自分の歯のように噛むことができるということです。

バネで固定する場合よりも歯にかかる負担を減らすことができます。

 

入れ歯は患者様の残っている歯の本数や箇所、状態によりどの入れ歯が適しているのかは変わってきます。

その方に合わせて入れ歯の種類をご提案させていただきますのでご安心ください。

入れ歯でお困りの方はぜひご相談ください。

歯周病と生活習慣について

こんにちは!札幌市南区にありますときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今回の豆知識ブログのテーマは「歯周病と生活習慣との関係」です。

 

歯周病は様々な研究によって、色々な全身疾患との関係性があることが分かってきました。その最たるものが糖尿病です。歯周病は糖尿病に影響を与え、糖尿病は歯周病に影響を与えるという双方向の関係があることが証明されつつあります。また、他の全身疾患との関係も解明されてきています。

 

では、何かの疾患に罹患していない健康な人にも関係のある、生活習慣はどのように歯周病と関係しているのでしょうか。「喫煙」と「飲酒」について今回は述べていこうと思います。

 

一つ目は「喫煙」です。喫煙が全身に与える影響はこれまでにも指摘されてきました。タバコには4000以上の毒素(一酸化炭素、活性酸素などの発がん性物質、中毒性のあるニコチン)を含み、死因、心疾患、さまざまながん。慢性疾患のリスクファクターであることが多くのエビデンスによって示されています。

慢性歯周炎の40%が喫煙に由来しているという報告もあるほどです。別のある研究では、非喫煙者と比較して喫煙者は2.7倍、過去の喫煙者は2.3倍歯周炎を惹き起こす確率が高く、喫煙による影響は年齢を選ばないという結果もあります。

喫煙は治癒にも悪影響を与えることが分かっています。喫煙者は歯周治療後の骨再生にマイナスに作用することも分かっています。逆に、多くのデータで喫煙停止が歯周病にとって利益があることを示しています。したがって、これから歯周病の治療に本格的に取り組もうとする方で喫煙者の方は特に、禁煙にチャレンジしていただきたいところです。

 

二つ目は「飲酒」です。歯周病は生活習慣病の一つであり感染性疾患の一つです。感染性疾患におけるアルコールの影響は大きく、免疫システムへの影響が大きいと言われています。そこで、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者」とされる項目を見てみると一日あたりの純アルコール摂取量が男性で40g以上、女性で20g以上の者とされています。これは清酒2合(360mL)、ビール2本(500mL)、焼酎(20度、270mL)、ワイン4杯(480mL)に相当します。アルコールと歯周病との関係は喫煙と歯周病との関係ほど関連性は明らかになっていませんが、歯周病による骨の喪失とアルコール摂取量に関係があることを示す研究があります。但し、アルコールはそのものが悪影響を与えるというよりは頻回なアルコール摂取が安定しない口腔衛生につながっているのかもしれません。

 

いかがでしたか。歯周病は全身疾患だけでなく身近な生活習慣にも関係しています。口は健康の入り口です。タバコもお酒も嗜好品で、生活を豊かにるすひとつの道具かとは思いますが(タバコは個人的にはお勧めできませんが)、節度をもった楽しみ方が大事です。うまく付き合っていくことで、お口の中を健康に保ち豊かな人生を送っていきましょう。

それではまた次回です!レッツビー歯ッピー!

 

このブログは下記の文献を参考にしました。

参考文献:「GPとDHのためのペリオドントロジー」(築山鉄平・宮本貴成 著)

歯と口の健康週間について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯と口の健康週間についてお話したいと思います。

 

歯と口の健康週間は厚生省(現:厚生労働省)、文部省(現:文部科学省)、日本歯科医師会が1958年から実施している週間で、毎年6月4日から6月10日までの一週間を指します。もともとは6(む)4(し)にちなんで「虫歯予防デー」としていました。

 

目的としては、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与するとあります。

 

歯と口には様々な役割があります。食べ物をかみ砕く(しっかり噛めるとおいしく食べることができ栄養の吸収もよくなる)、話す(歯が揃っていると明瞭な発音で会話を楽しめます)、表情を作る(よく嚙むこと、楽しく話すことは表情筋のトレーニングになり若々しい表情になります、体の姿勢やバランスを保つ(歯が揃っていると嚙むバランスもよく、体のバランスも保たれます)などあります。

 

よく嚙むために正しいセルフケアで歯を大切にしましょう!

①歯磨き

食後は歯を磨くことは基本ですが、一日一回は鏡で確認しながら丁寧に磨きましょう。

また、歯磨き後のチェックとして舌でツルツルになったか確認するのも大切です。

 

②すき間ケア(デンタルフロス・歯間ブラシ)

せまい隙間はデンタルフロス、広い隙間は歯間ブラシが適しています。

 

③マウスウォッシュ

マウスウォッシュを継続的に使用すると、バイオフィルムという口腔細菌の塊が減少したという調査結果が出ています。歯磨き後の仕上げに使用すると、舌や頬粘膜に付着した細菌も洗い流せます。

 

④舌ケアで口臭対策を

疲労やストレスの影響で唾液が減少すると白く厚みのある舌苔が付着し口臭の原因になります。舌を傷つけないよう舌ブラシで優しく取りましょう。

 

さらに定期健診でプロフェッショナルケアをうけることで虫歯や歯周病の重症化の予防や歯磨き指導で気付かなかった弱点の再発見ができます。

 

ご不明な点がありましたらまずはご相談していただければと思います。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!