金属アレルギー

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの中村です。

本日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

歯科治療で使用される銀歯などの金属が原因で金属アレルギーを発症してしまうことがあります。

口の中に入っている銀歯から溶け出した金属イオンが体内に回り蓄積され、それが過剰になることでアレルギー反応が生じます。

口内炎、舌炎、扁平苔癬などの口腔内だけではなく、掌や足の裏に膿疱ができる掌蹠膿疱症や、手足に水ぶくれができる汗疱状湿疹など、さまざまな部位に症状が現れます。

人によって金属に対する許容量が違うため、その人の許容範囲を超えるとある日突然金属アレルギーを発症してしまうことがあります。

また、ガルバニー電流という口腔内にある金属が唾液を介して接触した時に流れる電流が発生すると、脳からの指令が混乱し、体の痛みや疲れ、不眠、イライラなどの精神症状も引き起こす原因にもなると言われています。

現在の歯科治療で使われている金属は金、銀、銅、パラジウムなどの合金で、その中には金属アレルギーを起こしやすいと言われるパラジウムも含まれています。

当院では、金属を使用せず、高品質レジンやセラミックを使用するメタルフリー治療をおすすめしております。

金属を使用しないため金属アレルギーの心配がなく、体に安全な材料です。

見た目の美しさや、汚れが付きにくく落ちやすいため虫歯になりにくいという特徴もあります。

長年皮膚疾患に悩んでいた方が、口腔内の金属を全て取り除いたことで治ったという方もいらっしゃいます。

金属アレルギーでお困りの方や、メタルフリー治療にご興味のある方はお気軽にご相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です