子どもの定期検診

こんにちは。

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの中村です。

本日は子どもの定期検診についてお話します。

乳歯や生え始めの永久歯は虫歯になりやすく、虫歯になると進行するスピードも速いと言われています。

虫歯になってしまった乳歯をそのままにしてしまうと、永久歯へのむし歯のリスクや歯並びに悪い影響を及ぼしてしまいます。

大切な歯を守るため、健全な永久歯を作るためには、お子さんのうちから定期検診がとても大切です。

当院の定期検診で行っていること

(年齢や歯の状態によって行わないものもあります)

◎フッ素塗布

 歯の再石灰化を促進し、虫歯菌の活動を抑制する効果のあるフッ素を塗布して、むし歯を予防します

◎むし歯のチェック、レントゲン撮影

 むし歯の有無、歯並び、永久歯がきちんと生えているかチェックします

必要に応じてレントゲンを撮ることで、むし歯を早期発見することができます

◎歯のおそうじ

 日々のブラッシングで落とし切れていない歯垢などを除去します

◎歯磨き指導

 ご自宅でのセルフケアのために、正しいブラッシングやフロスの使い方などを指導します

◎染め出し

 歯磨きが行き届いてない部分が赤く染まる染め出し液を使い、磨き残しのある部分を確認していただきます

◎シーラント

 必要に応じて、奥歯の深い溝を埋める予防処置を行います

 

当院では大体3ヶ月おきに受診していただいています。

乳歯が生え始めたら検診は可能ですが、小さいうちは泣いてしまうお子さんも多いので、1歳半くらいから受診される方が多いです。

一緒に虫歯ゼロを目指してお子さんの歯を守っていきましょう。

お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です