親知らず

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、助手の新山です。

今日は、親知らずについてお話ししたいと思います。

 

親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

永久歯の中で最後に発育します。永久歯は、通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10台後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることが、その名の由来だとも言われています。

一般的には、上アゴ左右2本と下アゴ左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や必ずしも4本揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは萌出方向(生える方向)が通常と異なるために、埋伏(埋まった状態)していたり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。

親知らずは、歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態となってしまいます。これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼び、20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。

親知らずの抜歯は正常に生えている場合には、普通の歯を抜くのと同様に比較的簡単に抜くことができます。しかし、親知らずの大部分が骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、歯肉を切開したり、骨や歯を削ったりするため抜歯するにもかなりの注意と手間が必要となります。

親知らずを抜くにはメリットとデメリットがあるので、歯科医師と十分に相談されてから決断することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です