血をサラサラにする薬を飲んでいる患者さんの処置

こんにちは!札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

 

今回は「血が止まりにくい薬を飲んでいる患者さんの観血的処置」について取り上げてみようと思います。

 

「血が止まりにくい薬」というのは、よく言う「血をサラサラにする薬」と言い換えられます。「血をサラサラにする薬」は様々な疾患が原因で多くの方(数百万人とも言われています)が服薬しているのが現状です。

 

「血をサラサラにする薬」というのは専門用語でいうと抗血栓薬(抗凝固薬と抗血小板薬)と言います。簡単に言うと、血栓(血の塊)ができにくくする薬です。例えば、血管に血の塊が詰まってしまうと、血管の位置によって脳梗塞や心筋梗塞を惹き起こします。一度これらの病気に罹った人は、再発するのを防ぐために抗血栓薬を服用していることが多いです。

 

では、抗血栓薬と歯科治療とはどんな関係があるのでしょうか。

歯科治療は、出血量こそ少ないですが観血的処置(=血が出る処置)が多いのが特徴です。抗血栓薬を飲んでいると、飲んでいない人に比べて血が止まりにくくなります。例えば抜歯後になかなか血が止まらないということが考えられます。こういった理由から、抗血栓薬を服用している患者さんに対して抜歯等の観血的処置を施す場合は、服薬を中断してもらうことが一般的だった時期がありました。しかし処置日を含む数日間、抗血栓薬の服用を中止した結果、脳梗塞発症のリスクが3倍に上昇したり、血栓塞栓症(=血の塊が血管につまること)が生じたりといった弊害が報告されるようになりました。

 

それらの報告を受け、日本循環器学会のガイドラインに「抜歯時には抗血栓薬の継続が望ましい」と明記されるに至りました。1本の歯の抜歯と、脳梗塞を天秤にかける(お薬を止めることによるメリットとデメリットのバランス)と、この流れは当然と言えます。

 

ということで、抗血栓薬を服用している患者さんに観血的処置を施す場合でも、基本的にお薬はお休みしません。しかし、血が止まりにくいのは程度の差こそあれ否定できません。抜歯を例にとれば、通常の抜歯では歯を抜いた後は圧迫すれば基本的に止血は完了しますが、抗血栓薬を服用している患者さんでは止血剤(体に吸収されます)を抜歯窩(=抜歯後の穴)に詰め、縫合し、そのうえで圧迫する必要があります。また、診療室で止血したと判断して帰宅していただいた後に、だらだらと血が滲んでくるということも可能性としてあり得ます。

 

診療室では、健常な方の処置にも気を付けていますが、こういったお薬を服用している患者さんの処置にもしっかりと気を付けて治療を行っています。安全に治療を行うためにも、お薬手帳は忘れずに持参してくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です