シーラントの効果

こんにちは!
ときわプロケア歯科クリニック 助手の新山です。

今回は、シーラントについてお伝えしたいと思います。

まず初めに、乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすく、虫歯になると早く進行してしまいます。また、奥歯の虫歯は、お父さん・お母さんも気づかない場合が多いので、3〜4ケ月に一度は定期検診を受けることをお勧めします。

子どもの6歳臼歯の歯の溝はとても深く、虫歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。
食事をするときに一番活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために汚れがたまり、虫歯になることが多く最も寿命の短い永久歯の一つでもあります。
そこで、この溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、虫歯になりにくくする処置がシーラントです。

シーラントをすると2年間で98%虫歯にならないという結果報告もあります。
生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、その後、唾液中のカルシウムなどを吸収して年月とともに強くなっていきます。
ですから、同じ永久歯でも大人と子どもでは歯の強さが違います。
それだけ子どもの歯は虫歯になりやすいのです。

大切なお子さんの歯を、一緒に守っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です