アマルガム

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック・デンタルコーディネーターの野澤です。

歯医者さんでお口の中に「アマルガム合金が入っていますよ」と言われたことはありませんか?

アマルガムとは銀・スズ・銅・亜鉛の粉末と無機水銀との合金です。50%が水銀(重金属)で出来ています。アマルガムは口の中で少しずつ腐食して、水銀が溶け出し、体内に蓄積されます。

アマルガム(歯科用水銀)の詰め物、いわゆる「銀の詰め物」は、少し前まで日本の歯科治療でも多く使用されていました。依然として治療に使用している歯科医院も少なからず存在しています。

水銀には毒性があり、人体へ悪影響をもたらす化学物質として広く認識されています。また、水銀は、次第に体内に蓄積していく性質のある物質です。歯科用アマルガムによる詰め物は、口の中で長い時間をかけて少しずつ腐食し、水銀が体内に蓄積されていくことで人体に悪影響を与えます。また、詰め物をしている本人だけにではなく、治療の際などに、環境中に放出された歯科水銀によって、歯科治療従事者の健康にまで影響をあたえる危険があります。

アマルガムは、歯科治療を受ける患者や、歯科治療を行う歯科医療従事者の健康に悪影響を与える危険が確認されている素材なのです。

30代以上の方にアマルガムがあることが多くみられます。

当院では検査の際にアマルガムがある方にはお伝えをしております。

気になることがありましたらいつでもご相談して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です