歯のホワイトニングって?

 

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの高橋です。

今回は最近注目されているホワイトニングについてお伝えします。

 

歯のホワイトニングは、歯の表面や歯の内部の色素を分解し、歯の明るさ(明度)を上げて白くする方法です。

歯の明るさを上げて白くするので、どんなに白くしても不自然な白さにはなりませんが、逆に陶器のような白さにすることはできません。陶器のような白さにするには、マニキュアやセラミックを行う必要があります。

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された方法で、国内外の大学をはじめとする研究機関で安全性が確認されており、今では世界中で行われています。

歯科医院や自宅でできる?
歯のホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング。医薬品のホワイトニング剤を歯に塗り、そこに薬剤に配合された光触媒に最も効果のある波長のLEDなどの光を当てて白くする方法です。

以前はハロゲンライトやレーザーを使用していましたが、現在はほとんどがLEDライトになっています。徐々に白くしていくタイプと1回で白くするタイプがあり、1回の効果や施術本数によって料金が変わってきます。

ホームホワイトニング

マウスピースにホワイトニング剤を入れて自宅で行うホワイトニング。一般的には歯科医院で作製したマウスピースを使用します。

セルフ式ホワイトニング

 

歯科医院以外のホワイトニングサロンやエステティックサロン、美容院、整体院などで行っています。使用説明を受けた後、自分でホワイトニング剤を歯に塗って、自分で光を当てて白くする方法です。

歯科医院ではないため、直接施術することはできません。

歯科医院で扱う医薬品のホワイトニング剤を使用することができないため、ポリリン酸や酸化チタンなどの医薬部外品、化粧品を使用します。

表面の着色を分解して落とすことで歯を白くします。

歯科医院で歯石をとってクリーニングしてからすることをお勧めします。

自宅でもできる簡単ホワイトニングが人気!

歯科医院で歯の型を取った後、自分の歯に合ったマウスピースを作製し、自分で薬剤をマウスピースに入れて使用する方法です。

歯科医院に行かずに自宅でできること、自分のペースで好きな時にホワイトニングができること、就寝時にマウスピースを装着すれば、寝ている間に歯を白くすることができることなど、自宅で簡単にホワイトニングができます。

ただ1回のホワイトニングの効果が弱いため、早く白くしたい場合や、結婚式などあらかじめ日程が決まっている場合などには向きません。

海外では高濃度のホワイトニング剤が販売されていますが、誤った使用方法による歯茎やのどの炎症、歯茎が下がるなどの事故も報告されています。
また高濃度のホワイトニング剤を既成のマウスピースや、歯に合わないマウスピースで使用すると、薬剤の流出量が多くなり、危険です。
使用に際しては当院スタッフにきいてくださいね!

歯根端切除法について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯根端切除法についてお話したいと思います。

 

歯には神経が通っていますが、歯の神経は虫歯や咬み合わせが原因で死んでしまうことがあります。そうするといわゆる根の治療が必要になります。

根の治療はいかに根の中の細菌を減らして、菌が入り込まないように封鎖するかということが重要になってきます。

 

しかし細菌数をゼロにするのは不可能で、根の治療をしても根の中の細菌が原因で根の先で炎症を起こすことがあります。

根の先で炎症が起こると骨が溶かされレントゲンでは根の先に黒い影となって写ります。

再度根の治療を行い良くなることもありますが、あまりに感染が深すぎると根の治療では対応できなくなります。

 

そこでその後の選択肢の一つとして出てくるのが歯根端切除法です。

これは簡単に言えば感染源である根の先を切り取る方法です。

根の先となる部位の歯茎を剥がし骨に穴を開け直接根の先を露出させカットします。

さらに先がカットされ残った部分にふたをして細菌がでてこないように封鎖します。

 

この方法は全ての歯にできるわけではなく、根の先が顎の神経に近い場合や奥歯で物理的に難しい場合、もしくは歯周病が進行している場合などでは選択肢とはなりません。

 

 

少し専門的なお話になってしまいましたが、参考になれば幸いです。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!