喫煙と歯周病について

こんにちは!札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回は、喫煙と歯周病についてお話します。

 

歯周病は、成人の多くが程度の差こそあれ罹患していると言われています。歯周病は生活習慣病です。ご存知でしたか?そんな生活習慣病である歯周病を増悪する因子として喫煙が挙げられます。

 

では、喫煙が歯周病に対して与える悪影響とは何でしょうか?日本臨床歯周病学会のHPによると「タバコに含まれる様々な化学成分が血管を縮ませたり、組織への酸素の供給を妨げたりするため、体が酸欠・栄養不足状態になる」ということです。また、「ニコチンは体の免疫機能を狂わせるので、抵抗力が落ちたり組織の回復力も抑えてしまうので、手術をしても治りにくくなる」とあります。さらに、「ヤニが歯の表面に残り、バイ菌が付きやすくなるだけでなく、表面に残ったヤニが口の中に溶けだし続ける」とのことでした。

 

いかがでしょうか?喫煙はストレス解消などの側面もあるかもしれませんが、歯周病を悪化させ、なおかつ治りにくくしてしまう面を持つのです。

 

歯周病は元通りに戻る疾患ではありません。そんな歯周病を悪化させる喫煙、怖いですね。

タバコを吸うこと自体は個人の自由ですが、やはり歯周病やその他体のことを考えると、禁煙化が進む昨今を鑑みても喫煙は控え目に、あるいは禁煙が良いのかもしれませんね。

 

※本文中の「」内は臨床歯周病学会のHPより改変抜粋したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です