咬み合わせについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は咬み合わせについてお話したいと思います。

 

皆さんはご自分の咬み合わせにつて考えたことはありますか?

咬み合わせが悪いと良く咬めない、歯が痛い、顎が痛い、肩がこる、などといった問題が生じてきます。

もしかしたら全身的な問題も咬み合わせに起因している可能性もあります。

 

咬み合わせには前後的(出っ歯、受け口)、上下的(深い、浅い)、左右的(歯が斜めに生えている)な見方ができます。

矯正で簡単に治るものもあれば、骨を削って外科的に治療をしないといけないものもあります。

また、もともと歯並びがよくても歯ぎしりや日常の癖が原因で歯の位置が変わり咬み合わせが悪くなることもあります。

子供の場合は指しゃぶりや爪を咬む、唇を咬むなどといった癖が原因で出っ歯になってしまいます。

 

もしご自身やご家族に咬み合わせや歯並びで気になることがある場合は一度矯正相談をされることをお勧めします。

咬み合わせの改善により全身的なトラブルも解消されるかもしれません。

 

簡単ではありますがまた次回です、レッツビー歯っぴー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です