治療したらそれで安心?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋です。

病気が治癒する。

と、よく言いますよね!

治癒とは、体が元どおりに治るという事です。

特に風邪とかインフルエンザとかですね。

ところが、虫歯はけっして元どおりには治らないのです。

これがショーゲキの事実です。

では虫歯になったら、歯科医院では、一体何をどのようにしているのでしょうか??

それは、虫歯になった部分をきれいに除去したり悪い膿を取ってキレイに洗浄したりして、人工物をつめたり、かぶせたりして、歯を修理しているのです。

当然、修理されたものは、元の健康な歯に比べれば弱いです。

特に神経が無い歯はもっと弱いです。

虫歯や歯周病になった原因を、かかりつけの歯科医院と共に考え、

定期的な検診と予防のためのクリーニングをして、お口をとりまく生活環境を改善していかないと、修理済みの歯もまたすぐ故障してしまいます。

虫歯にしてしまった歯は元どおりには戻らないので、予防が大切なんです。

治療は、お金と通院する時間と体力もかかります。

良質な治療であればなおさらです。

保険治療の銀歯やプラスチックで歯を補強したり削ったり抜いたりしていると、それが脆いのでどんどん悪くなってしまいます。

そしてしばらく経ってまた同じ治療を繰り返してしまうのです。

歯を治すために歯医者さんに行ってるのに。。

もうこれ以上、歯を削ったり抜いたりする治療をやめませんか??

歯は削ったら元に戻りません。

神経を取ったら、神経ある歯と比べて、寿命が10年短くなります。

一本の歯は3回再治療したら抜歯になる確率が高くなります。。

歯は無くなったら元に戻りません。

一人でも多く、その一本の歯が長く使えるように。

お食事やお話が楽しくできるように。

私たちはなるべく削りたくないし、抜きたくない。

そんな予防歯科で皆さまのお口の中からの健康と笑顔に関わっていきたいと思います。

咬み合わせについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は咬み合わせについてお話したいと思います。

 

皆さんはご自分の咬み合わせにつて考えたことはありますか?

咬み合わせが悪いと良く咬めない、歯が痛い、顎が痛い、肩がこる、などといった問題が生じてきます。

もしかしたら全身的な問題も咬み合わせに起因している可能性もあります。

 

咬み合わせには前後的(出っ歯、受け口)、上下的(深い、浅い)、左右的(歯が斜めに生えている)な見方ができます。

矯正で簡単に治るものもあれば、骨を削って外科的に治療をしないといけないものもあります。

また、もともと歯並びがよくても歯ぎしりや日常の癖が原因で歯の位置が変わり咬み合わせが悪くなることもあります。

子供の場合は指しゃぶりや爪を咬む、唇を咬むなどといった癖が原因で出っ歯になってしまいます。

 

もしご自身やご家族に咬み合わせや歯並びで気になることがある場合は一度矯正相談をされることをお勧めします。

咬み合わせの改善により全身的なトラブルも解消されるかもしれません。

 

簡単ではありますがまた次回です、レッツビー歯っぴー!

喫煙と歯周病について

こんにちは!札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回は、喫煙と歯周病についてお話します。

 

歯周病は、成人の多くが程度の差こそあれ罹患していると言われています。歯周病は生活習慣病です。ご存知でしたか?そんな生活習慣病である歯周病を増悪する因子として喫煙が挙げられます。

 

では、喫煙が歯周病に対して与える悪影響とは何でしょうか?日本臨床歯周病学会のHPによると「タバコに含まれる様々な化学成分が血管を縮ませたり、組織への酸素の供給を妨げたりするため、体が酸欠・栄養不足状態になる」ということです。また、「ニコチンは体の免疫機能を狂わせるので、抵抗力が落ちたり組織の回復力も抑えてしまうので、手術をしても治りにくくなる」とあります。さらに、「ヤニが歯の表面に残り、バイ菌が付きやすくなるだけでなく、表面に残ったヤニが口の中に溶けだし続ける」とのことでした。

 

いかがでしょうか?喫煙はストレス解消などの側面もあるかもしれませんが、歯周病を悪化させ、なおかつ治りにくくしてしまう面を持つのです。

 

歯周病は元通りに戻る疾患ではありません。そんな歯周病を悪化させる喫煙、怖いですね。

タバコを吸うこと自体は個人の自由ですが、やはり歯周病やその他体のことを考えると、禁煙化が進む昨今を鑑みても喫煙は控え目に、あるいは禁煙が良いのかもしれませんね。

 

※本文中の「」内は臨床歯周病学会のHPより改変抜粋したものです。