口臭

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

誰もが気になる「口臭」についてご説明します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「最近、口臭がきつくなったかもしれない」と思ったこと、ご家族などに指摘されたことはありませんか?

 

口臭の原因はいろいろありますがその中でも特に気をつけなければいけないのが「歯周病を原因とする口臭」です。

口臭の原因について 口臭のおもな原因は、口の中に潜む細菌です。口の中の食べカスや歯周病などによってしみ出した膿などに含まれるたんぱく質を細菌が分解することで「におい」が発生します。

においが作り出される原因となる汚れがお口の中に溜まってしまう理由は、毎日のケア不足です。歯並びが悪くて歯ブラシが届きにくかったり、親知らずが傾いて生えていたりすることも汚れが溜まる要因になります。その場合、歯並びを整えたり親知らずを抜いたりすることで口臭の軽減が可能です。

口臭はお口の自浄作用のある唾液の不足によっても起こるので、起床時や空腹時、ストレスを感じたときなどに強くなります。

抜け落ちた歯を放置することによる炎症も要因となります。 虫歯の原因となる細菌の棲み家である歯垢や歯石にも注意が必要。歯周病によって歯周ポケットから出てくる膿も、強い口臭の原因となります。

口腔内の細菌が原因だったり、消化器系が原因の場合もあります。

口臭が気になり始めたら是非ご相談ください。

 

フラップ手術

 こんにちは!札幌市南区にあります、ときわプロケアプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。

今回は、フラップ手術についてお話したいと思います。
 フラップ手術(フラップオペ)については、あまり馴染みの無い言葉かもしれませんね。手術と名前が付いている通り、フラップ手術とは、歯肉を剥離して(剥がして)行う手術のことを言います。もちろん手術を終える時は縫います。

 この手術は、歯肉を剥がすことで歯肉の下にある歯の根の部分や骨を直接見ることができるようにするためのものです。例としては、歯周病の治療、親知らずの抜歯、インプラント治療などが挙げられます。
 歯周病の治療でフラップ手術を行う場合は、以下のようなことを目的とします。

  • 歯の根の、深い部分に付いている歯石(歯肉を剥がさず、直視できない状態だとどうしても取れないような歯石)を徹底的に取るとき
  • 歯周病が進行し、溶けてしまった骨を再び作る時(歯周組織再生療法)

 親知らずの抜歯では以下のようなことを目的とします。

  • 視野を確保し、不必要な部分を削らない、かつ必要以上に骨を削らないようにする
  • 斜めに生えている親知らずに被さっている骨を削る

 インプラント治療では以下のようなことを目的とします。

  • インプラント体を埋入するにあたって、不足している骨を作るための処置(GBRと言います)をおこなう
  • 凹凸のある骨の表面を滑らかに(平坦に)する

などなど、上記に挙げたのは一例にすぎませんが、歯を削るイメージの強い歯科でもこのように切開・縫合を行う処置があります。そして、恐らく想像しているより一般的な処置なのです。ですので、歯医者さんに通っている中で、先生や衛生士さんから治療内容の説明してもらう時に「歯肉を切って開いて処置します」と言われても怖がることはありませんよ!しっかり麻酔もしてくれますし、痛みに考慮して治療を進めてくれますので安心して治療を受けて下さいね。

 以上、フラップ手術について、でした!