ブリッジって何?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋ひかるです。

今日は、ブリッジについてお伝えします。

ちなみにこのブリッジではないですよー笑

ブリッジとは、歯が欠損してしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。

ブリッジは保険が利くので安価で、取り外しがなく、機能的な回復も良好なため、

保険治療の場合にはまずブリッジが可能かどうかを検討し、ブリッジが適用出来ない場合には部分入れ歯になります。

そんな保険適用のブリッジですが、実はデメリットがたくさんあるんです。

*土台となる健康な歯をけっこう削るので、土台の歯の寿命が短くなる

*土台となる健康な歯がない場合はブリッジが適用できない

*材料が選べなく、金属を使うので体や歯ぐきに影響が出る場合がある

*歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある

こんなにたくさんあります。

逆に保険外になりますが、見た目が美しく、汚れもつきにくく、虫歯や歯周病になりにくい自然なブリッジもありますよ。

でも。。

やっぱり自分の歯を削って繋げるのは、もったいないし、寿命も縮めるので、あまりしたくないですよね〜

そんなあなた!

歯を削りらないで、なるべく自分を歯を残し、見た目も清掃性も良く、噛める喜びが得られる、将来的にお得な治療もあります!

そんな皆さまのこれからの人生が、美味しく食べて、思いっきり笑えるよう、お手伝いさせていただきます。

個室のカウンセリングルームを準備しております。

当院コーディネーターにご相談ください^_^

歯の再植・移植について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯の再植・移植についてお話したいと思います

 

歯の再植とは脱臼した歯や一度抜けた歯を元のところに戻して歯をくっつけることに対して移植とは虫歯などで歯が抜け落ちてしまったところに他の部位の歯を移し入れることをいいます。

 

歯の再植・移植が成功するかどうかの一番大事なことは、歯根の表面に存在する歯根膜という組織の保存状態が良いかどうかです。そのため、抜けた歯の再植・移植するまでの時間や保存方法が決定的な因子となります。

数十分以内に処置をすればほぼ元通りの寿命で残る確率が高まると言われており、乾燥したまま一時間以上放置すると歯根膜は死んでしまいます。

 

再植に関しては、もし事故や怪我などで歯が抜けた時は、数秒水洗なら問題ないですが歯をゴシゴシと拭いたり洗ったりは決してしないで下さい。本来は保存液中で保存するのが一番望ましいですが、それは難しいことが多いので牛乳の中に入れる、もしくは口の中(抜けたところに戻すor飲み込まないように歯と歯茎の間)に入れたまま歯科医院に向かって下さい。

移植に関してですが、歯が抜け落ちたところはブリッジという両隣の歯を削って補う方法、部分入れ歯にする方法、インプラントを入れる方法などがあります。もしあまり機能していない親知らずの歯が残っていればそれらの方法の前に移植という選択ができる可能性があります。

 

再植・移植ともに必ずしも上手くいく保証はありません。歯根膜という組織が完全に回復すれば成功ですが、歯根膜が回復せず歯が抜け落ちたり、歯根が骨とくっつき歯根が吸収され抜け落ちる、感染により歯根が吸収されてしまったりとうトラブルも起こり得ます。

どんな場合も再植・移植はできるわけではありませんが、まずは歯科医院でご相談されることをお勧めします。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!!

 

親知らずの抜歯

こんにちは!札幌市南区にある、ときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回は、親知らずの抜歯についてお伝えします。
人の歯は、基本的には上下左右に7本ずつ、合計28本あります(但し、例外もありますが今回はその件については触れないでおきます)。で、親知らずというのは、更に奥にある歯で上下左右に1本ずつ、合計4本あります。

この親知らずは、はえ方に様々なパターンがあります。ちゃんと4本全てまっすぐ生えて噛み合う場合もあれば、一生骨の中にいて口の中に出てこないこともあります。

では、親知らずを抜歯するというのはどんなときでしょうか?よくあるパターンは、下の親知らずが横に(斜めに)生えてきて、お掃除しづらい状態になり、親知らず自体が虫歯になったり、親知らずは虫歯になっていなくても手前の大きな奥歯(大臼歯)が虫歯になってしまっている場合でしょうか。

こんな時は、親知らずは抜いた方が良いですね。では、真っ直ぐ生えていない親知らずはどうやって抜くのでしょうか。

この場合は、

  1. 歯茎を切る
  2. 骨を削る
  3. 歯を割って抜きやすい状態にする(必要に応じて)
  4. 抜く
  5. 歯茎を縫い合わせる

という手順で抜いていきます。もちろん麻酔はよーく効かせます。このような手術で抜歯をした場合、抜歯後2〜3日をピークにとっても腫れます。左右非対称になります。ですので、なるべく人と会う約束など無い時を見計らって抜歯をすることをお勧めします。口の中が腫れますし、縫った糸の端がぴろぴろしますのでご飯食べたりも術後すぐはちょっと不便になります。

ですが、こんなに苦労をしてでも、斜めに生えて少しだけお口の中に顔を出している親知らずは抜く価値があります。抜歯をすることによってお掃除しやすい環境を作ることができ、虫歯や歯周病のリスクを軽減することができるからです。

いかがでしたでしょうか。親知らずは全てを抜いた方が良い、というわけではありません。抜くことによってその後のお口の中のお掃除しやすい、汚れがたまらない状況が得られる場合は上記のような手術も必要となってくるわけです。斜めに生えている親知らずでお困りの方は是非、ご相談ください😀