フッ素

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック・デンタルコーディネーターの野澤です。

今日はフッ素についてお話したいと思います。

フッ素とは、自然界に化合物の状態で広く分布しています。

フッ素を多く含む鉱物としては、蛍石や氷晶石、黒雲母、リン灰石、リン鉱石があり、食べ物(魚介類や野菜・肉・牛乳・塩・お茶の葉っぱなど、ほとんどの食材)や水の中にも含まれています。

 

フッ素は、むし歯予防に関する様々な働きをしてくれます。

酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。

再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

歯質強化

歯の表面を酸に溶けにくい性質に修復します。特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう!

 

フッ素は口の中に長く留まるほど効果的です‼

歯磨きの後に、口の中に残ったフッ素がむし歯予防に効果的に働くため、

お家ではフッ素を長く留めるハミガキ剤を使用したり、

歯科医院ではフッ素塗布後のうがい・飲食は、していいと言われた時間をしっかり守りましょう。

 

ときわプロケア歯科クリニックでは、高濃度フッ素配合のハミガキ剤の販売が始まりました!(市販でも売っていますよ!)

 

一人一人、お口の中に合うハミガキ剤は異なりますので、気になるものがあったら衛生士になんでもご相談ください☆

 

フッ素は歯を強化する働きがあるため、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんに対しても有効的です。

 

フッ素にはむし歯予防に高い作用があるとされる反面、

人体に悪影響になるとの意見も耳にすることもあります。

そのため、いざ我が子のこととなると、その使用をためらってしまう方もいます。

しかし、使い方さえ誤らなければ、フッ素は人体に悪影響を与えることなく、

高いむし歯予防の働きを期待できる、とても頼もしい存在です

皆様がいつまでもおいしいご飯を食べれるように、

フッ素を有効活用していきましょう!(^^)!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です