咬合性外傷と歯周病

こんにちは。札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です。

先日歯周病合同研修会に参加してきました!

咬合性外傷と歯周病についてのお話がありました。

咬合性外傷とは咬合力によって生じる深部組織の障害のことです。
歯周病を悪化させるものには様々な原因が考えられますが、その中には咬合性外傷があります。

歯に過剰に負担がかかるとその歯の周囲の歯槽骨が吸収されやすくなります。
わかりやすいのが歯ぎしりやくいしばりですね。
実は寝ている間にしている歯ぎしりは自分自身で自覚がないほどに強い力で咬んでいます。
歯を失う原因の第一位は歯周病とも言われており、その咬む力によって歯を支えている骨は炎症を起こしやすくなります。

くいしばりしている場合、自覚がない時も多いのでまず何か集中していたりしているときにくいしばりをしていないか意識してみましょう。
歯ぎしりしている場合は、ナイトガード(マウスピース)を作り歯を保護します。

これらのお口の変化は自覚がないまま進むことが多いので
検診をしばらく行かれていない方は検診にぜひいらしてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です