歯周組織について

こんにちは、札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回のお題は「歯周組織について」です!皆さんTVCMなどでよく「歯周病」って聞くと思いますが、それは、歯周組織に起こっている病気なのです。

では、歯周組織とは一体なんなのか…?
それは、歯肉・歯槽骨・歯根膜・セメント質の4種類から成り立っています。では1つひとつ簡単に解説していきます。

  1. 「歯肉」は、いわゆる歯茎です。これはイメージしやすいですよね。次にお話しする「歯槽骨」の表面を覆っています。
  2. 「歯槽骨」は、顎の骨の中で特に歯が植わっている部分と考えて貰えるといいかと思います。
  3. 「歯根膜」は、歯と歯槽骨の間に存在する、クッションの様な役割を果たす組織です。この「歯根膜」があることで、歯を噛んだ時の衝撃から守ってくれます。「歯根膜」は、「歯槽骨」と「セメント質」に入り込んでお互いを結びつけています。
  4. 「セメント質」は、歯根の表面を覆っています。前回のおさらいですね!

いかがでしたか?普段TVCMなどで耳にする歯周病。実はこれらの組織が歯周病菌に侵されてなる病気なんです。

次回は、「歯医者さんでよく見る疾患」についてお送りしたいと思います!お楽しみに( ^ω^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です