くさび状欠損

こんにちは。
ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

くさび状欠損とは歯の根元が欠けてくる症状で、歯ブラシの磨耗によってできる場合と、歯ぎしりや食いしばりのような強い力によって歯の根元の部分の歯質が割れて剥がれることによってできる場合があります。

特に、大きな要因は歯の「くいしばり」です。
くいしばると、歯に大きな力がかかり、根元のあたりにその「ひずみ」が集中します。
こうした力が繰り返しかかることによって、歯の結晶にごく小さなキズが発生。
そこを、ゴシゴシみがき過ぎると歯が削れてしまうのです。
かみ合わせが悪く特定の歯に力がかかる人、スポーツ選手、寝ている時に歯ぎしりをする人などがこの状態になりやすいといわれます。

こうした人は、気付かないでいると歯がパックリと割れる危険性もあるのです。
原因を取り除き、欠けた部分には虫歯をつめる材料で補填することで治療します。
放っておくと、食べ物がたまって虫歯になりやすくなったり、知覚過敏の症状がでることがあります。

くさび状欠損タイプの人の対処法
◆かみ合わせが悪い人は・・・バランス良くかむよう気をつける。食べる時以外に上下の歯を接触させない。かみ合わせ治療を受ける。
◆歯ぎしりをする人は・・・就寝時にマウスピースをする。
◆正しい歯みがき・・・硬い毛の歯ブラシを使わない。みがくときに力を入れすぎない。

お口の中に気になるところがあった方は、当医院へご相談ください。

フルオロアパタイトについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。
本日はフルオロアパタイトについてお話したいと思います。

虫歯の予防にはフッ素が効果的だということは皆さんご存知だと思います。
ではなぜフッ素にはそのような効果があるのでしょうか。

歯のエナメル質はヒドロキシアパタイトという結晶体でできています。
しかし、その構造は結晶格子中に多数の置換がみられCa2+(カルシウムイオン)やOH-(水酸基)イオンが欠落するなど多くの欠陥があります。
これらの結晶の不完全さが酸に対するエナメル質の溶解性を高めており、フッ素にはこの弱点を補強する働きがあります。

フッ化物の局所応用法の中の一つにフッ化物塗布法というものがあります。
これに使用されるフッ化物濃度は9,000ppmと高濃度でありエナメル質表面に一時的にフッ化カルシウムが生成されます。
(ちなみに歯磨き粉のフッ化物濃度は1,000~1,500ppmです。)
その後フッ化カルシウムが徐々に溶解しながらフッ化物イオンを放出します。
このフッ化物イオンが再びエナメル質に作用しフルオロアパタイトを形成し歯質は強化されます。

化学式にすると
Ca10(PO4)6(OH) + 2OF- → 10CaF + 6PO4- + 2OH-
CaF2 → Ca2+ + 2F-
Ca10(PO4)6(OH)2 + 2F- → Ca10(PO4)6F2 + 2OH-
となります。

簡単にいえば、歯の結晶構造の穴をフッ素が置き換わり埋めて、より壊れにくい結晶構造になり、酸にも溶けにくくなるということですね。

ぜひ皆さんも日常生活もフッ化物のことを意識してみてください。
ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

フレイルってなに?

こんにちは。札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今回は、フレイルという言葉について触れてみたいと思います。
日本が超高齢社会と言われて久しいかと思います。超高齢社会とは、65歳以上の人口の割合(高齢化率)が 全人口の21%を占めている社会のことを指します。日本は、2007年に超高齢社会に突入しました。2025年には高齢化率は30%を超えると見られています。

ここで、良く触れられるのが平均寿命と健康寿命です。平均寿命は日本人の所謂平均的な寿命を表し、健康寿命は元気に自立して生活できる期間を表します。この差はつまり、要介護状態や寝たきり状態ということになります。そしてこの差は、日本人の男性では約9年、女性では約12年と言われています。

話を本題に戻しましょう。フレイルという言葉は、簡単に言うと「虚弱」です。体がストレスに弱くなっている状態で、早く介入をすれば元に戻る可能性があります。フレイルを健康寿命と平均寿命の丁度境目と考えるとどうでしょうか。フレイルの基準として例えばこのようなものがあります。

  • 体重減少:意図しない年間4.5キロまたは5%以上の体重減少
  • 疲れやすい:なにをするのも面倒だと週に3〜4日以上感じる
  • 歩行速度の低下
  • 握力の低下
  • 身体活動量の低下

フレイルの状態では風邪を悪化させて肺炎になる、転倒して骨折するなど入院のきっかけとなるイベントが起こりやすくなります。それにより寝たきりや要介護の原因となり得るのは容易に想像つくでしょう。

歯科の観点からフレイルを予防しようとした時、それはやはり健康な口腔内環境で様々な種類の食べ物をバランスよく食べるということになります。歯がない状態を放置したり、歯周病に罹患しているにもかかわらず放置したり、あるいは虫歯を放置することによって歯がどんどん小さくなっていく…そうすると満足に食事出来ず(栄養のバランスという意味で)、虚弱へと繋がっていくと考えられます。ですので、いましっかりと歯がある方は今の状態を維持し、残念ながら歯が少なくなってしまっている方は更に歯を失うことのないようにしていく必要があります。治療が必要な状態の方は、今必要な治療をしっかりと受け、その後は定期検診を受診することをお勧めします。

いかがでしたか?テレビにフレイルという言葉が出てきたら、是非どんな内容なのか見てみて下さいね!

ここがすごいぞセレック!

こんにちは!
札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋です。

今回は私の大好きな「セレック」(一日で治療が完了するオールセラミック)について熱く語ります。
どうぞ最後までお付き合いお願いします。笑

みなさんご存じでしょうか?

発表されている北海道大学の論文によると、金属で作られた冠(かぶせ物)の脱離等の率(外れる率)は、3年間で23%と言う報告があります。

つまり「金属の被せ物は3年以内に4本に1本は外れる」という事です。

セレックの破折率:2年以内で1.23%

金属の脱離率:3年間で23.00%

上記を見てもお分かりのとおり、セレックのトラブルはかなり少ないですが、トラブルが発生するとすれば歯の根っこが破折(割れる)します。

金属の冠のトラブルとしては、かなり高頻度で外れます。

この違いは何かと言うと・・・
セレックは接着材で歯と強固に接着していますが、金属の被せ物ははまり込んでいるだけで、殆ど接着材で接着していない事を意味しています。

なんということでしょう!!!

では、
外れる金属冠、かけてしまうセラミック、

欠けるのと、外れるのではどんな違いがあるのでしょうか。

一見すると、外れたものはもう一度入れなおせば済む様に感じますが、多くの場合、金属冠が外れた中は2次カリエスと言ってむし歯になっている事が多いのです。

これは、歯とかぶせ物の間の接着材「セメント」が使用していくと劣化してすき間ができ、外れる前に内部が蝕まれてしまうのです。

そのため、外れた冠はそのまま再装着は出来ずに更に歯を削る必要がでてしまうのです。

場合によっては、神経を取らなければならないケースもあります。

それでは、セレックの様の場合はどうでしょうか。

もしもかけたとしても、欠けるのはセレックの部分だけですので、基本的には歯の内部に虫歯が存在している2次カリエスはありません。

つまり、冠の部分だけをやり直せば元に戻る事が殆どです。
当院は保証制度がありますのでご安心ください。

ただ、セレックにも問題が無いわけではありません。

セレックの場合のトラブルは破折ですので、やはりセラミックの厚みが必要なのです。

一方、金属の場合は、厚みはそれほど必要ありません。

こう書くと、セレックは多くの歯を削られるのに対して金属はあまり削らなくて良い、と考え金属の方が勝る様な気がします。

しかし、よく考えてみて下さい。

セレックはセメントによってほぼ完全に歯と一体化してしまうので、例え歯を削ったとしても、もう一回歯が蘇る様なものです。

それに対し、金属は接着材で接合しないので、歯との間に一定の隙間が有るのと同じなのです。

問題は「慣れていない歯科医師が、セレックを作るのに金属の冠を作るのと同じ量だけ歯を削って作ってしまうと、破折率が高まる」ということです。

セレックにはセレックの歯の削り方をしなければならないのです。

長年金属を使っていると、削り方の癖が抜けません。

セレックの様なセラミックの治療は、かなり専門的にやっていないとトラブルが多くなってしまいます。

その点、当院の院長をはじめ歯科医師は、
セレック治療の訓練を経て年間1000本以上の経験をもつスーパーセレックドクターが(持ち上げすぎ?)担当させていただきます!
私もセレック治療をしてもらい、ツルツルピカピカです。

最後に・・・

金属は
・歯にくっつかない。

・嵌まり込んでいいるだけ。

・セメントはあくまでも補助。

・だから又、虫歯になることが多い。

セレックは
・セメントと非常に良く接着する。

・しかもセメントは歯ともとてもよく接着する。

・セメントによって歯と一体化が図られるので、また虫歯になる事が少ない。

どうでしょうか。
私のセレック愛は伝わったでしょうか?笑

あなたの家族、友人、大切な人へ、ぜひセレック治療をお勧めします。

アマルガム

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック・デンタルコーディネーターの野澤です。

歯医者さんでお口の中に「アマルガム合金が入っていますよ」と言われたことはありませんか?

アマルガムとは銀・スズ・銅・亜鉛の粉末と無機水銀との合金です。50%が水銀(重金属)で出来ています。アマルガムは口の中で少しずつ腐食して、水銀が溶け出し、体内に蓄積されます。

アマルガム(歯科用水銀)の詰め物、いわゆる「銀の詰め物」は、少し前まで日本の歯科治療でも多く使用されていました。依然として治療に使用している歯科医院も少なからず存在しています。

水銀には毒性があり、人体へ悪影響をもたらす化学物質として広く認識されています。また、水銀は、次第に体内に蓄積していく性質のある物質です。歯科用アマルガムによる詰め物は、口の中で長い時間をかけて少しずつ腐食し、水銀が体内に蓄積されていくことで人体に悪影響を与えます。また、詰め物をしている本人だけにではなく、治療の際などに、環境中に放出された歯科水銀によって、歯科治療従事者の健康にまで影響をあたえる危険があります。

アマルガムは、歯科治療を受ける患者や、歯科治療を行う歯科医療従事者の健康に悪影響を与える危険が確認されている素材なのです。

30代以上の方にアマルガムがあることが多くみられます。

当院では検査の際にアマルガムがある方にはお伝えをしております。

気になることがありましたらいつでもご相談して下さい!

歯のホワイトニングって?

 

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの高橋です。

今回は最近注目されているホワイトニングについてお伝えします。

 

歯のホワイトニングは、歯の表面や歯の内部の色素を分解し、歯の明るさ(明度)を上げて白くする方法です。

歯の明るさを上げて白くするので、どんなに白くしても不自然な白さにはなりませんが、逆に陶器のような白さにすることはできません。陶器のような白さにするには、マニキュアやセラミックを行う必要があります。

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された方法で、国内外の大学をはじめとする研究機関で安全性が確認されており、今では世界中で行われています。

歯科医院や自宅でできる?
歯のホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング。医薬品のホワイトニング剤を歯に塗り、そこに薬剤に配合された光触媒に最も効果のある波長のLEDなどの光を当てて白くする方法です。

以前はハロゲンライトやレーザーを使用していましたが、現在はほとんどがLEDライトになっています。徐々に白くしていくタイプと1回で白くするタイプがあり、1回の効果や施術本数によって料金が変わってきます。

ホームホワイトニング

マウスピースにホワイトニング剤を入れて自宅で行うホワイトニング。一般的には歯科医院で作製したマウスピースを使用します。

セルフ式ホワイトニング

 

歯科医院以外のホワイトニングサロンやエステティックサロン、美容院、整体院などで行っています。使用説明を受けた後、自分でホワイトニング剤を歯に塗って、自分で光を当てて白くする方法です。

歯科医院ではないため、直接施術することはできません。

歯科医院で扱う医薬品のホワイトニング剤を使用することができないため、ポリリン酸や酸化チタンなどの医薬部外品、化粧品を使用します。

表面の着色を分解して落とすことで歯を白くします。

歯科医院で歯石をとってクリーニングしてからすることをお勧めします。

自宅でもできる簡単ホワイトニングが人気!

歯科医院で歯の型を取った後、自分の歯に合ったマウスピースを作製し、自分で薬剤をマウスピースに入れて使用する方法です。

歯科医院に行かずに自宅でできること、自分のペースで好きな時にホワイトニングができること、就寝時にマウスピースを装着すれば、寝ている間に歯を白くすることができることなど、自宅で簡単にホワイトニングができます。

ただ1回のホワイトニングの効果が弱いため、早く白くしたい場合や、結婚式などあらかじめ日程が決まっている場合などには向きません。

海外では高濃度のホワイトニング剤が販売されていますが、誤った使用方法による歯茎やのどの炎症、歯茎が下がるなどの事故も報告されています。
また高濃度のホワイトニング剤を既成のマウスピースや、歯に合わないマウスピースで使用すると、薬剤の流出量が多くなり、危険です。
使用に際しては当院スタッフにきいてくださいね!

歯根端切除法について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯根端切除法についてお話したいと思います。

 

歯には神経が通っていますが、歯の神経は虫歯や咬み合わせが原因で死んでしまうことがあります。そうするといわゆる根の治療が必要になります。

根の治療はいかに根の中の細菌を減らして、菌が入り込まないように封鎖するかということが重要になってきます。

 

しかし細菌数をゼロにするのは不可能で、根の治療をしても根の中の細菌が原因で根の先で炎症を起こすことがあります。

根の先で炎症が起こると骨が溶かされレントゲンでは根の先に黒い影となって写ります。

再度根の治療を行い良くなることもありますが、あまりに感染が深すぎると根の治療では対応できなくなります。

 

そこでその後の選択肢の一つとして出てくるのが歯根端切除法です。

これは簡単に言えば感染源である根の先を切り取る方法です。

根の先となる部位の歯茎を剥がし骨に穴を開け直接根の先を露出させカットします。

さらに先がカットされ残った部分にふたをして細菌がでてこないように封鎖します。

 

この方法は全ての歯にできるわけではなく、根の先が顎の神経に近い場合や奥歯で物理的に難しい場合、もしくは歯周病が進行している場合などでは選択肢とはなりません。

 

 

少し専門的なお話になってしまいましたが、参考になれば幸いです。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

 

虫歯になりやすい場所

こんにちは。札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!
今回は、お口の中でも虫歯になりやすい部分を取り上げてみたいと思います。

皆さんは、虫歯というとどこにできるイメージがありますか? 

 
こんな感じをイメージするでしょうか?

はい、「歯の噛む面=咬合面」ですね!正解です。でも、他にもあるんです。それが、「歯と歯が隣り合う所=隣接面」と「歯の根元=歯頚部」です。
では、なぜ虫歯になりやすいのでしょうか?共通して言えるのは、汚れが停滞しやすいことと、汚れを取りづらいということです。各部分で見ていきましょう。

・咬合面には溝が沢山あり、放っておくと汚れが溜まります。そして溝の1番底はブラシや清掃道具が届かない場合もあります。汚れ=虫歯菌の栄養素ですからお掃除がうまくできず、汚れが留まり続ければ虫歯になってしまいます。咬合面の虫歯を予防するには、歯が萌えてきたら「シーラント=溝埋め」をすることをお勧めします。

・隣接面は、歯ブラシだけではどうしてもお掃除できません。歯と歯の間にたまった汚れは綺麗にとるのが難しいです。そんな隣接面のお掃除にはデンタルフロスが有効です。それも、ただ歯と歯の間に通すだけでは効果は薄いです。手前の歯の面、奥の歯の面をそれぞれこすって汚れをフロスで取るイメージが大切です。

・歯頚部は、歯茎の際に汚れが溜まります。この部分は一見お掃除し易そうに思えます。実際にお掃除は上の2つの部位に比べてし易いかもしれません。ですが、自分の歯ブラシを思い返してみて下さい。歯の付け根よりはもう少し上の面だけをシャコシャコ磨いていませんか?歯磨き粉が泡だってスッキリして磨けてる気になりますが、その場合は意外と付け根は磨けてません。そうして見逃してしまった汚れが虫歯に繋がってしまうのです。普段の歯ブラシから、歯と歯茎の間の溝にブラシの先を少し入れ込むようにすると歯頚部の汚れも取れます。
いかがでしたか?歯には虫歯になりやすい部分があり、それなりの理由があります。ポイントを押さえて効果的に歯磨きをすることで、虫歯を予防していきましょう!

高齢者の口腔ケア

こんにちは。

デンタルコーディネーターの野澤です。

年齢を重ねると身体機能に衰えが出てきます。

年齢による衰えは、「食べる・話す」といった「口腔の機能」にも及びます。

食事が困難になれば栄養不良による衰弱を招きますし、会話が難しくなれば「QOL(生活の質)」が大きく低下するでしょう。

 

口腔の機能を維持・改善するためには、歯科医師・歯科衛生士による「口腔ケア」が役立ちます。

1 ドライマウス~虫歯・歯周病リスクの増大

2 歯の喪失による咀嚼力低下~認知症リスクの増大

3 摂食・嚥下障害~誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクが増加

 など、高齢者の方にはたくさんの口腔内トラブルが多くなっていきます。

 

高齢者に健康的な生活を送ってもらうために、専門家による口腔ケアプロフェッショナルケアが役立ちます

プロフェッショナルケアとは、歯科衛生士によるブラッシング、ブラッシング指導、口腔クリーニング、義歯清掃などを指しています。口腔内を衛生的に保つことで、唾液中の細菌が減少します。細菌が減れば、多少の誤嚥があったとしても、気道感染を起こすリスクが減るはずです。つまり、誤嚥性肺炎のリスクコントロールに役立つわけです。

そのほか、ブラッシング・口腔クリーニングなどで口腔内に物理的刺激が加わると、唾液の分泌量向上も見込めます。唾液が増えれば口腔内の自浄作用も働きますから、健康的な口腔環境を取り戻すことにつながります。また、定期的に歯科医師・歯科衛生士の目に触れることにより、虫歯・歯周病の早期発見・早期治療を実現することもできます。そのほか、必要に応じて義歯などを入れてもらい、「噛む力」を維持することにもつながるでしょう。

口腔トラブルを放置すると、認知症・誤嚥性肺炎などのリスクが増大する恐れもありますから、口腔環境の維持・改善に努めましょう。

また、「口腔の機能」は「食べる・話す」といった「生きていく上で基本的な行動」を左右します。高齢者の「QOL(生活の質)」を維持するためにも、定期的な歯科検診を続けていきましょう。

治療したらそれで安心?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋です。

病気が治癒する。

と、よく言いますよね!

治癒とは、体が元どおりに治るという事です。

特に風邪とかインフルエンザとかですね。

ところが、虫歯はけっして元どおりには治らないのです。

これがショーゲキの事実です。

では虫歯になったら、歯科医院では、一体何をどのようにしているのでしょうか??

それは、虫歯になった部分をきれいに除去したり悪い膿を取ってキレイに洗浄したりして、人工物をつめたり、かぶせたりして、歯を修理しているのです。

当然、修理されたものは、元の健康な歯に比べれば弱いです。

特に神経が無い歯はもっと弱いです。

虫歯や歯周病になった原因を、かかりつけの歯科医院と共に考え、

定期的な検診と予防のためのクリーニングをして、お口をとりまく生活環境を改善していかないと、修理済みの歯もまたすぐ故障してしまいます。

虫歯にしてしまった歯は元どおりには戻らないので、予防が大切なんです。

治療は、お金と通院する時間と体力もかかります。

良質な治療であればなおさらです。

保険治療の銀歯やプラスチックで歯を補強したり削ったり抜いたりしていると、それが脆いのでどんどん悪くなってしまいます。

そしてしばらく経ってまた同じ治療を繰り返してしまうのです。

歯を治すために歯医者さんに行ってるのに。。

もうこれ以上、歯を削ったり抜いたりする治療をやめませんか??

歯は削ったら元に戻りません。

神経を取ったら、神経ある歯と比べて、寿命が10年短くなります。

一本の歯は3回再治療したら抜歯になる確率が高くなります。。

歯は無くなったら元に戻りません。

一人でも多く、その一本の歯が長く使えるように。

お食事やお話が楽しくできるように。

私たちはなるべく削りたくないし、抜きたくない。

そんな予防歯科で皆さまのお口の中からの健康と笑顔に関わっていきたいと思います。