レントゲン

こんにちは、札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!

今回は、レントゲンについてのお話をしたいと思います。

 

歯科の分野では、レントゲン写真は診断や治療に必須のアイテムです。なぜなら、歯は人体で一番硬い組織に覆われ、なおかつ骨に植わっているからです。歯の治療や診断をするにあたって、目の見える所から見ただけでは正確な判断を下すことは不可能と言っても過言ではありません。

そんなレントゲン写真ですが、好き放題撮りまくって良いわけではありません。レントゲン写真には被曝というマイナス要素が必ずついて回るからです。

 

では、必要があって撮るレントゲン写真ですが、どのくらいまでなら許容されるのでしょうか。国際放射線防護委員会(ICRP)は、医療や原子力発電所で生まれる放射線の被曝量の限度として、平常時では年間1mSv(ミリシーベルト)と定めています。

歯科において、レントゲン写真はどのくらいの被曝量なのでしょうか。比べてみると...

・歯科用CT(歯や顎の骨を立体的に再現):0.1mSv

・パノラマレントゲン写真(お口全体が写る大きな写真):0.03mSv

・デンタルレントゲン写真(2~3本の歯が写る小さい写真):0.01mSv

と、なります。デンタルレントゲン写真で換算すると、なんと年間100枚程度の撮影まで許容されるわけです。こんなに撮影することはあまり考えられませんね。つまり、十分に安全と考えられる範囲の中で日々の診療のレントゲン写真は撮影されているわけです。

 

ちなみに、地球上では絶えず自然に放射線が発生しています。その量は土地によって変わり、日本では平均1.5mSv、地球上で一番多いブラジルカラパリ市では平均10mSv(なんと日本の6倍以上!)です。

 

いかがでしたか?普段馴染みの薄いレントゲン写真だと思います。でも、意外と奥が深いんです。機会があれば、またレントゲンに関するお題でお話ししたいと思います☆それでは!

唾液検査

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

むし歯になりやすい人、

むし歯になりにくい人、

いったい何が違うのでしょうか?

虫歯の原因は、口腔内のむし歯菌や唾液の量や質、生活習慣が関係しています。虫歯を治療しても、虫歯が出来てしまう口腔内の環境を変えるように工夫しなければ、また虫歯になってしまします。

では、何をしたらいいのでしょうか?

私たちが生活していく上で欠かせない物質である唾液は、自浄作用や抗菌作用など、さまざまな役割を持っています。その唾液を調べることで、自分がどのような体質であるのか、どのようなことに気をつければ効率よくむし歯を防ぐことが出来るのかがわかります。

そうです!まずは、口腔内の現状を知ることから始めるといいんです!

当院で行う唾液の検査では、虫歯菌が作り出す酸の強さと唾液の中和力(緩衝能)を調べます。その結果から、どんなことに気を付けると予防の効果を上げられるかをお伝えします。

歯みがきは、もちろん一番大切です!

もし、虫歯菌の酸が強い人はどうしたらいいの?

もし、唾液の中和力が弱かったら何をしたらいいの?

一人一人に合ったホームケアを行えるようにサポートします!
お気軽にご相談ください!

プラークの生成について

こんにちは!(^^)!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤真利子です。

今回はCMなどでも耳にすることが増えてきました、

◇プラークの生成◇についてお話します。

 

プラークとは歯の歯垢のことをいいます。

 

プラーク1㎎の中には約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいるといわれています。

この細菌たちはもともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ移り住みます。

その中でもっとも凶悪な細菌は歯周病の原因菌です!

現在なんと成人の8割が歯周病を発症しています( ゚Д゚)

 

★そんなプラークについて知りましょう

①歯の表面では唾液の成分である

ぺリクルという糖タンパク質が薄い膜を作っています。

 

②そこにむし歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。

くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスという

ネバネバした物質を作り、自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。

 

③この状態がしばらく進むと、ミュータンス菌以外にも

棲みやすい環境を狙って歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます(-_-)

 

以上がプラークができるまでです。

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかります!

食後すぐにはまだプラークになっていません!

お口を注ぐだけでもよいのでは(”_”)?と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質をもっています。

 

結果、日々のブラッシングがとても大切なのです( `―´)ノ!!!

プラークを寄せ付けない健康な歯を作っていきましょう☆☆☆

歯を削るだけが歯医者じゃない!

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

よく耳にする「予防」。風邪も病気も老化も予防していきたいですね!笑

では「予防歯科」って知っていますか?

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つことを目的とした歯科医院です。

削ったり被せたり抜いたり・・・の虫歯や歯周病を治すための治療ではなく、そもそも虫歯や歯周病にしないための予防治療です。

治療というか、悪くなっていないか?良い状態を維持しているか?をみる、経過観察ですね!

もしかしたら、「たかが虫歯や歯周病。死ぬわけではないし、そんなに一生懸命予防しなくてもいいのでは・・・?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

私も飲んで帰ってきて、歯を磨かないで(もちろん化粧も落とさず・・)そのまま寝てしまうこともあります。笑

いかんですね!!!

いつも当院の歯科衛生士にいつもきれいにピカピカに磨き上げてもらっているので、きれいな歯で楽しく思いっきり笑えるんです!

なったら治せばいいし~なんて思っていたり、虫歯歯周病を予防しないでいると、、、腫れたり痛くなったりして大変な思いをして歯医者へかかったり、お金と時間をかけて通院する必要があったりして、良い事は何一つありません!

eyecatch_196.png虫歯や歯周病が与える悪影響eyecatch_196.png

 

eyecatch_193.png悪影響(1) 健康な赤ちゃんが産めない

歯周病にかかっていると、早産のリスクが7.5倍になると言われています。

eyecatch_193.png悪影響(2) 子供が肥満になったり、病気がちになる

虫歯の多い子はモノがよく噛めないので、偏食になりがちです。栄養が偏った結果、肥満になったり、病気がちになる子が増えています。

eyecatch_193.png悪影響(3) 好きなものを食べられなくなる

虫歯や歯周病が原因で総入れ歯になると、自分の歯で噛む場合の1/4しか噛めないといわれています。そのため固いものが食べづらくなり、好きなものを食べられなくなってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(4) 口臭で家族や友人に嫌われる

口臭の原因の大半は歯周病です。家族や友人に「口が臭い」と嫌われたら、楽しくお話することもできなくなってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(5) 老けた顔になる

虫歯や歯周病が原因で入れ歯になると、口の周りに細かなシワができやすいため、老けた印象の顔になってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(6) ボケやすい

虫歯や歯周病で歯を失うとよく噛むことができなくなります。その結果、脳への刺激が少なくなり、ボケやすいと言われています。

いかがですか?
もう「たかが虫歯や歯周病」とは言っていられないと思います。

あなたやあなたのお子さんが、将来に渡って健康な生活を送るために、「予防歯科」で虫歯や歯周病を防ぐことはとても大切なのです。

私ももうそろそろ検診とクリーニングの時期が来たので、またスッキリしたいと思います!

二次う蝕について

皆さんこんにちは!ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

今回は二次う蝕についてお話したいと思います。

皆さんは二次う蝕という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

二次う蝕、つまり二次虫歯は言葉の通り二次的な虫歯のことです。

一度銀歯やプラスチックで虫歯を治したにも関わらず、再度同じところが虫歯になってしまうことです。

 

二次う蝕の原因としては歯と銀歯や詰め物の間から虫歯菌が入り込んで広がってしまうことです。

せっかく虫歯を治しても、しっかりとその後もケアを頑張らなければ、残念ながらまた虫歯になってしまいます。

虫歯を治さなくても虫歯は広がるし、治しても二次う蝕のリスクがあるし、完全にジレンマです。

 

結論としては、どんな人でも今の状態から悪化させないことが重要になります。

痛くないから大丈夫、虫歯は治したから大丈夫と油断してはダメです!

つまり、プラークを毎日しっかりと取り除き、なるべく口の中のpHを酸性にしないことです。

とりあえず以下のことを毎日心がけましょう!

 

1.とにかく一日一回はしっかり時間をかけて歯磨きをする。

→歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目は特に虫歯になりやすいので重点的に!

→電動歯ブラシやフロスを利用するのもGood!

 

2.寝る一時間前には決して糖分を含んだものは摂らない。

→寝てる間は唾液が出にくく虫歯になりやすい環境です!

 

3.歯磨き粉などフッ化物に興味をもつ。

→フッ化物は歯を強化してくれます!

 

4.規則正しい生活を送る、炭酸飲料や酢の酸性のものは極力避ける。

→歯が溶けやすくなっちゃいます!

 

5.定期検診に通う

→歯も定期的に管理しましょう!

→口の中がきれいな人は病気にもなりにくい!

 

以上が簡単に誰でもできる虫歯(二次う蝕)の予防法です。

つたない文章ですが、皆さんに少しでも口の中に興味をもっていただき、少しでも参考になれば幸いです。

それではまた次回です、Let’s be 歯ッピー!!

う蝕の原因について その4(宿主)

こんにちは、札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。前回は、4つあるう蝕の原因のひとつである飲食物についてお話しました。

今回は、う蝕の4つ目の原因である「宿主」についてお話します。

まず「宿主」って何?といいますと、う蝕に関していえば「人」です。私たち一人ひとりが外見や性格が違うように、虫歯になりやすいかどうかも変わってくるのです。

「宿主」の要因では何が違うのか?それは、次の4つが考えられています。

1.唾液の性質

2.歯の性質

3.歯周疾患の影響

4.性別

では、ひとつずつ見ていきましょう。

1.唾液の性質
唾液には、細菌が作った酸の働きを弱める「緩衝能」という性質や、唾液中のカルシウムを歯に再び取り込ませる「再 石灰化」という性質、また口の中の細菌の活動を
抑える「免疫作用:抗菌作用」という性質などを持っています。う蝕になりやすいかどうかを唾液で検査する時は、唾液の分泌能力や緩衝能が指標になることが多いようです。
つまり、唾液の分泌量が多く、緩衝能が高い人ほどう蝕になりにくいということになります。
唾液は、口の中に当たり前にあるように思えますが、加齢やお薬の影響でその分泌量が減少することがわかっています。

2.歯の性質
歯は、まっ平な形ではありませんよね。溝があります。その溝の深さも人によってまちまちです。溝が深~い人だと歯ブラシの先が届かずお掃除がうまくできないために
歯ブラシをがんばっていてもう蝕になってしまう場合もあります。
一番重要なのは、歯が生え始めてからの期間です。歯が生え始めた頃は、歯が柔らかく虫歯になりやすいんです。ちょうど脱皮したてのエビとかカニみたいに…。
永久歯は、生え始めてから2~4年がう蝕になりやすさのピークなのです。

3.歯周疾患の影響
中高年になると、歯周疾患が進む人が増えてきます。歯周疾患が進行すると、歯根(歯の根の部分)が出てきます。よく言う「歯茎がさがった」状態ですね。歯の根の
部分は、う蝕に強いエナメル質ではなくセメント質に覆われています。ですので、たとえば唾液の量が減ったのと相乗効果でう蝕になりやすくなるともいえます。

4.性別
永久歯のう蝕は、女性が男性よりも高度であることがどの調査でも示されています。 これは、女児の歯が同年齢の男児よりも早く生え始めるからと考えられています。

いかがでしたか?患者さんの中には一生懸命歯をみがいているのにう蝕にかかってしまう人もいれば、たいして歯磨きの仕方を気にしていなくてもう蝕にかからない人も
います。その差は、もしかしたら上記の何かが原因かもしれません。前者の人も、後者の人も一度唾液検査をしてご自身の唾液の性質がどんなものか調べてみてはいかが
でしょうか?

歯が抜けてしまう、こわい歯周病とは?

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

ある日突然、歯がポロリと抜けてしまう歯周病は、身近で厄介な病気です。大した自覚症状がないまま進行してしまうのも恐ろしく、成人の約80%が罹患しているというデータがあるほど・・・。

歯を失う原因の第1位も、実は虫歯ではなくこの歯周病なのです。
歯周病とは、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。


むし歯になりにくく、歯が丈夫と自信のある方でも要注意!!!歯を支えるあごの骨が溶けてしまう病気なので、虫歯とは全然違います。その主な原因は、ずばりプラークとも呼ばれる歯垢です。

日本語では「歯の垢」と書くため、単なる汚れのイメージがありますが、歯垢は食べかすなどによって増殖する細菌のかたまりなのです。

歯垢は付着力が非常に強く、歯と歯グキの間のわずかな隙間、いわゆる歯周ポケットに潜みがち。そして付着後、24時間ほどで毒素を出すようになり、歯グキに炎症を起こさせるのです。

こうした炎症の行きつく先が、問題の歯周病。初期症状は「歯グキが腫れぼったい」程度のものですが、放置すると歯の周囲の組織が破壊され、結果として支えを失った歯は、1本また1本と抜け落ちていくのです。

さらにたまった歯垢は約2日で唾液中のミネラルと結びつき、硬い歯石に変化します。歯石は通常の歯磨きでは取り除けないため、余計に歯垢がたまりやすくなり、お口の中の環境は悪くなる一方です。

また、糖尿病による免疫力の低下や、骨粗鬆症による骨密度の低下、喫煙による口内環境の悪化なども、歯周病を進行させる要因となります。日頃から栄養バランスに気を配り、規則正しい生活を送ることは、歯周病予防の観点からも重要です。

さらに歯周病は認知症や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、心筋梗塞などとも関係が深く、放っておくと全身の不調を呼びかねません。

すこやかな毎日を過ごすためにも歯周病の原因を知り、歯医者さんでしっかりとケアをして予防しましょう!

 

う蝕の原因について その3(飲食物)

こんばんは、札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。前回は、4つあるう蝕の原因のひとつである時間についてお話しました。

今回は、う蝕の3つ目の原因である「飲食物」についてお話します。

まず、食物の化学成分からみていきましょう。食物の化学成分としては、三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質が挙げられます。このうち、脂質とタンパク質はいくら摂取してもう蝕は引き起こしません。では、う蝕の原因となるのは何か。そう、糖質です。糖質の中でも砂糖に代表される単糖類・二糖類とよばれる物質がお口の中で細菌の栄養となり、う蝕の原因となります。清涼飲料水にどれだけの砂糖が溶けているか、なんていうのはよくテレビでも取り上げられてますよね!砂糖はとっても水に溶けやすい性質をもっているんです。

次に、食物の物性(硬い、やわらかい、繊維質、粘っこい…など)について。肉類・野菜・果実など繊維質に富む食物は粘着性が低く、それ自体が歯の面や舌の表面を掃除する力が高いのです。また、う蝕の原因菌が直接栄養としにくい性質であるのです。

しかし、現代の多くの加工食品は今挙げた様な性質に欠けるため、お口の中を汚染しやすいのが現状です。市販のお菓子を例にとれば、味は美味しいですが、物性の点から考えると、繊維質でない・歯にくっつきやすい・糖分を含み…と、う蝕になりやすい性質を備えているものが多いのです。

いかがでしたか?飲食物によって、お口の中がう蝕になりやすい環境になるかどうかが決まってくるのです。おいしいおやつを食べないのは現代においては不可能ですが(いや、鉄の意志があればできる???)、決まった時間に食べ、決まった状況で歯磨きをすることでうまく現代の加工食品とつきあっていきましょう(^ω^)

次回はう蝕の原因シリーズの最後です!お楽しみに!

う蝕の原因について その2(時間)

こんばんは、札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。前回は、4つあるう蝕の原因のひとつである細菌についてお話しました。

今回は、う蝕の原因のひとつ「時間」についてお話します。

う蝕の発生・進行は比較的緩慢です。但し、その進行速度は状況によって異なります。その差は、次の2つの要因が考えられます。

  1. う蝕原因菌が利用可能な栄養素(=細菌のエサ)を摂取する機会が多いか少ないか
  2. う蝕原因菌が歯に接する可能性のある時間の長さの違い

たとえば、甘いものを間食で、しかも高頻度で食べている場合… 当然細菌のエサを摂取する機会は増えますね。そして、前回お話した不溶性グルカンが出現する可能性も高まり、細菌が歯に接する可能性のある時間も長くなります。

更に、お口の中が不潔になり歯に大量のプラークが長期間付着していると、それはもう細菌にとって天国となるわけです。う蝕を発生させることはもちろん、進行速度を加速させる環境を生み出すのです。

逆に言えば、細菌のエサを摂取する機会が少ないこと(=間食しない、または間食の回数や時間を決める)、細菌が歯に接する可能性のある時間を減らすこと(=定期的な歯ブラシ・クリーニング)によってう蝕の発生を抑えることができるわけです。

う蝕は、基本的に急速には進行しません。だからこそ、「時間」の観点が大事になってきます。気が向いたときにおやつを食べていませんか?夜寝る前に歯磨きしないで寝てしまっていませんか?細菌のエサがお口の中にある時間を減らし、細菌が歯に接する時間も減らすことでう蝕を予防し、健康なお口を維持していきましょう!

次回は、う蝕の原因 その3(飲食物)についてお話します(^ω^)

 

う蝕の原因について その1(細菌)

こんばんは!札幌市南区にある、常盤プロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です!

歯医者さんと言えば、と聞かれてすぐ思い浮かぶもの。そう、虫歯ですね!今回から何回かに分けて、虫歯=う蝕の原因についてお話ししていきます。

う蝕の原因は、実はさまざまな要因が絡み合っています。その要因とは…

  • 細菌
  • 時間
  • 飲食物
  • 宿主

の四つです。

今回は、う蝕の原因のひとつである、細菌についてみてみます。

う蝕は、歯垢(デンタルプラーク)の中に潜んでいます。歯垢は、歯の表面のうちの狭いところや凹んだ部分に溜まりやすいのですが、つまりその部分がう蝕の好発部位(う蝕にかかりやすい部位)でもあるのです。

歯垢には何種類もの細菌が潜んでおり、その中でう蝕に大きく関係している細菌がいます。それが…

  1. ミュータンス菌(Streptococcus mutans)
  2. 乳酸菌群

なんです。

1.ミュータンス菌

ミュータンス菌については、TVCMなどで名前を聞いたこともあるかと思います。この細菌がう蝕の主犯格です。この細菌には、他の歯垢に潜んでいる細菌には無い特殊能力があります。それは、

「砂糖を利用してねばねばした物質をつくり、歯にくっつく足場をつくる」

ことです。

つまり、お口の中にある砂糖を取り込み、ねばねばした物質(「不溶性グルカン」といいます。)を作り出すことで歯の表面にへばりつくようになるのです。へばりつくのは、ミュータンス菌だけではありません。他のう蝕を進行させる細菌も便乗してへばりついてきます。この「不溶性グルカン」の不溶性というのは水に溶けないという意味です。言い換えると、唾液で溶けないので、歯の表面に作り出されても流れずに残ることを意味します。

さらに、ミュータンス菌は砂糖を利用して酸も作り出します。う蝕になって歯に穴があくのは、この酸の仕業なのです。酸が歯を溶かすんですね。

2.乳酸菌群

次にう蝕の原因として挙げられるのが、乳酸菌です。乳酸菌と言えば、ヨーグルトなどに含まれていて「腸ではたらく乳酸菌」などのTVCMのフレーズでおなじみですね。

ヨーグルト食べたら虫歯になる!

…と思ったあなた、ご安心ください。乳酸菌にも種類が様々あるんです。お口の中にもともと潜んでいる乳酸菌がう蝕の原因であって、ヨーグルトにいる乳酸菌はう蝕の原因とはなりません。但し、ヨーグルト(特に加糖)を食べてその後に全然歯を磨かない、なんてことになれば当然虫歯にはなりますのでご注意を!

さて、この乳酸菌、歯にとってどのような悪さをするのでしょうか。それは、乳酸菌の高い酸産生能力にあります。ミュータンス菌の作ったねばねばに便乗して歯の表面にくっつき、強力な酸を産生することでう蝕の進行を促進します。ミュータンス菌が作ったとっかかりを利用して乳酸菌が更に進行を進めるのがう蝕の進行パターンです。

 

いかがでしたか?今回はう蝕の代表的な原因細菌をお伝えしました。次回は、う蝕の原因 その2(時間)編をお送りしたいと思います。おたのしみに!