口臭

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

誰もが気になる「口臭」についてご説明します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「最近、口臭がきつくなったかもしれない」と思ったこと、ご家族などに指摘されたことはありませんか?

 

口臭の原因はいろいろありますがその中でも特に気をつけなければいけないのが「歯周病を原因とする口臭」です。

口臭の原因について 口臭のおもな原因は、口の中に潜む細菌です。口の中の食べカスや歯周病などによってしみ出した膿などに含まれるたんぱく質を細菌が分解することで「におい」が発生します。

においが作り出される原因となる汚れがお口の中に溜まってしまう理由は、毎日のケア不足です。歯並びが悪くて歯ブラシが届きにくかったり、親知らずが傾いて生えていたりすることも汚れが溜まる要因になります。その場合、歯並びを整えたり親知らずを抜いたりすることで口臭の軽減が可能です。

口臭はお口の自浄作用のある唾液の不足によっても起こるので、起床時や空腹時、ストレスを感じたときなどに強くなります。

抜け落ちた歯を放置することによる炎症も要因となります。 虫歯の原因となる細菌の棲み家である歯垢や歯石にも注意が必要。歯周病によって歯周ポケットから出てくる膿も、強い口臭の原因となります。

口腔内の細菌が原因だったり、消化器系が原因の場合もあります。

口臭が気になり始めたら是非ご相談ください。

 

フラップ手術

 こんにちは!札幌市南区にあります、ときわプロケアプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。

今回は、フラップ手術についてお話したいと思います。
 フラップ手術(フラップオペ)については、あまり馴染みの無い言葉かもしれませんね。手術と名前が付いている通り、フラップ手術とは、歯肉を剥離して(剥がして)行う手術のことを言います。もちろん手術を終える時は縫います。

 この手術は、歯肉を剥がすことで歯肉の下にある歯の根の部分や骨を直接見ることができるようにするためのものです。例としては、歯周病の治療、親知らずの抜歯、インプラント治療などが挙げられます。
 歯周病の治療でフラップ手術を行う場合は、以下のようなことを目的とします。

  • 歯の根の、深い部分に付いている歯石(歯肉を剥がさず、直視できない状態だとどうしても取れないような歯石)を徹底的に取るとき
  • 歯周病が進行し、溶けてしまった骨を再び作る時(歯周組織再生療法)

 親知らずの抜歯では以下のようなことを目的とします。

  • 視野を確保し、不必要な部分を削らない、かつ必要以上に骨を削らないようにする
  • 斜めに生えている親知らずに被さっている骨を削る

 インプラント治療では以下のようなことを目的とします。

  • インプラント体を埋入するにあたって、不足している骨を作るための処置(GBRと言います)をおこなう
  • 凹凸のある骨の表面を滑らかに(平坦に)する

などなど、上記に挙げたのは一例にすぎませんが、歯を削るイメージの強い歯科でもこのように切開・縫合を行う処置があります。そして、恐らく想像しているより一般的な処置なのです。ですので、歯医者さんに通っている中で、先生や衛生士さんから治療内容の説明してもらう時に「歯肉を切って開いて処置します」と言われても怖がることはありませんよ!しっかり麻酔もしてくれますし、痛みに考慮して治療を進めてくれますので安心して治療を受けて下さいね。

 以上、フラップ手術について、でした!

歯性上顎洞炎について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯性上顎洞炎についてお話したいと思います。

 

上顎洞とは私たちの頭部にある空洞で副鼻腔の一つです。

副鼻腔には上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つがあります。

これらの空洞は鼻腔とつながっているため、ウイルスや細菌の感染で鼻腔に起こった炎症が副鼻腔に及ぶことがあります。この状態が副鼻腔炎(蓄膿症)です。

症状としては鼻水、鼻づまり、頬の痛みなどです。

 

副鼻腔の中で特に副鼻腔炎を起こしやすいのが上顎洞です。

上顎洞は左右に一つずつあるのですが、上顎洞の底は歯の根と位置が近いため、歯周病や歯の根の炎症が原因で上顎洞炎を起こすことがあります。これを歯性上顎洞炎と呼びます。

鼻性の上顎洞は両側に炎症が起こるのに対して歯性上顎洞炎は片側にしか症状がでないのが一般的です。

 

歯性上顎洞炎の治療は鼻性の上顎洞炎と同じくまず抗菌薬や消炎薬の投与を行う薬物療法です。

それと同時に原因となる歯の治療も行っていかなければなりません。

鼻水、鼻づまり、頬の痛み、階段を下りるときに痛みを感じるなどの症状に心当たりのある方は耳鼻科もしくは歯科でまずは相談されてみてはいかがでしょうか。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

 

ブラキシズム

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、

デンタルコーディネーターの野澤です。

ブラキシズムとは、今国民の1/3の人がおこなっていると言われている歯ぎしり・食いしばりなどのことです。

歯ぎしりは基本的に睡眠中におこなわれるため、自覚症状がないことが多いです。

また睡眠中だけでなく昼間食事や会話以外で、無意識に歯をくいしばる方も多く、たとえ弱い力でも長時間歯をかみ締めていると歯や顎に悪影響があります。

かみ合わせの不調和など原因は様々考えられ、その多くはストレスによるものといわれています。

歯の磨耗(削られた跡)や骨隆起(歯ぐきの下にできるこぶのようなもの)も、ブラキシズムによるものです。

また日中の歯ぎしりやくいしばりの自覚がある方は、予防的にマウスピースを入れることをお勧めします!

では、歯ぎしりをするとどのような悪影響があるのか?

歯が磨耗したり割れたりするほか、歯ぐきに近い部分の歯が欠けてしまったり、冷たいものがしみる知覚過敏が起こることがあります。

また歯周病で歯ぐきが弱っている場合には、歯ぎしりによる強い力で炎症が進行し歯周病がさらに悪化することがあります。

ついには歯ぎしりによる強い力で歯の神経が死んでしまうこともあります。

怖いですね( ;´Д`)

さらには顎関節にも悪影響があり顎関節症の原因になり、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛、めまいを引きおこすことがあります。

日中のかみ締めは、仕事や勉強など何かに集中している時に起こりやすくなります。

通常、上と下の歯は離れているのが正常です。

もし、上と下の歯が接触しているのであれば、噛みこんでいる可能性が高いです!

何か心当たりのある方や、心配や不安がある方はいつでもご相談して下さい!(^^)!

ブリッジって何?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋ひかるです。

今日は、ブリッジについてお伝えします。

ちなみにこのブリッジではないですよー笑

ブリッジとは、歯が欠損してしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。

ブリッジは保険が利くので安価で、取り外しがなく、機能的な回復も良好なため、

保険治療の場合にはまずブリッジが可能かどうかを検討し、ブリッジが適用出来ない場合には部分入れ歯になります。

そんな保険適用のブリッジですが、実はデメリットがたくさんあるんです。

*土台となる健康な歯をけっこう削るので、土台の歯の寿命が短くなる

*土台となる健康な歯がない場合はブリッジが適用できない

*材料が選べなく、金属を使うので体や歯ぐきに影響が出る場合がある

*歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある

こんなにたくさんあります。

逆に保険外になりますが、見た目が美しく、汚れもつきにくく、虫歯や歯周病になりにくい自然なブリッジもありますよ。

でも。。

やっぱり自分の歯を削って繋げるのは、もったいないし、寿命も縮めるので、あまりしたくないですよね〜

そんなあなた!

歯を削りらないで、なるべく自分を歯を残し、見た目も清掃性も良く、噛める喜びが得られる、将来的にお得な治療もあります!

そんな皆さまのこれからの人生が、美味しく食べて、思いっきり笑えるよう、お手伝いさせていただきます。

個室のカウンセリングルームを準備しております。

当院コーディネーターにご相談ください^_^

歯の再植・移植について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯の再植・移植についてお話したいと思います

 

歯の再植とは脱臼した歯や一度抜けた歯を元のところに戻して歯をくっつけることに対して移植とは虫歯などで歯が抜け落ちてしまったところに他の部位の歯を移し入れることをいいます。

 

歯の再植・移植が成功するかどうかの一番大事なことは、歯根の表面に存在する歯根膜という組織の保存状態が良いかどうかです。そのため、抜けた歯の再植・移植するまでの時間や保存方法が決定的な因子となります。

数十分以内に処置をすればほぼ元通りの寿命で残る確率が高まると言われており、乾燥したまま一時間以上放置すると歯根膜は死んでしまいます。

 

再植に関しては、もし事故や怪我などで歯が抜けた時は、数秒水洗なら問題ないですが歯をゴシゴシと拭いたり洗ったりは決してしないで下さい。本来は保存液中で保存するのが一番望ましいですが、それは難しいことが多いので牛乳の中に入れる、もしくは口の中(抜けたところに戻すor飲み込まないように歯と歯茎の間)に入れたまま歯科医院に向かって下さい。

移植に関してですが、歯が抜け落ちたところはブリッジという両隣の歯を削って補う方法、部分入れ歯にする方法、インプラントを入れる方法などがあります。もしあまり機能していない親知らずの歯が残っていればそれらの方法の前に移植という選択ができる可能性があります。

 

再植・移植ともに必ずしも上手くいく保証はありません。歯根膜という組織が完全に回復すれば成功ですが、歯根膜が回復せず歯が抜け落ちたり、歯根が骨とくっつき歯根が吸収され抜け落ちる、感染により歯根が吸収されてしまったりとうトラブルも起こり得ます。

どんな場合も再植・移植はできるわけではありませんが、まずは歯科医院でご相談されることをお勧めします。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!!

 

親知らずの抜歯

こんにちは!札幌市南区にある、ときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。

今回は、親知らずの抜歯についてお伝えします。
人の歯は、基本的には上下左右に7本ずつ、合計28本あります(但し、例外もありますが今回はその件については触れないでおきます)。で、親知らずというのは、更に奥にある歯で上下左右に1本ずつ、合計4本あります。

この親知らずは、はえ方に様々なパターンがあります。ちゃんと4本全てまっすぐ生えて噛み合う場合もあれば、一生骨の中にいて口の中に出てこないこともあります。

では、親知らずを抜歯するというのはどんなときでしょうか?よくあるパターンは、下の親知らずが横に(斜めに)生えてきて、お掃除しづらい状態になり、親知らず自体が虫歯になったり、親知らずは虫歯になっていなくても手前の大きな奥歯(大臼歯)が虫歯になってしまっている場合でしょうか。

こんな時は、親知らずは抜いた方が良いですね。では、真っ直ぐ生えていない親知らずはどうやって抜くのでしょうか。

この場合は、

  1. 歯茎を切る
  2. 骨を削る
  3. 歯を割って抜きやすい状態にする(必要に応じて)
  4. 抜く
  5. 歯茎を縫い合わせる

という手順で抜いていきます。もちろん麻酔はよーく効かせます。このような手術で抜歯をした場合、抜歯後2〜3日をピークにとっても腫れます。左右非対称になります。ですので、なるべく人と会う約束など無い時を見計らって抜歯をすることをお勧めします。口の中が腫れますし、縫った糸の端がぴろぴろしますのでご飯食べたりも術後すぐはちょっと不便になります。

ですが、こんなに苦労をしてでも、斜めに生えて少しだけお口の中に顔を出している親知らずは抜く価値があります。抜歯をすることによってお掃除しやすい環境を作ることができ、虫歯や歯周病のリスクを軽減することができるからです。

いかがでしたでしょうか。親知らずは全てを抜いた方が良い、というわけではありません。抜くことによってその後のお口の中のお掃除しやすい、汚れがたまらない状況が得られる場合は上記のような手術も必要となってくるわけです。斜めに生えている親知らずでお困りの方は是非、ご相談ください😀

セレック

こんにちは。

デンタルコーディネーターの野澤です。

 

当院にはセレックがあります。

セレックとは、美しいセラミック製の歯の修復物を、

歯型を取ることなく設計・製作する最新の最先端審美歯科治療システムです。

セレック に対する画像結果

 

・見た目が天然歯に近く、健康的で明るい白い歯を再現できます。

・粘土のような材料で型取りをせずに、3Dスキャンで設計します。

・1dayトリートメントは、1日で複数の歯をセレックにすることができます

※3本目以降は割引もあります。

・天然歯に似た硬さのため、かみ合う歯に優しいです。

・弱い電流を流すため歯垢がつきやすい金属と違い、セレックはツルツルして歯垢が  つきにくいので、むし歯や歯周病から大切な歯を守ります。

・最新の接着技術により、歯とセレックを一体化させることにより、

被せ物と歯の間の虫歯を防ぎます!

セレック に対する画像結果

などなど、セレックには良い事ばかりです!

見た目を美しくするため白い歯を入れる方が多いですが、

1本1本の歯の治療を繰り返さないためや、ご自身の歯を守るための治療法でもあります。

セレック に対する画像結果

素敵な笑顔で、ずっと美味しいご飯が食べられますように!(^^)!

当院コーディネーターにご相談下さい。

 

歯の根に膿がたまる理由。

こんにちは!

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋ひかるです。

皆さん、根の先に膿がたまる歯の病気をご存知ですか?

虫歯や歯周病とは違い、あまり知られていませんが、実は一般的によくある口の中の病気なんです!

お、お、お、おそろしい。

特に、以前に歯の神経を抜いたり、根の治療をしたりの治療経験のある人は、経過が悪いと起こりやすい傾向があります。

よく患者さんに、

「なぜそこに膿がたまるの??」

と聞かれます。

膿がたまる理由について説明しますね。

1、細菌感染

細菌が奥へ奥へと侵入すると、身体の防衛反応でこれ以上細菌が広がらないように、膿の袋ができてしまいます。膿とは、細菌と闘った白血球の死骸です。

2、大きな虫歯

大きな虫歯が原因で細菌が歯の奥にまで侵入する場合があります。虫歯が原因で、炎症が歯の根の先に進み、顎の骨を溶かして、抜歯せざるを得なくなることもあります。

3、治療後の劣化

一度神経の治療した後、治療が不十分だったり、劣化したりして、再び細菌が侵入する場合があります。再治療になっても、歯はできるだけ残した方がよいので、根気強く治療を続けましょう。

4、神経がない歯が割れる

一度治療をして神経のない歯は、枯れ木のようにもろいものです。弾力がなく噛む力に負けて割れやすくなります。その結果、歯が割れたり、ヒビが入ったりすると、細菌が侵入し歯の根に膿の袋を作ってしまいます。

5、スポーツや事故で歯が割れる

神経のある歯でも、スポーツや事故などで歯に大きな衝撃がかかると、歯が割れたりヒビが入ったりするこがあり、そこから細菌が侵入して歯の根に袋を作ってしまいます。もし、歯が抜けたり、割れたりしたときは、再生できることもあるので、すぐに歯医者さんに来てくださいね。

症状は人によって体調によってさまざまですよー。

具体的な症状をお教えします。

1、症状がない

痛みや自覚症状がない場合もあります。しかし、レントゲン撮影すると、歯の根の先に丸く黒い影が見えます。黒い影は骨が溶けてなくなっているためで、その部分には膿がたまっています。

2、膿が出る

細菌は骨や歯茎を破壊していき、歯茎に小さな穴があくとそこから膿が出ることがあります。膿は、酸っぱい味と口臭があります。

3、歯が浮いた感じがする

膿のたまる量が多くなると袋は圧力がかかります。すると、歯を押すような動きをして歯が浮いたような感じがします。特に、疲れたときや風邪をひいたときなど、身体の抵抗力が落ちると起こりやすい症状です。

4、オデキができる

歯茎に穴があくと、歯茎の部分にオデキのような膨らみができます。指で押すと膿が出たり、デキモノが破れると口臭が強くなったりします。

4、歯の痛み

噛むと、膿が入った袋が歯を押したり、袋の中の圧力が高まったりして、痛みが出ることがあります。また、膿が入った袋が大きくなると神経を刺激して痛みや腫れの原因になります。

歯の根の管は、曲がっていたり、枝分かれしていたりと複雑です。

そのため、一度細菌に感染しまうと完全に無菌化することは難しくなります。

また、何ともなく健康な人でも、定期的なメンテナンスで予防し、レントゲン撮影も積極的に受けましょう。

最悪、抜歯になってしまうケースもあるので、何でも早期発見、早期治療です。

目には見えないお口の病気を早期発見していきましょう!

金属アレルギーについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

 

金属アレルギーは遅延型アレルギーの一種で皮膚炎を主症状とします。

いつのころか皮膚や口の粘膜に異常があって、口の中に金属がある人は金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

口の中の金属が原因の場合は、溶け出した金属イオンが体内に蓄積されて頭痛やだるさにつながるといった話もあります。

 

歯科では虫歯治療、部分入れ歯、矯正など治療において金属は切っても切り離せない関係にあります。

歯科用金属の場合、掌蹠膿疱症という手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる皮疹がでるもの、扁平苔癬という頬の粘膜にレース状の白斑が現れるもの、アトピー性皮膚炎様の症状などが関係あると言われています。

 

検査の方法として有名なのはパッチテストという金属を数日皮膚に貼ってどの金属にアレルギーがあるのか調べるものがあります。

歯科用金属が原因ならば、原因となる金属を取り除いてアレルギー反応の出ない金属または非金属に置き換えて様子をみます。

 

最近は矯正治療でも金属を使わない方法もありますので、興味のある方は相談してみるといいと思います。

金属アレルギーの観点からみれば、治療が必要になってしまったら可能なかぎり金属を使わない方法を選択されることをお勧めしたいです。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!