歯のホワイトニングって?

 

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの高橋です。

今回は最近注目されているホワイトニングについてお伝えします。

 

歯のホワイトニングは、歯の表面や歯の内部の色素を分解し、歯の明るさ(明度)を上げて白くする方法です。

歯の明るさを上げて白くするので、どんなに白くしても不自然な白さにはなりませんが、逆に陶器のような白さにすることはできません。陶器のような白さにするには、マニキュアやセラミックを行う必要があります。

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された方法で、国内外の大学をはじめとする研究機関で安全性が確認されており、今では世界中で行われています。

歯科医院や自宅でできる?
歯のホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング。医薬品のホワイトニング剤を歯に塗り、そこに薬剤に配合された光触媒に最も効果のある波長のLEDなどの光を当てて白くする方法です。

以前はハロゲンライトやレーザーを使用していましたが、現在はほとんどがLEDライトになっています。徐々に白くしていくタイプと1回で白くするタイプがあり、1回の効果や施術本数によって料金が変わってきます。

ホームホワイトニング

マウスピースにホワイトニング剤を入れて自宅で行うホワイトニング。一般的には歯科医院で作製したマウスピースを使用します。

セルフ式ホワイトニング

 

歯科医院以外のホワイトニングサロンやエステティックサロン、美容院、整体院などで行っています。使用説明を受けた後、自分でホワイトニング剤を歯に塗って、自分で光を当てて白くする方法です。

歯科医院ではないため、直接施術することはできません。

歯科医院で扱う医薬品のホワイトニング剤を使用することができないため、ポリリン酸や酸化チタンなどの医薬部外品、化粧品を使用します。

表面の着色を分解して落とすことで歯を白くします。

歯科医院で歯石をとってクリーニングしてからすることをお勧めします。

自宅でもできる簡単ホワイトニングが人気!

歯科医院で歯の型を取った後、自分の歯に合ったマウスピースを作製し、自分で薬剤をマウスピースに入れて使用する方法です。

歯科医院に行かずに自宅でできること、自分のペースで好きな時にホワイトニングができること、就寝時にマウスピースを装着すれば、寝ている間に歯を白くすることができることなど、自宅で簡単にホワイトニングができます。

ただ1回のホワイトニングの効果が弱いため、早く白くしたい場合や、結婚式などあらかじめ日程が決まっている場合などには向きません。

海外では高濃度のホワイトニング剤が販売されていますが、誤った使用方法による歯茎やのどの炎症、歯茎が下がるなどの事故も報告されています。
また高濃度のホワイトニング剤を既成のマウスピースや、歯に合わないマウスピースで使用すると、薬剤の流出量が多くなり、危険です。
使用に際しては当院スタッフにきいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です