歯根端切除法について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は歯根端切除法についてお話したいと思います。

 

歯には神経が通っていますが、歯の神経は虫歯や咬み合わせが原因で死んでしまうことがあります。そうするといわゆる根の治療が必要になります。

根の治療はいかに根の中の細菌を減らして、菌が入り込まないように封鎖するかということが重要になってきます。

 

しかし細菌数をゼロにするのは不可能で、根の治療をしても根の中の細菌が原因で根の先で炎症を起こすことがあります。

根の先で炎症が起こると骨が溶かされレントゲンでは根の先に黒い影となって写ります。

再度根の治療を行い良くなることもありますが、あまりに感染が深すぎると根の治療では対応できなくなります。

 

そこでその後の選択肢の一つとして出てくるのが歯根端切除法です。

これは簡単に言えば感染源である根の先を切り取る方法です。

根の先となる部位の歯茎を剥がし骨に穴を開け直接根の先を露出させカットします。

さらに先がカットされ残った部分にふたをして細菌がでてこないように封鎖します。

 

この方法は全ての歯にできるわけではなく、根の先が顎の神経に近い場合や奥歯で物理的に難しい場合、もしくは歯周病が進行している場合などでは選択肢とはなりません。

 

 

少し専門的なお話になってしまいましたが、参考になれば幸いです。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です