ブリッジって何?

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋ひかるです。

今日は、ブリッジについてお伝えします。

ちなみにこのブリッジではないですよー笑

ブリッジとは、歯が欠損してしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。

ブリッジは保険が利くので安価で、取り外しがなく、機能的な回復も良好なため、

保険治療の場合にはまずブリッジが可能かどうかを検討し、ブリッジが適用出来ない場合には部分入れ歯になります。

そんな保険適用のブリッジですが、実はデメリットがたくさんあるんです。

*土台となる健康な歯をけっこう削るので、土台の歯の寿命が短くなる

*土台となる健康な歯がない場合はブリッジが適用できない

*材料が選べなく、金属を使うので体や歯ぐきに影響が出る場合がある

*歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある

こんなにたくさんあります。

逆に保険外になりますが、見た目が美しく、汚れもつきにくく、虫歯や歯周病になりにくい自然なブリッジもありますよ。

でも。。

やっぱり自分の歯を削って繋げるのは、もったいないし、寿命も縮めるので、あまりしたくないですよね〜

そんなあなた!

歯を削りらないで、なるべく自分を歯を残し、見た目も清掃性も良く、噛める喜びが得られる、将来的にお得な治療もあります!

そんな皆さまのこれからの人生が、美味しく食べて、思いっきり笑えるよう、お手伝いさせていただきます。

個室のカウンセリングルームを準備しております。

当院コーディネーターにご相談ください^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です