歯の根に膿がたまる理由。

こんにちは!

札幌市南区ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーター高橋ひかるです。

皆さん、根の先に膿がたまる歯の病気をご存知ですか?

虫歯や歯周病とは違い、あまり知られていませんが、実は一般的によくある口の中の病気なんです!

お、お、お、おそろしい。

特に、以前に歯の神経を抜いたり、根の治療をしたりの治療経験のある人は、経過が悪いと起こりやすい傾向があります。

よく患者さんに、

「なぜそこに膿がたまるの??」

と聞かれます。

膿がたまる理由について説明しますね。

1、細菌感染

細菌が奥へ奥へと侵入すると、身体の防衛反応でこれ以上細菌が広がらないように、膿の袋ができてしまいます。膿とは、細菌と闘った白血球の死骸です。

2、大きな虫歯

大きな虫歯が原因で細菌が歯の奥にまで侵入する場合があります。虫歯が原因で、炎症が歯の根の先に進み、顎の骨を溶かして、抜歯せざるを得なくなることもあります。

3、治療後の劣化

一度神経の治療した後、治療が不十分だったり、劣化したりして、再び細菌が侵入する場合があります。再治療になっても、歯はできるだけ残した方がよいので、根気強く治療を続けましょう。

4、神経がない歯が割れる

一度治療をして神経のない歯は、枯れ木のようにもろいものです。弾力がなく噛む力に負けて割れやすくなります。その結果、歯が割れたり、ヒビが入ったりすると、細菌が侵入し歯の根に膿の袋を作ってしまいます。

5、スポーツや事故で歯が割れる

神経のある歯でも、スポーツや事故などで歯に大きな衝撃がかかると、歯が割れたりヒビが入ったりするこがあり、そこから細菌が侵入して歯の根に袋を作ってしまいます。もし、歯が抜けたり、割れたりしたときは、再生できることもあるので、すぐに歯医者さんに来てくださいね。

症状は人によって体調によってさまざまですよー。

具体的な症状をお教えします。

1、症状がない

痛みや自覚症状がない場合もあります。しかし、レントゲン撮影すると、歯の根の先に丸く黒い影が見えます。黒い影は骨が溶けてなくなっているためで、その部分には膿がたまっています。

2、膿が出る

細菌は骨や歯茎を破壊していき、歯茎に小さな穴があくとそこから膿が出ることがあります。膿は、酸っぱい味と口臭があります。

3、歯が浮いた感じがする

膿のたまる量が多くなると袋は圧力がかかります。すると、歯を押すような動きをして歯が浮いたような感じがします。特に、疲れたときや風邪をひいたときなど、身体の抵抗力が落ちると起こりやすい症状です。

4、オデキができる

歯茎に穴があくと、歯茎の部分にオデキのような膨らみができます。指で押すと膿が出たり、デキモノが破れると口臭が強くなったりします。

4、歯の痛み

噛むと、膿が入った袋が歯を押したり、袋の中の圧力が高まったりして、痛みが出ることがあります。また、膿が入った袋が大きくなると神経を刺激して痛みや腫れの原因になります。

歯の根の管は、曲がっていたり、枝分かれしていたりと複雑です。

そのため、一度細菌に感染しまうと完全に無菌化することは難しくなります。

また、何ともなく健康な人でも、定期的なメンテナンスで予防し、レントゲン撮影も積極的に受けましょう。

最悪、抜歯になってしまうケースもあるので、何でも早期発見、早期治療です。

目には見えないお口の病気を早期発見していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です