金属アレルギーについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

 

金属アレルギーは遅延型アレルギーの一種で皮膚炎を主症状とします。

いつのころか皮膚や口の粘膜に異常があって、口の中に金属がある人は金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

口の中の金属が原因の場合は、溶け出した金属イオンが体内に蓄積されて頭痛やだるさにつながるといった話もあります。

 

歯科では虫歯治療、部分入れ歯、矯正など治療において金属は切っても切り離せない関係にあります。

歯科用金属の場合、掌蹠膿疱症という手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる皮疹がでるもの、扁平苔癬という頬の粘膜にレース状の白斑が現れるもの、アトピー性皮膚炎様の症状などが関係あると言われています。

 

検査の方法として有名なのはパッチテストという金属を数日皮膚に貼ってどの金属にアレルギーがあるのか調べるものがあります。

歯科用金属が原因ならば、原因となる金属を取り除いてアレルギー反応の出ない金属または非金属に置き換えて様子をみます。

 

最近は矯正治療でも金属を使わない方法もありますので、興味のある方は相談してみるといいと思います。

金属アレルギーの観点からみれば、治療が必要になってしまったら可能なかぎり金属を使わない方法を選択されることをお勧めしたいです。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です