金属アレルギーについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

 

金属アレルギーは遅延型アレルギーの一種で皮膚炎を主症状とします。

いつのころか皮膚や口の粘膜に異常があって、口の中に金属がある人は金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

口の中の金属が原因の場合は、溶け出した金属イオンが体内に蓄積されて頭痛やだるさにつながるといった話もあります。

 

歯科では虫歯治療、部分入れ歯、矯正など治療において金属は切っても切り離せない関係にあります。

歯科用金属の場合、掌蹠膿疱症という手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる皮疹がでるもの、扁平苔癬という頬の粘膜にレース状の白斑が現れるもの、アトピー性皮膚炎様の症状などが関係あると言われています。

 

検査の方法として有名なのはパッチテストという金属を数日皮膚に貼ってどの金属にアレルギーがあるのか調べるものがあります。

歯科用金属が原因ならば、原因となる金属を取り除いてアレルギー反応の出ない金属または非金属に置き換えて様子をみます。

 

最近は矯正治療でも金属を使わない方法もありますので、興味のある方は相談してみるといいと思います。

金属アレルギーの観点からみれば、治療が必要になってしまったら可能なかぎり金属を使わない方法を選択されることをお勧めしたいです。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

顎関節症

こんばんは。札幌市南区にある、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。今回は、顎関節症について触れてみたいと思います。

「顎が痛む(顎関節痛)」、「口が開かない(開口障害)」、「顎を動かすと音がする(顎関節雑音)」の症状のうち1つ以上が当てはまり、鑑別診断で他の疾患が無い場合を顎関節症と定義しています。

顎関節は、体の他の関節(肩や膝など)と基本的に同じ構造をしていますが、特殊な部分もあります。上顎と下顎の間には、関節円板というクッションの様な役割を果たす組織があります。この関節円板がお口を開け閉めした時に、本来あるべき位置からズレてしまうことがあります。経験したことのある方も多いかと思いますが、顎を動かした時に「カックン」と音がするのはこのためです。

顎関節症の原因は様々です。夜寝ている間の歯ぎしりやくいしばり、ストレス、噛み合わせの状態、外傷などの要素が重なって発症します。顎への過重負担が考えられるものは、食品の嗜好(硬いもの、タコやイカのように長い時間噛み続ける必要のあるもの、ハンバーガーなどの大きな食品)、うつ伏せ寝、睡眠不足、管楽器、バイオリン、格闘技、スキューバダイビングなどが考えられます。

顎関節症の治療法は、プラステイックでできたマウスピースを夜寝ている間に装着し、歯ぎしりやくいしばりによる顎関節へ負担を軽減する方法が一般的です。それでも症状が改善しない場合は、外科的な治療がとられます。

顎が痛い時にどの科にかかったら良いか悩む方がいらっしゃるようです。まずはかかりつけの歯医者さんに診てもらいましょう。噛み合わせの調整で良くなることもたくさんあります。また、マウスピースによって症状が軽減することも多いです。それでも症状が改善されない場合は、かかりつけの歯医者さんにより専門の先生を紹介してもらうこともできます

いかがでしたか。顎関節症の定義などは日本顎関節学会のHPを参考にさせて頂きました。顎関節の自己チェック方法なども記載されています。興味のある方は是非ご覧になってください。