口腔乾燥症について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は口腔乾燥症についてお話したいと思います。

 

皆さんは口の中がよく乾くと感じることはありませんか?

緊張しているときは交感神経の働きでネバネバした唾液が分泌されて口が乾いたような感じがします。

また、寝てる間は唾液の分泌が低下するので朝に口の乾きを感じることがあります。

これは誰にでも起こり得ます。

 

これら以外で、ストレス・降圧剤などの薬剤・糖尿病が原因で起こる唾液の分泌の低下、もしくは加齢・シェーグエレン症候群(自己抗体で唾液腺が破壊される)・放射線治療など唾液腺自体に異常があり唾液の分泌の低下により口の乾きを感じるもの。

これらは口腔乾燥症と呼べます。

 

では唾液が減るとどのような問題があるのでしょうか。

唾液には様々な作用があり、唾液が減ると虫歯や歯周病になりやすい・口臭が強くなる・食べ物を飲み込みにくい・味覚異常・口腔内の粘膜が荒れるなどといった問題が生じてきます。

 

原因によって治療法は異なってきますが、すぐにできる対処法としては、こまめに水分をとる・ガムを咬んで唾液の分泌を促す・頬のマッサージによって唾液腺を刺激するなどといったことが挙げられます。

それでも普段から口が乾いて気になるという方は、歯科医院で一度相談されることをお勧めします。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です