訪問歯科について

 こんにちは!札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今日は、最近少しずつ(?)話題になってきている、訪問歯科診療についてお話します。

  訪問診療、言い換えると往診は、内科のお医者さんなどは古くから行われていました。歯科では超高齢社会の加速による平均寿命の延伸により、歯科に通うことのできなくなってしまった患者さんの口腔内のケアの重要性についての認識が高まったことで盛んに行われるようになりました。

 近年の日本人の死因の第三位に肺炎が入るようになりました。この肺炎の多くは高齢者が多く罹患する「誤嚥性肺炎」であると言われています。特に寝たきりの高齢者の方は、喉の筋肉や「むせ」などの反射機能が衰えているため、誤嚥性肺炎に罹りやすいのです。

 訪問歯科診療では、そんな歯科に通えない方達に必要な治療・口腔ケアを行います。お口の中を綺麗にするのはもちろん、入れ歯の調整をして噛めるようにする、型取りをして新しい入れ歯を作る、などなんでもします。口腔内の環境を改善し、整えることで誤嚥性肺炎の罹患率を下げると共に健康の増進を進め、多くの人に健やかな人生を送って頂くことが、訪問歯科診療の一つの使命ではないかと思います。

 多くの歯科医療スタッフが、訪問歯科診療で頑張っています。病院や施設で訪問歯科のスタッフがいたら、どうか温かい目で見守って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です