口腔乾燥症について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は口腔乾燥症についてお話したいと思います。

 

皆さんは口の中がよく乾くと感じることはありませんか?

緊張しているときは交感神経の働きでネバネバした唾液が分泌されて口が乾いたような感じがします。

また、寝てる間は唾液の分泌が低下するので朝に口の乾きを感じることがあります。

これは誰にでも起こり得ます。

 

これら以外で、ストレス・降圧剤などの薬剤・糖尿病が原因で起こる唾液の分泌の低下、もしくは加齢・シェーグエレン症候群(自己抗体で唾液腺が破壊される)・放射線治療など唾液腺自体に異常があり唾液の分泌の低下により口の乾きを感じるもの。

これらは口腔乾燥症と呼べます。

 

では唾液が減るとどのような問題があるのでしょうか。

唾液には様々な作用があり、唾液が減ると虫歯や歯周病になりやすい・口臭が強くなる・食べ物を飲み込みにくい・味覚異常・口腔内の粘膜が荒れるなどといった問題が生じてきます。

 

原因によって治療法は異なってきますが、すぐにできる対処法としては、こまめに水分をとる・ガムを咬んで唾液の分泌を促す・頬のマッサージによって唾液腺を刺激するなどといったことが挙げられます。

それでも普段から口が乾いて気になるという方は、歯科医院で一度相談されることをお勧めします。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!!

訪問歯科について

 こんにちは!札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今日は、最近少しずつ(?)話題になってきている、訪問歯科診療についてお話します。

  訪問診療、言い換えると往診は、内科のお医者さんなどは古くから行われていました。歯科では超高齢社会の加速による平均寿命の延伸により、歯科に通うことのできなくなってしまった患者さんの口腔内のケアの重要性についての認識が高まったことで盛んに行われるようになりました。

 近年の日本人の死因の第三位に肺炎が入るようになりました。この肺炎の多くは高齢者が多く罹患する「誤嚥性肺炎」であると言われています。特に寝たきりの高齢者の方は、喉の筋肉や「むせ」などの反射機能が衰えているため、誤嚥性肺炎に罹りやすいのです。

 訪問歯科診療では、そんな歯科に通えない方達に必要な治療・口腔ケアを行います。お口の中を綺麗にするのはもちろん、入れ歯の調整をして噛めるようにする、型取りをして新しい入れ歯を作る、などなんでもします。口腔内の環境を改善し、整えることで誤嚥性肺炎の罹患率を下げると共に健康の増進を進め、多くの人に健やかな人生を送って頂くことが、訪問歯科診療の一つの使命ではないかと思います。

 多くの歯科医療スタッフが、訪問歯科診療で頑張っています。病院や施設で訪問歯科のスタッフがいたら、どうか温かい目で見守って下さいね。

何のためにメンテナンスするの?

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

仕事や趣味、家族や友人との時間など、人生で幸せと感じる時間ってたくさんありますよね!全部、健康だからこそ味わえるものですね!

もし、あなたの一度きりの人生の幸せな時間が、虫歯や歯周病に脅かされてしまうとしたら、未然に防ぎたいと思いませんか?

実は、虫歯や歯周病は、治療して治せばいいという単純なものではありません!!!
むし歯菌や歯周病菌という細菌による病気なので、ただ虫歯を治すとか、歯石を取るといったことだけでは根本的には治らず、必ず繰り返します。そして、繰り返すということは、治療の度に歯が無くなっていくということです。歯が無くなれば、仕事や友人などの対人関係に影響が出ますよね。勉強に集中できなくて、成績や昇進などにも響くかもしれません。

歯がある人生とない人生を想像してみてください・・・

大きな違いがありますよね!

 

メインテナンスとは虫歯や歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。

何よりの大切なのは、毎日行う歯みがきです!
その歯みがきの方法で磨けているのか、いないのか、チェックする必要がありそうじゃないですか?
歯石は歯みがきでは取れないので、プロに取ってもらった方がいいですよね!

車を車検に出すように!
毎年、全身の健康診断を受けるように!
ぜひ歯のメンテナンスを受けましょう!

大切な時間もお金も、病気になってから治すために使うのでなく、
病気にならないために使って健康を手に入れましょう!