滅菌の大切さ。

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

突然ですが。

あなたは、もしレストランでこんなサービスを受けたらたらどう思いますか?

拭かれていないテーブルの上に、洗われていないお皿が出され…

前のお客さんが使ったフォークとナイフで食べる……

食べ終わったら、前のお客さんが使った紙ナプキンや爪楊枝を使う……

ギャー!

とてもじゃないけど行きたいと思えないですよね。

気分がよくないうえに、衛生面でも心配です。。

実はそれと同じことが、歯科医院でも言えるんです。

歯科医院の治療では、医療機器からピンセットまでさまざまな器具が使われます。

これらを滅菌消毒せずに使うということは、レストランで前のお客さんのものを使うことよりもずっと汚くて、ずっとずっと危険なことなのです。

当院は念入りに行っている滅菌と、院内の衛生管理で安心して治療を受けていただけます。

滅菌とは、字の通り器具などに付着している微生物・細菌・ウイルスなどをすべて死滅させ、取り除くことです。

器具の滅菌・消毒は当然ですが、当院では綿やガーゼなども滅菌しています。お口に入るものはどんなものであっても安全であるべきだという考えに基づいています。

◎ オートクレーブによる滅菌

滅菌にはオートクレーブという機械を使います。

オートクレーブにかけると熱や薬品によって滅菌されますが、なかには5回程度の滅菌で寿命を迎えてしまう器具もあります。

滅菌消毒は必要不可欠ですが、反面器具が壊れやすくなるため、実は手間とコストがかかるものなのです。

また、念入りに滅菌を行うことでオートクレーブそのものが故障する可能性もあるため、当院では複数の滅菌器を用意しています。

常に衛生的な器具で治療にあたれるよう、リスクにそなえています。

◎ 滅菌に力を入れる理由

その理由は、完全な滅菌対策をしないとせっかくの治療効果も損なわれてしまうことがあるからです。

特におそろしいのは歯周病です。

歯周病治療で使ったタービンなどを滅菌せずに使い回すと、他の患者様に歯周病菌が感染してしまうことがあるのです。

せっかく治療を受けてきれいになっても、歯科医院側の都合でもとの状態に戻してしまう可能性がある、あるいは口腔内環境が以前より悪化してしまう……

これは大変おそろしいことであり、あってはならないことです。

また、歯周病以外にも、エイズや肝炎など院内感染のリスクがある細菌・ウイルスがあります。

◎ 自分が受けたいと思う安全な治療を

不十分な滅菌は、歯科医院にかぎらず、医療の信用問題にかかわることです。

現実に集団感染などの問題が起きている以上、アルコール消毒だけではとても安全とはいえません。

私が患者さんだったら滅菌に力を入れている医療機関を選びたいと思うのは当然のこと。

自分や家族が受けたいと思えることと、安心安全な治療が提供できる歯科医院を作っています。

是非、安心してときわプロケア歯科にいらしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です