歯の神経の処置について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師の松下です。

今回は歯の神経の処置についてお話します。

 

歯の中には神経や血管が通る歯髄という組織があります。

歯髄は細菌感染してしまうと痛みが出て抜髄という処置が必要になります。

いわゆる神経を抜くというものです。

歯髄が細菌感染する原因としては

①虫歯の進行によるもの

②打撲や歯ぎしりによって歯に亀裂が入ってしまったもの

③歯周病の高度の進行により歯周ポケットから根の先を通って感染するもの

④血液の中を菌が流れて歯髄が感染してしまうもの

があります。

では神経を抜くと歯はどうなるのでしょうか。

神経を抜いた歯を生きていない歯という意味で失活歯とよびます。

先ほど申し上げた通り歯髄には神経や血管が通っているので、しみる感覚もなくなり歯には栄養がいかなくなります。

それゆえ、歯はもろくなったり色が暗くなったりします。

 

日常生活に支障をきたす場合を除いて、神経は抜かないことに越したことはありません。

虫歯予防、歯周病予防、マウスピースによる歯の保護などがやはり重要になってきます。

生活習慣の改善と定期検診は歯を守るのみならず全身疾患の予防にもつながります。

 

ぜひ予防に興味をもっていただけたらと思います。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です