デンタルフロス(糸)を使うと、歯垢除去率がアップする?

札幌市南区あります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

みなさん、デンタルフロス(糸)使ってますか?

歯医者さんに行くと「デンタルフロスを使ってください」と指導を受けたことがありますよね!

歯ブラシだけで十分じゃないの~と思っていませんか?

しかし、本当は、歯ブラシだけでの歯垢除去率を調べてみると、約61%しか歯垢を除去することができていないのです。


それに比べて、デンタルフロスを正しく使って併用するとどうでしょう!

歯垢除去率は約80%に、グーーーンと上がるんです!

 

虫歯の90%が歯と歯の間から発生します。

この虫歯の発生しやすい歯と歯の間は、歯ブラシでは磨きにくいのです。

デンタルフロスの習慣がない人はいつも歯の間だけ汚れが残ってしまうので虫歯が進行していきます・・・(~~)涙

もちろん、こどもの場合も同じです!

歯と歯の間のすき間が小さいこどもや若年層の方、

歯間ブラシを使っている方でも、歯間ブラシが通らないところは、デンタルフロスがぴったりです!

 

歯垢1mg中の細菌の数はなんと約10億!!

細菌がひしめいていたまま、一番虫歯になりやすい睡眠時間をすごしていると考えるだけでもゾッとしますね。

デンタルフロスを使って歯垢を除去することで、

歯を清潔に保ち虫歯、歯周病予防をしましょう!

 

 

歯磨き粉の効果。

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

歯磨きをするとき歯磨き粉を使っていますか?

そう聞くと、ほとんどの方が「はい」と答えてくれます。

では。

その歯磨き粉は、何の目的で使っていますか?

それはどのような基準で選びましたか?

おそらくそこまで深く考えてはいない方が多いと思います。

わたしも歯科医院で働く前は、そうでした!

歯磨きは毎日おこなうもの。。。 

だけども!めんどくさい!笑

しかも、ちゃんと磨いてるつもりだったり、夜そのまま寝ちゃったり、朝磨かないで出かけちゃったり。。

そんでもって、虫歯作ってお金かけて痛い思いして治しました。笑 

めんどくさくても、使ったものはキレイにしなくちゃ長持ちしないですよね。

実はそのツケが、治療費や通院費、見た目や滑舌や快適さにくるのです。 

みなさんの有意義な歯磨きタイムのために、今回は、勘違いしがちな歯磨き粉による実際の効果をお伝えします。

効能1. 虫歯予防に効果◎
学術的な研究において唯一虫歯予防効果が認められているのがフッ素です。

フッ素の入った歯磨き粉を使うとフッ素の入っていない歯磨き粉を使用するよりも26%虫歯の発生を抑制できたという報告もあります。

 
効能2. 着色除去に効果◯
日々の食事によって歯の表面にはどうしても着色汚れがついてきますが、決して歯ブラシだけでは落としきれません。

多くの歯磨き粉に配合されている研磨剤はこうした着色を落とすのに一役買ってくれますが、研磨作用が強すぎると表面のエナメル質を削ってしまったり歯茎を傷つけたりする危険性があります。これによって逆に着色しやすくなってしまいます。

効能3. 知覚過敏予防に効果◯
知覚過敏の多くは磨きすぎや歯ぎしりによりエナメル質が削れたり歯茎が下がったりして内部の象牙質が露出することが原因です。

硝酸カリウムや乳酸アルミニウムといった成分は外部からの刺激に対して一時的にバリアを作ってくれるため染みにくくなります。

またエナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイトも表面もコーティングすることで知覚過敏に効果があると言われています。

  

効能4. 歯周病対策には効果△

歯周病は細菌による感染症です。

歯周病によっておこった歯ぐきの炎症を若干緩和してくれることもありますが決して治してはくれないので過度な期待は禁物です。

歯科医院で歯の根元の汚れからとっていきましょう。

効能5. 口臭対策には効果✕
口臭の原因は多くが歯周病によるものです。

残念ながら歯磨き粉で歯周病を改善することは難しいので口臭に対しても効果は期待できません。

歯科医院できちんとした治療をすることが必要です。  

フッ素

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック・デンタルコーディネーターの野澤です。

今日はフッ素についてお話したいと思います。

フッ素とは、自然界に化合物の状態で広く分布しています。

フッ素を多く含む鉱物としては、蛍石や氷晶石、黒雲母、リン灰石、リン鉱石があり、食べ物(魚介類や野菜・肉・牛乳・塩・お茶の葉っぱなど、ほとんどの食材)や水の中にも含まれています。

 

フッ素は、むし歯予防に関する様々な働きをしてくれます。

酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。

再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

歯質強化

歯の表面を酸に溶けにくい性質に修復します。特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう!

 

フッ素は口の中に長く留まるほど効果的です‼

歯磨きの後に、口の中に残ったフッ素がむし歯予防に効果的に働くため、

お家ではフッ素を長く留めるハミガキ剤を使用したり、

歯科医院ではフッ素塗布後のうがい・飲食は、していいと言われた時間をしっかり守りましょう。

 

ときわプロケア歯科クリニックでは、高濃度フッ素配合のハミガキ剤の販売が始まりました!(市販でも売っていますよ!)

 

一人一人、お口の中に合うハミガキ剤は異なりますので、気になるものがあったら衛生士になんでもご相談ください☆

 

フッ素は歯を強化する働きがあるため、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんに対しても有効的です。

 

フッ素にはむし歯予防に高い作用があるとされる反面、

人体に悪影響になるとの意見も耳にすることもあります。

そのため、いざ我が子のこととなると、その使用をためらってしまう方もいます。

しかし、使い方さえ誤らなければ、フッ素は人体に悪影響を与えることなく、

高いむし歯予防の働きを期待できる、とても頼もしい存在です

皆様がいつまでもおいしいご飯を食べれるように、

フッ素を有効活用していきましょう!(^^)!