乳歯について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

今回は、乳歯の生え方とその生え変わりついてお話したいと思います。

 

乳歯は右上左上にそれぞれ5本の歯が生えてきます。

同様に、右下左下も5本ずつ生えてきて、全部で合わせて20本になります。

我々は一番前の歯をAと呼び、奥に行くにしたがってB、C、D、Eと呼んでいます。

例えば、右下Cといえば、右下の前から3番目の歯を指します。

 

一般的に、乳歯はA→B→D→C→Eの順に生えると言われています。

生えてくる年齢はおおよそですが、

A(6か月前後)

B(8か月前後)

C(15か月前後)

D(13か月前後)

E(24か月前後)とされています。

もちろん個人差はありますので、参考にとどめておいて下さい。

いつまで経っても乳歯が生えてこないと心配されている方は一度レントゲンで調べてみるのも一つの手です。

まれに乳歯が元々存在しない先天性欠如という場合もあります。

 

乳歯の生え変わりについてですが、乳歯は前歯と奥歯で生え変わり方が異なります。

前歯の裏から永久歯が見えてきたとおっしゃる患者もいらっしゃいますが、それは異常なことではありません。

前歯の生え変わり方はエスカレーターのように乳歯の下後方から正しい位置まで移動するのに対して、奥歯はエレベーターのように乳歯の真下から生えてきます。

これを知っておけば驚かれることもないかと思います。

 

以上、簡単ではありますが、皆様の参考になれば幸いです。

ではまた次回です!レッツビー歯ッピー!

レントゲン

こんにちは、札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!

今回は、レントゲンについてのお話をしたいと思います。

 

歯科の分野では、レントゲン写真は診断や治療に必須のアイテムです。なぜなら、歯は人体で一番硬い組織に覆われ、なおかつ骨に植わっているからです。歯の治療や診断をするにあたって、目の見える所から見ただけでは正確な判断を下すことは不可能と言っても過言ではありません。

そんなレントゲン写真ですが、好き放題撮りまくって良いわけではありません。レントゲン写真には被曝というマイナス要素が必ずついて回るからです。

 

では、必要があって撮るレントゲン写真ですが、どのくらいまでなら許容されるのでしょうか。国際放射線防護委員会(ICRP)は、医療や原子力発電所で生まれる放射線の被曝量の限度として、平常時では年間1mSv(ミリシーベルト)と定めています。

歯科において、レントゲン写真はどのくらいの被曝量なのでしょうか。比べてみると...

・歯科用CT(歯や顎の骨を立体的に再現):0.1mSv

・パノラマレントゲン写真(お口全体が写る大きな写真):0.03mSv

・デンタルレントゲン写真(2~3本の歯が写る小さい写真):0.01mSv

と、なります。デンタルレントゲン写真で換算すると、なんと年間100枚程度の撮影まで許容されるわけです。こんなに撮影することはあまり考えられませんね。つまり、十分に安全と考えられる範囲の中で日々の診療のレントゲン写真は撮影されているわけです。

 

ちなみに、地球上では絶えず自然に放射線が発生しています。その量は土地によって変わり、日本では平均1.5mSv、地球上で一番多いブラジルカラパリ市では平均10mSv(なんと日本の6倍以上!)です。

 

いかがでしたか?普段馴染みの薄いレントゲン写真だと思います。でも、意外と奥が深いんです。機会があれば、またレントゲンに関するお題でお話ししたいと思います☆それでは!

唾液検査

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

むし歯になりやすい人、

むし歯になりにくい人、

いったい何が違うのでしょうか?

虫歯の原因は、口腔内のむし歯菌や唾液の量や質、生活習慣が関係しています。虫歯を治療しても、虫歯が出来てしまう口腔内の環境を変えるように工夫しなければ、また虫歯になってしまします。

では、何をしたらいいのでしょうか?

私たちが生活していく上で欠かせない物質である唾液は、自浄作用や抗菌作用など、さまざまな役割を持っています。その唾液を調べることで、自分がどのような体質であるのか、どのようなことに気をつければ効率よくむし歯を防ぐことが出来るのかがわかります。

そうです!まずは、口腔内の現状を知ることから始めるといいんです!

当院で行う唾液の検査では、虫歯菌が作り出す酸の強さと唾液の中和力(緩衝能)を調べます。その結果から、どんなことに気を付けると予防の効果を上げられるかをお伝えします。

歯みがきは、もちろん一番大切です!

もし、虫歯菌の酸が強い人はどうしたらいいの?

もし、唾液の中和力が弱かったら何をしたらいいの?

一人一人に合ったホームケアを行えるようにサポートします!
お気軽にご相談ください!