プラークの生成について

こんにちは!(^^)!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤真利子です。

今回はCMなどでも耳にすることが増えてきました、

◇プラークの生成◇についてお話します。

 

プラークとは歯の歯垢のことをいいます。

 

プラーク1㎎の中には約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいるといわれています。

この細菌たちはもともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ移り住みます。

その中でもっとも凶悪な細菌は歯周病の原因菌です!

現在なんと成人の8割が歯周病を発症しています( ゚Д゚)

 

★そんなプラークについて知りましょう

①歯の表面では唾液の成分である

ぺリクルという糖タンパク質が薄い膜を作っています。

 

②そこにむし歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。

くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスという

ネバネバした物質を作り、自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。

 

③この状態がしばらく進むと、ミュータンス菌以外にも

棲みやすい環境を狙って歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます(-_-)

 

以上がプラークができるまでです。

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかります!

食後すぐにはまだプラークになっていません!

お口を注ぐだけでもよいのでは(”_”)?と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質をもっています。

 

結果、日々のブラッシングがとても大切なのです( `―´)ノ!!!

プラークを寄せ付けない健康な歯を作っていきましょう☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です