歯を削るだけが歯医者じゃない!

こんにちは!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

よく耳にする「予防」。風邪も病気も老化も予防していきたいですね!笑

では「予防歯科」って知っていますか?

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つことを目的とした歯科医院です。

削ったり被せたり抜いたり・・・の虫歯や歯周病を治すための治療ではなく、そもそも虫歯や歯周病にしないための予防治療です。

治療というか、悪くなっていないか?良い状態を維持しているか?をみる、経過観察ですね!

もしかしたら、「たかが虫歯や歯周病。死ぬわけではないし、そんなに一生懸命予防しなくてもいいのでは・・・?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

私も飲んで帰ってきて、歯を磨かないで(もちろん化粧も落とさず・・)そのまま寝てしまうこともあります。笑

いかんですね!!!

いつも当院の歯科衛生士にいつもきれいにピカピカに磨き上げてもらっているので、きれいな歯で楽しく思いっきり笑えるんです!

なったら治せばいいし~なんて思っていたり、虫歯歯周病を予防しないでいると、、、腫れたり痛くなったりして大変な思いをして歯医者へかかったり、お金と時間をかけて通院する必要があったりして、良い事は何一つありません!

eyecatch_196.png虫歯や歯周病が与える悪影響eyecatch_196.png

 

eyecatch_193.png悪影響(1) 健康な赤ちゃんが産めない

歯周病にかかっていると、早産のリスクが7.5倍になると言われています。

eyecatch_193.png悪影響(2) 子供が肥満になったり、病気がちになる

虫歯の多い子はモノがよく噛めないので、偏食になりがちです。栄養が偏った結果、肥満になったり、病気がちになる子が増えています。

eyecatch_193.png悪影響(3) 好きなものを食べられなくなる

虫歯や歯周病が原因で総入れ歯になると、自分の歯で噛む場合の1/4しか噛めないといわれています。そのため固いものが食べづらくなり、好きなものを食べられなくなってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(4) 口臭で家族や友人に嫌われる

口臭の原因の大半は歯周病です。家族や友人に「口が臭い」と嫌われたら、楽しくお話することもできなくなってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(5) 老けた顔になる

虫歯や歯周病が原因で入れ歯になると、口の周りに細かなシワができやすいため、老けた印象の顔になってしまいます。

eyecatch_193.png悪影響(6) ボケやすい

虫歯や歯周病で歯を失うとよく噛むことができなくなります。その結果、脳への刺激が少なくなり、ボケやすいと言われています。

いかがですか?
もう「たかが虫歯や歯周病」とは言っていられないと思います。

あなたやあなたのお子さんが、将来に渡って健康な生活を送るために、「予防歯科」で虫歯や歯周病を防ぐことはとても大切なのです。

私ももうそろそろ検診とクリーニングの時期が来たので、またスッキリしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です